ロベール・クートラス展 「夜を包む色彩」
b0025850_1175415.jpg

渋谷に用事があったついでに、松濤美術館に立ち寄り 入場無料の展示を鑑賞。
没後30年の ロベール・クートラス展「夜を包む色彩」。

評判は聞いていたのですが、油彩の小さなカルトやグワッシュが 本当に素晴らしい。
白井晟一設計の教会のような美術館の雰囲気にも、とても良く合っていました。

b0025850_11165498.jpg

残念ながら図録は完売していたので、展覧会のポスター(200円)を購入して
カルトの大きさに切り取ってみたら、良い感じになりました。1970年代《僕の夜》より

孤独な夜に描き続けたという クートラスの生涯も興味深いので、これから伝記も
読んでみます。渋谷区立松濤美術館 3月15日まで お見逃しなく。
 
      *http://www.shoto-museum.jp
     *4/5まで Bunkamuraのナディッフモダンでも関連展示あり。
[PR]
by sumi2211 | 2015-03-09 11:32 | Art & Cinema | Comments(0)


<< 東京夜景。 梅の花咲く。  2015.3 >>