京都国立博物館 のミュージアムショップ。
b0025850_0225877.jpg

さて、東福寺から東大路を通るバスで5分ほど 「東山七条」で下車。
智積院など こちらもお寺の多いエリアで、七条通りの坂道を少し歩けば
京都国立博物館のレンガ造りの建物が見えます。

b0025850_0271918.jpg

残念ながら、2010年師走は 展示替え期間のため休館中
閉ざされたゲートには、次回の展示の案内がどーん。
休館していることは知っていたので、目的は別のところ。

b0025850_0293684.jpg

南門わきの ミュージアムショップ・京都便利堂
特別展の休館中でも営業していて、入場は無料です(月休)。
手前には総合案内のカウンターもあります。

そのショップを覗いていた時に、驚いたことがありました。

外国人のお客さまのグループが 案内カウンター前に数名いらして
日本人のコンシェルジュ(?)に英語で質問をされていました。その女性は
博物館に関するいろいろなことを 初めは流暢な英語で答えていたのですが
「どちらからお越しですか?」の後、突然全てネイティブのようなスペイン語に!
お客さまも驚かれるほどお見事で、さすが京博だなぁ!と関心したのでした。

b0025850_0435789.jpg

そして、そのコンシェルジュの案内で ショップ奥のスペースに進むと
門が閉まっている時でも、特別展示館がガラス越しに見えるではありませんか!
明治30年に完成した 旧帝国京都博物館本館で、重要文化財の建物です。
またの旅の機会に、館内も歩いてみたいと思います。


b0025850_0491387.jpg



ミュージアムショップでは、伊藤若冲
絵はがきを購入。その時は、この日このあと
本物の若冲画を見ることになるとは
思ってもいませんでした・・!

(追記)・・というのは記憶違いで
俵屋宗達画でした。すみません。
[PR]
by sumi2211 | 2012-01-17 00:53 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/17629277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 三十三間堂のお守り。 代官山 T-SITE 蔦屋書店へ。 >>