家プロジェクト ”はいしゃ”
b0025850_1422610.jpg




カフェサロン中奥で一息ついてから
港へ戻るためにバス停の方へ。

次のバスまで少し時間があったので
バス通りを役場の方へ歩くと
もう一つの家プロジェクト
前回の訪問時には、まだ完成していなかった
ので、楽しみにしていました。


b0025850_145437.jpg

大竹伸朗はいしゃ
もともと歯医者さんだった廃屋を再生した作品。錆びた壁面には
様々なモノが まるでスクラップ帳のページように貼付けられています。
(以前、現代美術館で見た大竹さんのスクラップ帳の数には 本当にびっくり。)

b0025850_1492272.jpg

通りに面したガラスの空間には、カラフルなネオンが点灯。
休館日でもちゃんと明かりがついているのは、ちょっと嬉しい。
中に入れないので、通りから眺めていると 地元のおじさんから
「ちょっと横にまわると、中が見えるから〜」とアドバイス。ありがとうございます!

b0025850_14133055.jpg

アドバイスに従い、ちょっと敷地に失礼すると 右上のガラスの向こうに
自由の女神の頭部がちらり。おじさんが「頭が見えるよ〜」と言ってたのに納得。
家プロジェクトが休みの日でなければ、室内の見学もできます。(有料)

b0025850_14161413.jpg

たまには猫の目線になって、景色を眺めてみる。
再び 農協前バス停に戻って 宮浦港行きの町営バスに乗車。
帰りの船の時間を調べておいて、予定通りに移動。
[PR]
by sumi2211 | 2010-01-23 14:21 | Travel -11 Japan 09 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/12716294
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 直島銭湯 「I♥湯」 本村の カフェサロン中奥へ。 >>