根津美術館の燕子花。
b0025850_12541160.jpg

南青山の根津美術館 庭園の燕子花(かきつばた)、昨日の様子。
尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」と メトロポリタン美術館蔵の「八橋図屏風」が
およそ100年ぶりに並び揃った KORIN展を観てきました。

  *根津美術館HP http://www.nezu-muse.or.jp/

b0025850_12584711.jpg



平日の昼でも、かなりの混雑でしたが
作品がどれも大きいので 見やすいです。
庭で生きた燕子花を眺めたあとに、光琳の
描く燕子花を鑑賞できるという なんとも
贅沢な特別展。5/20まで



b0025850_1314211.jpg



隈研吾氏による改築で、生まれ変わった
本館が話題になりましたが 混んでいたので
庭に。都会の真ん中とは思えないような
緑の深い庭園です。あちこちに仏像も。



b0025850_1362337.jpg



燕子花は、庭園中央部の 弘仁亭前。
池をびっしりと覆うように咲いています。
見頃はあと少しで終わりそう。
光琳の図屏風とは、群青の色合いの印象が
違うように感じました。



b0025850_1310172.jpg


今月開通したばかりの 美術館通りを
まっすぐ歩いて、広尾の山種美術館へ。
「桜さくらSAKURA 2012」と題し 桜を
描いた日本画を集めた特別展。〜5/20

*山種美術館HP http://www.yamatane-museum.jp/
[PR]
by sumi2211 | 2012-05-12 13:19 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/18278765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by desire_san at 2012-05-20 11:39
こんにちは。
私も尾形光琳の展覧会に行ってきましたので、楽しく拝見しました。
メトロポリタン美術館所蔵の「八橋図屏風」は満開のカキツバタの中にいるような気持ちになり、感激しました。
庭園のカキツバタもきれいでしたね
東京は山種美術館など日本画を楽しめる美術館もあり恵まれていますね。

私は尾形光琳の魅力を根津美術館以外で見た作品も含めてまとめてみましたので、ぜひ一読してみてください。
ご感想、ご意見などどんなことでも結構ですから、ブログにコメントなどをいただけると感謝致します。
Commented by sumi2211 at 2012-05-20 23:12
desire_sanさん☆
こんにちは。コメントありがとうございます。

庭園の燕子花と、東西2つの光琳図屏風を一堂に鑑賞できる
根津美術館ならではの 素敵な企画展でしたね。
東京に住んでいると、あちこちの美術展に行くのは
映画館に行くくらい身近なものですが 常時世界中から
貴重な作品が集まるのですから 確かに恵まれていますよね。

とても素晴らしいブログを書いていらっしゃるように
お見受けしましたので、また改めてお邪魔しますね。
明日からまたちょっと出かけます。


<< いま注目の 大学図書館。 三菱一号館美術館と銀座。 >>