軽井沢ニューアートミュージアムへ。
b0025850_0192614.jpg


今週行ってきたばかりの軽井沢
ニューアートミュージアム
について
ちょっとご紹介。

小諸で招待券をいただいたので、買い物
ついでに ふらりと立ち寄りました。



b0025850_0215588.jpg

軽井沢ニューアートミュージアムは、今年4月に開館したばかりの現代アートの
美術館。軽井沢駅から徒歩7分という便利な立地で 2007年に商業施設として
建てられた建物をリニューアルしています。(設計・西森陸雄氏)


b0025850_0272696.jpg


1階には Ristorante Pietrino
(リストランテ ピエトリーノ)。
本格的なイタリアンのコースがいただける
お洒落なリストランテが入っています。
カフェとしての利用も可能。



b0025850_0304438.jpg



正面から入ると、エントランスは吹き抜けに
なっていて 1階には入場無料のギャラリー
ミュージアムショップも。
今は開館記念で、著名な作家の作品も半額の
大セール中!(もちろん数十万円からですが)





館内撮影禁止のため写真はありませんが、ざっくりと感想を。

まず受付脇に、岡本太郎のオブジェ。中央の階段を上り、2階が展示室になっています。
いくつかある展示室は、白い壁とコンクリの床で とてもシンプルな空間で
場所により外光が差し込んだり 軽井沢の緑も見える 明るい展示室。

現在の企画「軽井沢の風展」は、日本の現代アート1950-現在というテーマで
国内外で評価されてきた作家に焦点を当てていて 誰もが知っているような作家を
ずらりと揃えていました。岡本太郎・棟方志功・草間彌生・村上隆・杉本博司などなど。
よくこれほど集めたものだなぁ・・!と その予算が気になってしまうほど。

圧倒的な力強さ持つ作品と向き合っていると、そこが軽井沢であることも忘れます。
バラエティに富んでいるのが開館記念展らしいのですが、今後はもっとテーマを
絞った展示にも期待したいところ。

観覧料はシーズンにより変わるのですが、夏期の2500円というのは
いくら何でも高すぎではないか、と心配。(そのためか人はかなり少ない)


b0025850_053436.jpg



ミュージアムショップで、棟方志功
版画作品のポストカードを購入。
対になっている素敵な菩薩画でした。



b0025850_0572116.jpg


駅前のプリンスのアウトレット
良い季節になり 最近は混んでいます。
買い物の合間に、美術館の静かな場所で
休むのも 落ち着きます。
次はカフェに行ってみようかと。

■軽井沢ニューアートミュージアム
http://knam.jp/
[PR]
by sumi2211 | 2012-07-13 01:11 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/18593975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 小諸の畑だより その9 かぼちゃ畑 新鮮野菜をいただきます! >>