植田正治写真美術館 その1
b0025850_14205271.jpg

'06 出雲旅行記に戻ります(前回は鳥取県大山の大神山神社まで)。
出雲大社に行くのに、出雲空港ではなく米子空港に降りたのは 米子周辺に
どうしても行きたい美術館があったからでした。
それは、世界的にも知られる写真家・植田正治さんの写真美術館

b0025850_14283686.jpg

コンクリート造のユニークな外観。
島根県生まれの建築家・高松伸さんの設計。
この美術館は1995年に開館し、植田正治さんはその後 2000年7月に亡くなりました。

b0025850_14334866.jpg

コンクリートの箱のような美術館が、田んぼに囲まれるように建っています。
道路には、「写真美術館前」のバス停だけがぽつり。
大山の帰り るーぷバスを降りて見学し、次のバスが来たのは2時間後。
ゆっくりと鑑賞してください・・ということですね。




b0025850_1438451.jpg

写真美術館の正面には、裾野を広げた大山が。
大山で神社を参拝していた頃は晴れていたのに、天気は急変。雨が降りそう。

b0025850_14411984.jpg

外観をぐるぐると歩いてみると、やはり大山がよく見えます。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2007-10-14 14:45 | Travel -8 Japan 06 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/7574654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 植田正治写真美術館 その2 東京でサムギョプサルを食べる。 >>