東京駅周辺の美術館をあちこち。
b0025850_1822339.jpg

出光美術館から眺める 皇居の紅葉。いよいよ師走となりましたが
年内に観ておきたい美術展がいっぱいで、あちこちハシゴしています。
今年の春夏は西洋美術の大作が次々と来日しましたが、今の時期は日本美術が充実。


b0025850_186669.jpg



出光美術館「江戸の狩野派」展。
先日上野で観た「京都」展に続いて、狩野探幽を
中心とした図屏風や軸物が多数。12/15まで
風景や植物のスケッチが珍しくて、興味深い。

書画家の母と、中世や近世の日本美術を観ると
いつも勝手に解説付きです(笑)



b0025850_1812497.jpg




有楽町にある出光から、15分ほど歩いて
東京駅まで。途中で丸ビルを通り抜けたら、
クリスマスツリーがきれいでした。



b0025850_18132445.jpg


東京ステーションギャラリー
生誕100年!植田正治のつくりかた

鳥取の記念館まで観に行くほど、植田氏の作品は
観ていますが 大規模な回顧展は久しぶり。
初期から最晩年までの作品を揃えています。



会場には、植田氏の印象的な言葉もあちこちにあり、作品と合わせ読み進めると
とても素晴らしい。80歳を超えた最晩年のカラー作品の数々は、初めて観たような
気がしますが、一貫して写真への愛が感じられ 思わず涙が滲みそうに・・。
生涯アマチュアと名乗っていた写真家の、純粋な想いが伝わる写真展でした。


b0025850_18251670.jpg



この東京ステーションギャラリー
2012年秋に生まれ変わったばかり。
2フロアをつなぐ階段には、東京駅の
歴史を物語るシャンデリアが。

*1年前の東京駅舎レポート



b0025850_1830048.jpg



階段と2階展示室の壁面は、東京駅の
昔のレンガ壁を残し保存しています。
ひび割れたレンガ壁がつくる空間に、
植田正治氏のモノクローム作品が合い
素敵なギャラリーです。



b0025850_18324094.jpg


展示室の出口からは、東京駅丸の内
北口改札のホールが見下ろせます。
ギャラリーのショップには、東京駅の
オリジナルグッズも色々あって楽しい。

*東京ステーションギャラリー HP
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/



*ちょっとお得な情報!
美術館や周辺施設で無料配布されている「東京駅周辺美術館MAP」を窓口で提示すると
東京駅周辺の5つの美術館が100円引きに。(三井/三菱/出光/ブリヂストン/東京駅)
[PR]
by sumi2211 | 2013-12-05 00:01 | Art & Cinema | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/21586306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「描かれた都」展 と ホテルオ... THREE AOYAMA / ... >>