桜の熊本城に登る その1
b0025850_23371741.jpg

櫨方門(はぜかたもん)から入り、大天守を正面に眺める。
広大な敷地を持つ 熊本城には、現在4つの門があり 様々なアクセスがありますが
幾重にも重なる石垣の美しさを間近に感じられるルートから 大天守へ!


b0025850_23423223.jpg



加藤清正像
現在残る熊本城の築城は、加藤清正公が
1588年に領主として入城したのがはじまり。

関ヶ原戦い後の1601年に築城に着手し
落成したのは1607年。
当時「隈本城」を「熊本城」に改名。
築城400年以上の歴史を誇ります。


b0025850_2350552.jpg

複数の櫓や石垣が現存しているほか、天守閣などが復元され
国指定の重要文化財は 13棟にものぼります。
櫓(やぐら)の数は、49。城門は29もあるという 堂々たる規模。

b0025850_23582468.jpg

あいにくの曇り空でしたが、4月上旬 桜は満開
黒い板塀と桜のコントラストを、あちこちで見ることができました。
お堀端でお花見をしている人も多数。

b0025850_23595356.jpg

天守閣に向かって、高い石垣の間を縫うように進みます。
熊本城で最も印象的だったのは、美しい石垣。
石垣のアップは、次回 その2で。

b0025850_024329.jpg




■大小 天守閣

1960年に外観復元、さらに平成の大改修を
終えて蘇った天守閣。
櫨方門からは、石段の上りが続きますが
ここまで来たら登りたい。
さらに上を目指します。
(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2010-05-10 00:07 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/13279128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 桜の熊本城に登る その2 本日はヨコハマです。 >>