スーパーマーケット Taste で香港土産を探す。
b0025850_12531937.jpg

さて、シティーゲートアウトレットの地下に入っていた スーパー「Taste」。
香港大手のパークンショップ(百佳)の系列で、ちょっと高級なのだとか。
世界のスーパー好きとしては、覗かないわけにはいきません。

b0025850_12573153.jpg

ガラス越しに見た店内。高級スーパーとあって、商品がきれいに並んでいます。
ここは中央の広場を囲むように、店内がドーナツ状?になっているフロア構成なので
入ろうと思ったら出口だったり、ちょっと複雑です。一番上の写真が入口。


b0025850_1312471.jpg



マレーシア産ドリアン

生鮮食品はお土産にはできませんが
その地域の生産物や食の傾向が分かるので
見ていて楽しいです。
香港は、南国のフルーツが充実。
アジア隣国からの輸入品も多い様子。



b0025850_1354096.jpg

紙パック飲料
カラフルな紙パック飲料が充実。基本は6本パックのようです。
各種フルーツジュースの他、豆乳や菊花茶も。日本のジュースQooもありました。

b0025850_1395410.jpg

インスタントラーメン 出前一丁
香港らしいと言えば、日清の出前一丁です。HK$4 8パックで$28.80でした。
日本では見た事もないような豊富なラインナップなので、面白いお土産になるかも?
以前の「出前一丁」購入レポートはこちら

b0025850_13141995.jpg

オイスターソース
やはりお土産におすすめなのは、中華調味料です。香港のスーパーでは、オイスターソース
だけでもこんなに種類が!サイズも大小様々で、お土産に良いチューブもあります。
中国語(繁体字)では「蠔油」と書いてあるものがオイスターソース。

b0025850_13185360.jpg

中国茶・港式奶茶など
お手頃で持ち帰りやすいお土産としては、中国茶や香港式ミルクティーがおすすめ。
定番のプーアル茶や烏龍茶もありますが、かつてイギリスの植民地だった香港では
紅茶の種類が豊富です。Liptonは商品が多く、お土産にも人気があるようです。


b0025850_1324916.jpg

大牌檔 即溶港式奶茶

今回買って来たのは、粉末タイプの香港式
ミルクティー。お湯を注ぐだけで、あの街角
で飲む濃厚ミルクティーの味!
リプトンの製品が有名ですが、この大牌檔
のレトロなパッケージとチープな味も良し。
もっと買ってくれば良かった・・。HK$18



b0025850_13384451.jpg

ハーブティー
香港で紅茶が多いのは知っていましたが
ハーブティーも安いのは今回の発見!
イギリスのDR STUART'S とアメリカの
BIGELOWの物をいくつか購入。
緑茶にフルーツをブレンドしたお茶なども
海外ではよく見かけます。


b0025850_13441683.jpg

購入した調味料各種。一番上のエビ味噌は、シティースーパーで購入(←後ほど)。
定番の李錦記のXO醤を2種類。李錦記の商品は、しっかりパックされているので
持ち帰りも安心です。左のアワビ帆立汁は残念ながら口に合わず・・瓶が重かった。

中央の小さな瓶は、香港製造 冠益華記の芝麻油(ゴマ油)で 日本のものよりサラッと
していますが ドロッパーになっていて、ちょっとした香り付けに便利。


b0025850_13535066.jpg


香港で瓶の調味料を購入してしまうので
そのパッキング方法をご紹介。
ジップロックとテープは日本から持参します。

まずはしっかり栓が閉まっているか確認し
場合によっては口にもテープをぐるぐる。
ホテルの部屋の「新聞紙」を使って包み


b0025850_13561943.jpg


万が一漏れても良いように、ジップロック。
それを靴箱や段ボールの空き箱に詰めれば
スーツケースに入れても大丈夫です。
隙間には、タオルなど衣料を詰めて。

最終日のパッキングは、記録撮影しつつ
こんな風にしているので忙しいです。



b0025850_1423817.jpg

寿桃牌 特級蝦子麺
今回スーツケースが満タンになったのは、この大量の蝦子麺でした。
1ダースがパックされたものがTasteでセールになっていて、激安だったので。
半分はお土産に頼まれていた分です。個包装になっているので、使いやすくておすすめ。

b0025850_147922.jpg


蝦子麺というのは、香港ではメジャーな
麺の種類で エビの卵が練り込まれています。
大抵は1つのパックに10玉ほど入っていて
スープとセット売りしているものも。
どこのスーパーでも購入できると思います。
小さな卵の点々が見えますか・・?



b0025850_14262845.jpg

写真がイマイチですが、レシピを調べて香港風の撈麺(あえ麺)を作ってみました。
細麺なので湯で2分ほどで湯切り、XO醤・オイスターソース・ごま油で具材を
炒めておき 麺を「あえるだけ」で完成。茹で汁は塩気とエビの風味があるので
中華だしを加えればスープになります。簡単でなかなか美味しいですよ!


さらに、今回は買いそびれたにエビの卵を たっぷり振りかけると本格的。
お手本にしたいのは黄枝記の蝦子撈麺?家に帰っても香港の味です。
他のお店で買ったお土産に付いては、また後ほど。
[PR]
by sumi2211 | 2013-05-09 14:28 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/20413468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hongkonggaffe at 2013-05-10 14:02
Tasteは、街中の百佳(パークン)や惠康(ウェルカム)と並んで、庶民的でなおかつインターナショナルなものもそろう超級市場ですね。おっしゃるように、お土産物などは、こうしたところでまとめ買いするのがいいですものね。
大牌檔の奶茶や寿桃牌の乾麺は、ウチも必ず買ってくるものたちです。そして、パッキングの方法も同じ。(笑)・・・香港でのお土産って、ついついこういう食品ものでそろえてしまう傾向にあります。本当はインディカ米や果物(特にマンゴーなど)も密輸(笑)してきたいのですが、そうはいかないところが残念です。こういう超級市場にあるものたちを日本のカルディーなどで販売してくれたら、嬉しいですよね~。
Commented by sumi2211 at 2013-05-12 20:52
hongkonggaffeさん☆
こんにちは、お返事遅くなりすみません。
大牌檔の奶茶や寿桃牌の乾麺、やはりお土産に良いですよね!
パッキングも同じとは・・なんだか嬉しいです。
日本のスーパーや輸入食材屋さんで手に入る中華食材や調味料は
まだまだ少ないですし、かわり映えしない物が多いのが残念。
香港や台湾に行くたびに、もっと買ってくれば良かった〜と
思う事が多く、また行きたくなってしまいます。


<< 漢方スクールに通っています。 ... 香港 City Gate Ou... >>