「国立新美術館」を探検。 その2
b0025850_153469.jpg

国立新美術館の楽しみ方は、美術展示を見るだけではありません。
海外の大きな美術館に行くと、レストラン・カフェ・ミュージアムショップなどが
充実してしているのは当たり前のことで、日本にはなぜそうした美術館ができないのか?
と日頃から思っていたものです。もちろん主役である展示が良いということが大前提ですが・・。

b0025850_1585391.jpg

ガラスのカーテンウォールと、大きなコンクリートの柱の印象的な吹き抜け。
一階には、「カフェ コキーユ」。その逆三角錐の上部には、なんとレストランがあります!
夜になると、間接照明が天井をほのかに照らし、リングが浮かび上がり幻想的です。

b0025850_15121319.jpg

3階の渡り廊下からアクセスする 「ブラッスリー ポール・ボキューズ ミュゼ」。
ミシュランの三ツ星を獲得し続けている ポール・ボキューズ氏が
伝統的なフランス料理のブラッスリーを出店しています。
ランチコース(プリフィックス)は 1,800円から。入館料は必要ありません。
美術館の閉館後も、夜23時まで営業しているのも話題のひとつ。

b0025850_15193194.jpg

今回は、地下にある「カフェテリア カレ」で休憩しました。
ミュージアムショップに隣接していて、椅子はアルネ・ヤコブセンのアントチェア。
ドリンク・軽食・デザートなどを販売しています。ちょっとお洒落な学食風?
さらに、2階にある「サロン・ド・テ・ロンド」は 期間限定でVOGUE cafeとして
オープンしているので 美味しそうなスイーツも気になります。

b0025850_15242467.jpg

具がたっぷりのクラムチャウダー 650円。真っ赤なトレーがポップ!
カフェラテ 350円。サンドウィッチとドリンクでも1000円くらいです。

b0025850_1528471.jpg

カフェお隣のミュージアムショップには、オリジナルグッズの展示スペースも。
オリジナルグッズは、アートディレクター 佐藤可士和さんのデザイン。
CIBONEが運営しているショップの名前は、『スーベニア フロム トーキョー』。
手ぬぐいから村上春樹さんの本まで、なかなか楽しい品揃えでした。




*******************************************************
国立新美術館の中をフラフラと歩いて、気になったのが あちこちにある名作椅子!
そのうちいくつかをピックアップしてみます。
b0025850_1544162.jpg

世界中の美術館の定番といえば ポール・ケアホルムのデザイン「PK80」。
デンマークのフリッツハンセン社製。NYのMoMAでも話題になりました。
国立新美術館では、各階の廊下にいくつも並んでいます。一脚130万円以上!

b0025850_15522480.jpg

3階のレストラン周辺や研修室にも大量に並べてある アルネ・ヤコブセンの名作
セブンチェア」。100脚以上?あんまり沢山あるのでびっくりしました。
こちらもフリッツハンセン社のもの。

b0025850_15544663.jpg

地下のエレベーター前には、サロンのような休憩スペース。
こちらもアルネ・ヤコブセンの「エッグチェア」と「スワンチェア」。
座り心地が好きなので、この椅子でゆっくりしていました。
こちらも高級品ですが、20脚くらい置いてあります。

b0025850_1645651.jpg

1階のエントランス付近には、ハンス・J・ウェグナーの「スリーレッグドシェルチェア」。
3本脚のユニークなデザインで、3色が外を眺めるように置いてあります。

b0025850_1683361.jpg

こちらも1階にある椅子。おそらく同じ北欧のものでしょう。
木やファブリックの温もりある北欧の椅子は、飾っても座っても心地よいものです。
でも日本の美術館なのだから、日本人デザイナーの椅子も置いて欲しいなと思うのですが・・・。
柳宗理さんのチェアやスツールなど、いかがでしょうか?

b0025850_16124389.jpg

最後に、新しくできた 東京メトロ千代田線「乃木坂駅6番出口
地下鉄からこのエスカレーター昇ると、美術館の裏側に直結しています。
正面エントランスから入りたい場合は、六本木駅から徒歩4~5分になります。


