2月は、日帰り美術館の旅。 水戸&熱海
b0025850_19161586.jpg

まだまだ寒さ厳しい日々ですが、じっとしていたら観たい展示が終わってしまう!と
週末ごとに、日帰りで美術館へ出かけています。(写真は全て撮影可能なエリアのもの)

先々週は、水戸芸術館 現代美術ギャラリーの「石川直樹 この星の光の地図を写す」へ。
写真集を集めるほど、石川直樹さんの作品は好きなので とても楽しみにしていました。
意外にも水戸芸術館を訪れたのは初めてで、片道3時間近くかけて行った甲斐あり。
展示室ごとに雰囲気が変わったり、旅の私物の展示もあり、大規模な個展です。
(2/26まで。来月発売予定の図録も楽しみ!)

b0025850_19271648.jpg

そして先週は、静岡県熱海市のMOA美術館日帰り温泉へ。
これまで何度か訪れている美術館ですが、リニューアル後の展示室が気になっていました。

約一年の改修を経て、生まれ変わったばかりの リニューアル記念名品展+杉本博司
海景ーATAMI」。展示スペースの設計は、杉本博司氏と榊田倫之氏の「新素材研究所」が
手がけており、国宝や重文の数々を素晴らしい環境で鑑賞できると早くも話題です。

ガラスへの映り込みを極限まで抑え、写真撮影も可能。展示室の細部までのこだわりに
驚くばかり。熱海の海や紅梅を眺めつつ、尾形光琳の国宝・紅白梅図屏風や野々村仁清、
杉本氏の海景も一日で楽しめる、なんとも贅沢な2月の熱海です。(3/14まで)



■News■   当ブログ、アクセス60万人を超えました!

おかげさまで「旅の記憶ーtravelogueー」は、これまで600,000人以上の方々に
ご訪問いただきました。旅ブログとして2004年に始めたものの、今では旅行記の
更新が遅れていますが、それでも多くの方にご覧いただいており、感謝しています。
のんびりと続けますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。    sumi
[PR]
by sumi2211 | 2017-02-13 20:02 | Art & Cinema | Comments(0)


<< 2017 1-3月の美術館めぐり。 年末年始あれこれ。 2016-... >>