こんぴらさん参り その7 ー金刀比羅宮ー
b0025850_18531171.jpg

はるばるお疲れさまでした。
参道の石段を1368段上った終着点、金刀比羅宮 奥社
厳魂彦命をお祀りし、厳魂(いずたま)神社というのが正式。
ご本宮とは対照的に、鮮やかな朱塗りの拝殿。

b0025850_18591833.jpg

拝殿が大きくはないので、ここで終わり?と思うかもしれません。
しかし、その周囲の岩壁を眺めると その迫力に圧倒されます。
「威徳巖、奥社の御祭神また崇徳上皇ここに御参籠の旧跡と申し伝えあり」

b0025850_1951545.jpg

ものすごい高さの崖を見上げると、不思議なものを見つけました。
写真の中央付近、何やら二つのお顔が。詳細はぜひ現地でお確かめください。
(スケールの大きさが伝えられないのが、残念です・・。)

b0025850_199449.jpg

そして岩壁と反対側に目を向ければ、この景色。
本宮前より高さがあるので、素晴らしパノラマに 瀬戸大橋まですっきり。
金刀比羅宮を訪れて 印象に残るのは、果てしない石段と 頂上の岩壁と
この讃岐平野の風景かもしれません。

そして、帰り道。再び1368段の石段を下りるしか、道はありません。
下りの方が時間はかかりませんが、この日の参拝では 往復で
のべ3時間30分かかりました(休憩や参拝の時間を含む)。
奥社まで参拝する予定なら、たっぷり時間をとっておくのがおすすめ。

こんぴらさん参りはここまでにして、讃岐の旅を続けます。
[PR]
by sumi2211 | 2008-07-03 19:24 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://sumi76.exblog.jp/tb/8953044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masemiho at 2008-07-04 10:01 x
sumiさん、こんにちは^^
えー!奥社があるなんて知りませんでした!
2年前に行ったんですが・・・これは、また行かなくちゃ!

そうなんですよねー、すごい階段ですよね。
心臓バクバクしっぱなしだし、筋肉にはすぐ乳酸がたまるし・・(笑)

でもこんぴらさんというと母が語るんです、私の子供の頃を。
3歳の私は、すぐ「抱っこ、抱っこ」と言い、ふだんは歩かない(今と変わらぬ怠け者)子だったのに・・・!
なんとこんぴらさんは、全部自分で登ったんですって。
短い足で、あの階段を登るのは、さぞ大変だったと思いますが、親の手を振り払って、よっこいしょよっこいしょっと登ったそうな。

こんぴらさんは、記憶に無いけど、思い出の場所なんです。
レポートをありがとう^^
Commented by sumi2211 at 2008-07-04 17:56
masemihoさん☆
こんにちは。奥社への石段は、ひっそりしているので
気がつかないってこともあるんですね^^;
masemihoさん、3歳で自分で登ったのはすごいなぁ!
大人でも結構時間がかかりますからね。

そういえば、この日も小さな子たちが張り切って登っていて
偉いなぁと思いましたよ。お年寄りは大変そうでしたけど。
私も今回は書院の障壁画を見逃しているので、またいつか
行かなくちゃ・・と思っています。
Commented by reisigfeld at 2008-07-06 18:09
こんにちは。
いい景色ですね。私は四国へはかなり昔に一度行っただけですが、
この平野に小さな山が点在している風景、典型的な讃岐平野の景色ですね。
しかし、この景色を見るにはそれなりの体力が必要というわけですか・・・。
Commented by sumi2211 at 2008-07-07 18:37
reisigfeldさん☆
こんにちは。
讃岐の山々は、あちこちにポコポコしていて こうして
俯瞰すると面白いですね。そして平らであることを実感します。
疲れますが、下から上って来たんだと思うと達成感がありました。
初めから山登りの気持ちで行けば辛くないかもしれません(笑)


<< 琴平の「こんぴらうどん」 こんぴらさん参り その6 ー金... >>