ライブラリーの本をチェックしたり、レストランに食事に行ったり ただ椅子に座るだけでも
楽しみな国立新美術館。今年は近くに 東京ミッドタウンがオープンすると サントリー美術館も
開館し、六本木ヒルズの森美術館も近いので ますます通うことが多くなりそうです。
[PR]
by sumi2211 | 2007-02-11 16:27 | Art & Cinema | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/6464528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by afoto at 2007-02-11 19:31
本当に凄く絵になる美術館ですねー!sumiさんの写真も凄く素敵。
これは東京へ行ったら、ぜひ行きたい!と心の中にメモりました。
こんな風にデザイナーズ椅子を普通に使ってるのって、凄く
いいですよね。さりげないけど、すごい贅沢。
私はウェグナー大好きで、Yチェア・・・かれこれ10年以上愛用
してます。ザ・チェアもずーっと欲しい椅子なんですよ。
Commented by y_flugels at 2007-02-11 22:16
六本木が気づけば芸術の街になっているんですね~~
クラムチャウダーおいしそうだなぁ!
Commented by sumi2211 at 2007-02-12 18:13
afotoさん★
ウェグナー好きですか!Yチェアはカーブが柔らかくて人気ですよね。
本当にここの美術館は、さりげなく贅沢です。椅子だけでも
1000万以上かけているのではないかと思います。
でも入館は無料なのがありがたいことで、座るのは自由です^^
本でも持っていって読書していたら、怒られますかね・・。
東京にお越しの際は、ぜひ六本木の新名所を巡ってくださいね!
Commented by sumi2211 at 2007-02-12 18:16
y_flugelsさん★
これからもどんどん変わっていきそうな六本木界隈です。
クラムチャウダー、結構具がごろごろ入っていましたよ。
今度は、レストランのランチを食べに行きたいと思っています!
Commented by nabeharu502 at 2007-02-12 23:09
わぁ!素敵。
20脚以上のスワンチェア&エッグチェア、座りにいきたいです!
密かにインテリアの資格持っているくらい、椅子好きなので、
次に東京行くときは絶対行きたいと思います★
Commented by cafe-lover79 at 2007-02-13 10:25
レポート楽しく拝見させていただきました!
カフェやミュージアムショップも美術館のお楽しみですよね。
建物もモダンでカッコイイ☆
今月中、乃木坂へ行く予定なので下見してきますっ♪
Commented by sumi2211 at 2007-02-13 19:16
nabeharu502さん★
スワン&エッグチェアが、あんなに並んでいる場所は
日本には少ないのではないでしょうか?
椅子が汚れてしまわないうちにぜひチェックしてみてくださいね。
いろいろな雑誌などでこの美術館を紹介していますが
まだ椅子のことはあまり注目されていませんよね。
密かに椅子好きな方、多いようです。
Commented by sumi2211 at 2007-02-13 19:21
cafe-lover79さん★
ありがとうございます!
ここは乃木坂の駅からすぐで、しかも入館料はかからないので
お散歩にも良いですよ。私も近いうちにまた見に行きます。
Commented by izola at 2007-02-15 19:10
実は今週ココに行ってきました。
造りが海外の美術館のようで、やっと日本にもこういう
美術館ができるようになったんだなぁと感心しました。

仕事の後だったので、企画展は見れない時間でしたので
ポールボキューズを利用しました。
でも一番の目的はウェグナーの椅子が見たかったんですよ。^^
Commented by sumi2211 at 2007-02-15 19:32
izolaさん★
もうチェック済みなのですね!
私も「やっと日本に・・」と同じ感想を持ちました。
コレクションはないけれど、箱としてはワールドクラスですよね。
ポールポキューズ、いかがでしたか?気になります。
Commented by hiki at 2007-02-28 15:38 x
sumiさんこんにちは。
「その2」があったんですね!夜の感じも素敵ですね~
私も先日ようやく行って来ました。ポールボキューズも!
ほんとにあの椅子たち、すごいですよね。日本人デザイナーのものがあったら、、、って確かに同感です。きっとうまくはまるだろうに・・・。

トラックバック送らせていただきます。
Commented by sumi2211 at 2007-02-28 21:13
hikiさん★
こんにちは。
夜の美術館も良いですよね!金曜日おすすめです。
私も先日、ポールボキューズに行ってきました。(今度書きます)
さりげなく沢山並んでいるから、椅子について興味がなければ
そんなに高価なものだとは思わないかもしれませんよね。
TB歓迎します♪


<< 韓国のお土産 '06 ... 「国立新美術館」を探検。 その1 >>