夏の駒場公園 その2 文学館とBUNDAN
b0025850_073422.jpg

さて、駒場公園内 旧前田邸の脇を歩いて行くと 日本近代文学館があります。
明治以降の日本の近・現代文学関係資料を100万点以上収集し、展示や一般公開も
おこなっています。文豪の貴重な直筆原稿が展示されていることも。

  *財団法人 日本近代文学館 http://www.bungakukan.or.jp/

b0025850_0134813.jpg




BUNDAN COFFEE & BEER

この日は、文学館内の新しいカフェに行くのが
目的だったので、有料の展示室には入らず
ブンダンという名のカフェに直行。

店内入口から本が置かれていて、
ショーケースでは文房具の販売もあります。
総合プロデュースは、東京ピストルという
クリエイティブカンパニー。



b0025850_02278.jpg





店内は20席ほどで、あまり広くはないものの
壁一面に本棚があり 2万冊もの古本に
埋め尽くされています。その本は販売品ではなく
店内で自由に読む事ができるものです。

ざっと見てみると、文学に限らず サブカルや
マンガもあり、ヤケのある年季の入った本多め。
ちくま・岩波文庫の品揃えも興味深いです。



b0025850_028598.jpg




午後のアップルパイ
尾崎翠の戯曲の題がついたアップルパイ。
コーヒーとのセットで1000円。

バニラアイスが添えられ、パリッ香ばしい
パイにしっとりとした温かい林檎が絶品。
期待を上回る美味しさで、このパイのために
また来なければと思ったほど!



b0025850_0333896.jpg
寺山 TERAYAMA
こだわりのコーヒーは、4種類の豆が。
寺山修司は好きなので、寺山とう名のモカを
頼みました。丁寧にいれるので少々待ちますが
じっくりと満足できる一杯でした。

他にも、芥川・鴎外・敦 がメニューに。
三軒茶屋の OBSCURA COFFEE ROASTERS
が手がけているコーヒーだそう。
アイスコーヒーや紅茶もあります。



b0025850_0405448.jpg


そんな文学解説つきのメニューを
見ているだけでも楽しいのですが、せっかく
なので読書も数冊楽しみました。

白洲正子著「名人は危うきに遊ぶ」
エッセイの中に、ハッとする言葉もあり。



b0025850_0445880.jpg





気付けば2時間ほど 居たでしょうか。
店内にはいろいろな形の机と椅子があり
お客には、東大の先生や文芸編集者も?

ブックカフェだからと言って、適度にお話は
できるので使い勝手は良さそうです。
聴こえてくる話もアカデミックで面白い!
もちろん一人で読書もOKです。



b0025850_0475385.jpg




文学館の外に、カフェのテラス席も少し。
雰囲気は良いですが、今の時期は暑いです。
秋になったら心地良いかも・・?
店員さんをブザーで呼ぶ仕組み。



実は今日も駒場東大前で仕事をしてきたのですが 家から自転車で行ける範囲で
こんなに楽しく美味しいブックカフェができたのは とても嬉しいです。
営業時間は短く、土日は混雑するようですが 平日お昼はゆっくりできました。


BUNDAN COFFEE & BEER
東京都目黒区駒場4-3-55 日本近代文学館内
営業時間と定休日にご注意ください 詳しくはhttp://bundan.net/

村上春樹「ハードボイルド・ワンダーランド」の朝食セットや、森瑤子のヨロン丼など
小説に登場する料理をイメージした お食事も各種いただけます。
[PR]
by sumi2211 | 2013-09-06 01:04 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/20960744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BBpinevalley at 2013-09-09 10:16
いい感じですね。
次回帰国の際には、ぜひ行ってみたいです。
Commented by sumi2211 at 2013-09-09 23:46
BBpinevalleyさん☆
駒場公園の近くには素敵な「日本民藝館」もありますので
ぜひお出かけになってくださいね。駒場は緑が多いので
都会にありながら、秋の紅葉や春の桜も楽しめます。


<< 横須賀・軍港めぐり。 その1 ... 夏の駒場公園 その1 旧前田邸洋館 >>