5月の東京美術散歩。
b0025850_14104374.jpg

自宅の鉢植えのバラが、今年もきれいに咲きました。
冬の間は静かにしていたオリーブの木もレモンの木も、すっかり元気に。
お天気の日は、散歩しながら美術館めぐりが気持ち良いです。

b0025850_14154994.jpg

まずは国立近代美術館の「片岡球子展」。(〜5/17)
80歳を過ぎても描き続け、90代になっても迫力ある大作を手がけていらしたことに
衝撃を受けました。人生長いなぁ!富士山のミネラルウォーターも記念にゲット。

b0025850_14222035.jpg

近美から皇居まわりを歩いて、そのまま日比谷公園へ。
公園内の日比谷図書文化館へ、宮廷画家「ルドゥーテ 美花選」を観に。
アプリ みゅーぽんの割引で200円! 間近でじっくり鑑賞できる良い機会でした。

b0025850_1428210.jpg

さらに銀座に出て、メゾンエルメス フォーラムの「線を聴く」展。(〜7/5)
森美術館の展示と呼応し、国内外の様々なアーティストの線に焦点を当てた作品を。
貴重なストーンコレクションや、キャプションの詩的な言葉の数々も興味深かったです。
http://www.maisonhermes.jp/ginza/gallery/archives/8115/
[PR]
by sumi2211 | 2015-05-10 14:44 | Art & Cinema | Comments(0)


<< 「植草甚一スクラップ・ブック」... GWは 近場でのんびり。 >>