2008年 02月 24日 ( 1 )
東京に木を植える。
b0025850_14205770.jpg

春一番の吹き荒れた昨日、東京・小金井市の緑地で植樹を行いました。
昨年、長野の土地を譲り受けてから これからは農業や林業も少し勉強しようと
家族と一緒に勉強会に参加したのです。

b0025850_14232641.jpg

東京にも、このような緑地や林はまだ残っているのです。
でもそれを守り育てるには、住人の理解と行動が大切だということ。
寒い中、遠方からも人が集まりました。


b0025850_14285777.jpg


はじめに、花畑に手で肥料
蒔きました。肥料は3ヶ月かけて
米糠などを発酵させ作ったもの。
春には一面、紫の花が咲く予定。



b0025850_14321143.jpg


続いては、植樹のための穴掘り
深さ50cm直径50cmの穴をいくつも
掘るのは、かなりの重労働でした。
こんなに大変だとは・・・!



b0025850_14344778.jpg


今回植えるのは、の苗木。
土に肥料を混ぜて、根を埋めます。
細い木でも横に大きく穴を掘るのは、
根が伸びやすくするためだそう。



b0025850_14371229.jpg





まだこんなに細い栗の木ですが、いずれは
後ろの大木のように育ってくれるはず。
この日新たに植えたのは、10本ほど。
これからの木の成長が楽しみです。



b0025850_14393649.jpg




植えただけでは、まだ弱いので
隣に竹を刺して 添え木にしました。
この竹を深く打ち込むのも、力仕事。
農業や山仕事をされている方々を、本当に
尊敬します。寒かった・・・。



b0025850_1442416.jpg

林の中には、沢山の
昨年新築した我が家のフローリングは、
全て栗の無垢材なので こうして栗の木
を植えることができたのは、とても意味
がある気がします。

またいつか、木の成長の報告を。
[PR]
by sumi2211 | 2008-02-24 14:51 | Diary | Trackback | Comments(0)