藝術風土記 @川崎市岡本太郎美術館
b0025850_1852357.jpg
川崎市生田緑地の林の中にある、岡本太郎美術館へ。
こんなに立派で楽しい美術館だとは知らず、驚かされました。
迫力ある作品、ユニークな建築と展示方法。油彩・立体・椅子等。
カラフルな常設展示に対し、モノクロ写真の企画展も見応えあり。
民俗学的にも価値の高い 岡本太郎氏の眼を通した
50年前の日本の暮らしが、生き生きとリアルに感じられました。
やはり天才・・と実感。 Merry X'mas!
[PR]
by sumi2211 | 2007-12-24 18:52 | Diary | Comments(4)
Commented by lasvegasmasa22 at 2007-12-24 22:38
Merry X'mas! 
こんな近くにあるんですね。
Commented by sumi2211 at 2007-12-25 13:25
lasvegasmasa22さん☆
油彩の力強さや色彩は圧倒的で、引き込まれます。
実際に作品に座れたり、ご本人の映像もあったりして
とてもユニークな美術館でした。お子様にもおすすめです!
すぐ隣の「日本民家園」も、全国の古民家を移築している
珍しい場所。どちらも静かで広々としていて穴場ですよ〜。

Commented by acine at 2007-12-26 09:00
やっぱりこちら・・・面白そうですね!
この写真の人たち・・・私も大好きです。
またチャンスがあったら、いつか行きたいなぁ。
まずは表参道(でしたよね?)と思ってるんですが・・・。
私の乗り降りしてる駅にも、昔から岡本太郎さんの壁画があるんですよ。
Commented by sumi2211 at 2007-12-26 16:04
acineさん☆
スケールが大きくて、建物も珍しくびっくりしました。
表参道(南青山)の記念館には、私も実はまだ行ったことが
ないのです・・・近いのになかなか。来年こそは!
アトリエの様子を見てみたいですね。


<< ラニカイビーチの散歩道 part.1 カイルアでプレートランチ。 >>