飛騨民俗村「飛騨の里」 その2
b0025850_13544414.jpg

雪道に足をとられそうになりながらも、飛騨の里を歩きます。
寒いので訪れる人はまばらで、静かな静かな里。

b0025850_1357446.jpg

■旧西岡家
合掌造りは、高さがあって よく見ると芸術的な茅の編み方も。
詳しいことは知りませんが、装飾と機能の両方が備わっているのかと。

b0025850_1425617.jpg




合掌造りの軒先
ものすごい分厚さで、さらに
その上に雪が積もり つららも!
重さに耐えたり、断熱効果も高い
のでしょうね。雪国の知恵。



b0025850_146430.jpg

合掌造りだけでなく、様々な民家の形があります。
雪と山の風景の中で、どこかの時代にタイムスリップしたような雰囲気。
「ごめんくださ〜い」と声をかけたくなります。

b0025850_1495214.jpg

飛騨の里は、まるで本物の山里のように 植生や道がつくられているので
ライトに浮かぶ木々も綺麗だなと感じました。
民家のテーマパークであり、体験型のミュージアムと言えます。

続いては実際に、民家の中にお邪魔してみましょう。
[PR]
by sumi2211 | 2008-02-21 14:15 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/8079257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by satokumi at 2008-02-21 21:44
こんばんわ
飛騨高山行かれたんですねぇー
冬の飛騨高山もいいですよねぇー私もちょっと用があって
車で飛騨高山の前をスルーしたんですが、観光客がたくさんいましたね。ライトアップは見たことがないので見に行って見たいです^^
Commented by marmitako at 2008-02-21 23:02
藁葺き屋根、スゴイ厚さですね!

わらぶき屋根って、「カブトムシの幼虫とかが落ちてきてイヤだ」って、話を聞いた事があるのですが、なんか納得です。(笑)
Commented by sumi2211 at 2008-02-22 13:39
satokumiさん☆
ライトアップは雪の時期だけなので、寒いですが
おすすめですよ〜。東京を出てその日のうちに こうした
風景を見ることができ、ずいぶん旅をしたような気になります。
時間があれば白川郷まで行きたいですけどね。
Commented by sumi2211 at 2008-02-22 13:44
marmitakoさん☆
本当にぎっしりと凄い厚さですよ。重そうです。
実際に住むとなると、虫がいたり葺き替えもあるし
大変なんでしょうけどね・・。こうした生活文化遺産は年々
忘れられていくものだから、保存継承するのは大切ですよね。


<< 飛騨民俗村「飛騨の里」 その3 飛騨民俗村「飛騨の里」 その1 >>