星のやに泊まる。 13 チェックアウト
b0025850_23382622.jpg

もう一泊したい・・と名残惜しいところで、チェックアウトの時間。
チェックインは、集落とは離れたレセプションで行いましたが 今度は
集いの館内のフロントで。ユニークなシステムですよね。

b0025850_23414092.jpg

大きなのカウンター、後ろには集落の水辺が見えています。
オリジナルグッズを扱うショップは、フロントのお隣に。

b0025850_23441377.jpg

ポツポツと、オブジェのような椅子?椅子のようなオブジェ?
その先に見える大きな石にも驚かされます。

b0025850_23455342.jpg

フロントの天井には、ルイスポールセン社のPH Louvre(ルーブル)。
レストラン側には、同社のアーティチョークも一つ。
北欧の照明は、どこか和のテイストを思わせるので 似合っています。





*************************************

写真がないので、宿泊者専用の温泉について書いていませんでした。
メディテイションバス」と名付けられた天然温泉には、光の部屋と
闇の部屋があります。打たせ湯と明るい光の部屋を通り抜けると、その奥に
黒い石に囲まれた通路があり、闇の部屋へと繋がっています。

五感を開放し瞑想に浸る・・というユニークな温泉です。
暗闇といっても水中にほのかな灯りはあったので、怖くはありませんでした。
宿泊者専用なので、湯上がりに休憩するスペースなどもゆったりしています。

一方、日帰り入浴もできる「トンボの湯」は、宿泊者専用に比べると
アメニティなどが少ないのですが、開放感のある大きな露天風呂は良いです。
どちらも鍵付きのロッカーがあるので、安心でした。



b0025850_2359451.jpg

ホテルとも旅館とも異なる、星のや独特の
居心地の良さ。できることなら、2泊される
ことをお薦めします。

色々とレポートしましたが、お部屋のタイプ
や季節によって、また異なる印象を持たれる
ことと思います。私もまたいつか・・。

以上で、2007年冬の「星のや滞在記」は
おしまいです。ありがとうございました。

http://www.hoshinoya.com
[PR]
by sumi2211 | 2008-02-16 00:10 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/8059033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ジェイ・チョウ 周杰倫 世界巡... 星のやに泊まる。 12 集いの館 >>