カテゴリ:Travel -5 Asia( 353 )
ホイアンの街歩き 10 ■海のシルクロード博物館
b0025850_029938.jpg




ベトナム旅行記のつづき。(→前回
ホイアンの海のシルクロード博物館
2階へ上がると、中庭に面した廊下が
良い雰囲気。年月を感じさせます。

室内には陶磁器などの展示があり・・



b0025850_0344777.jpg






表通りに面したテラス(?)も。
紅いランタンが吊るされていて
木製の柵にも特徴があります。



b0025850_0373191.jpg

彫刻自体は古い物ではないかもしれませんが、なかなか細かい。
ホイアンの古い木造家屋には、このように日本中国の影響が随所に見られます。
風が通るので、気持ちが良い場所です。

b0025850_0422963.jpg

そこからチャンフー通りを見下ろすと、この眺め。
レトロでカラフルな街並が、可愛らしくも思えてきます。
世界遺産の街並み保存地域なので、雰囲気を壊すものがありません。

b0025850_0462690.jpg

モノトーンが似合う しっとりとしたホイアンの街。
2階に上がったら、美しく連なる古い瓦屋根をご覧ください。
[PR]
by sumi2211 | 2014-05-05 00:52 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ホイアンの街歩き 9 ■海のシルクロード博物館
b0025850_13515627.jpg

ホイアン旧市街を東西に通る Tran Phu チャンフー通り。
前回ご紹介した福建会館や、伝統的な家屋が並び 見どころの多い通りです。
共通入場チケットを片手に、続いて見学したのは・・

b0025850_13564342.jpg

「Bao Tang Gom-Su Mau Dich Hoi An」
海のシルクロード博物館(貿易陶磁博物館)です。
Bao Tang というのは、ベトナム語で「博物館」を意味するそう。


b0025850_1411268.jpg





博物館と言っても、ホイアンの伝統的な
木造建築なので 商家の街並みになじみ
看板を読まなければ通り過ぎてしまうかも。
紅いランタンが印象的です。



b0025850_143990.jpg






表からはそれほど大きな建物に見えない
のですが、中に入ると奥行きがあります。



b0025850_146879.jpg

なんと!建物の中央には風通しの良い中庭がありました。
スペインの住居に見られるパティオのように、光や風を通す役割が
あるのではと思います。賑やかな表通りから、一変して静かな中庭。

b0025850_1494695.jpg

中庭に面した壁面は、様々な透かし窓もあり美しい。
かつて暮らした人々は、この中庭でゆっくりお茶など楽しまれていたのかも。

b0025850_14121856.jpg

中庭には、色鮮やかな陶器の装飾が施された水場も。
室内には御朱印船貿易の時代の陶器や、沈没船から引き上げられた物などが
展示されているのですが、古い建物そのものに興味を持ちました。

b0025850_14155645.jpg

2階から中庭を見下ろして。
100年以上も時が止まっているかのような、そんな雰囲気のある博物館です。
2階の様子に続きます。
[PR]
by sumi2211 | 2014-02-24 14:20 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(2)
ホイアンの街歩き 8 ■福建会館
b0025850_1123648.jpg

さて、ベトナム中部の古都ホイアンの街歩き。世界遺産に登録されている見所を
見学するには、共通の観光チケットが必要です。まずは、チケットを買うため
歩いて観光案内所へ。チケットの販売所は街なかに何か所かあるようです。


b0025850_1161153.jpg





TOURIST GUIDING OFFICE
看板があります。この建物自体
ホイアンの伝統的な建築様式。



b0025850_119987.jpg

共通観光入場券 VND90000(2011年当時)
ホイアンの観光施設のうち、5か所見学できるチケット。ペラペラの紙をちぎります。
もっと沢山見たいという場合は、買い足しが必要ですが 1日なら1枚で充分かも。

b0025850_1112029.jpg

まずは街の中心部にある 福建会館へ。
中国風の大きな門が目立つ、ホイアンの街の中では賑やかな場所です。
入り口で共通チケットを1枚ちぎってもらいます。

b0025850_1114297.jpg

門をくぐると、また派手な門。金山寺と書いてあったりして、宗教色が強いですが
今は華僑の人々の「集会所」だと ガイドブックなどに書いてあります。

b0025850_11173291.jpg

香港でよく見かけるような、ぐるぐるの渦巻き線香
お願いごとが漢字ではなくベトナム語だったりするのが、新鮮に感じます。

b0025850_11191946.jpg

お供えを見ると、お米・バナナ・卵にコーヒーカップまで。
中央にお祀りされているのは、航海や漁業の守り神とされる媽祖天后。

b0025850_11231069.jpg

拝殿の屋根には、龍がのっています。台湾の寺院のようでもあり。
ベトナムと中国の古くからの交易を感じさせます。

b0025850_1124128.jpg






なかなか細かい。



b0025850_11263480.jpg







漢字のような。


[PR]
by sumi2211 | 2014-02-20 11:29 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ホイアンの街歩き 7 ■街並み
b0025850_11132788.jpg

ホイアン滞在2日目の午後。幸せのベトナミーズランチをいただいてから
ホイアン旧市街の散策へ。世界遺産の街並をゆっくり歩いてみることにします。
写真の建物は、服や布地のマーケット。

b0025850_11192283.jpg

街並の保存地域は車の通行が制限されていて、観光客も歩きやすいのですが
バイクや自転車やシクロ(自転車タクシー)は 沢山走っています。

b0025850_11221246.jpg

通りには、中国風の寺院が多いのも印象的。
この時は旧正月明けだったので、新年を祝うお飾りなどもよく見かけました。

b0025850_11242666.jpg

屋台も街のあちこちで見かけ、特に夕方になると賑わっていました。
後ろの黄色い建物は、中央市場。市場のまわりにも市場、というアジアらしい風景。

b0025850_11264164.jpg

ホイアン旧市街の建物の多くは、黄色い壁になっています。
伝統的な世界遺産としてのルールなのか、街の方針なのかわかりませんが
通りの主な商店は、ほとんど同じ色彩です。

b0025850_11283327.jpg

その黄色い壁には、色鮮やかなランタンが似合います。
ランタン祭りの夜でなくても、雰囲気は楽しめるかと。

続いては、世界遺産に指定されている建物の数々を見学します。
[PR]
by sumi2211 | 2014-02-10 11:33 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
幸せのベトナミーズランチ @ Hoi An
b0025850_1384669.jpg



ホイアン2日目の午後。
午前中からホテルのプールでまったりと
過ごしていたので、遅めのランチ。

中央市場の斜め向かい辺りにある
小さなレストラン「Mermaid Restaurant」。
お昼を過ぎていたのですいていたけれど
なかなかの人気店だそうです。



b0025850_13114027.jpg

レストランというより、街の食堂という雰囲気なのですが 清潔感があって
良い感じでした。というのも、ホイアンで外国人旅行者向けのレストランを展開する
グループのお店。ホイアンでは有名な Cargo Club の系列店だそう。

b0025850_13165248.jpg

バナナの花のサラダ。柔らかいバナナの花は千切りになっています。
プリプリのエビ、人参やいろいろなハーブ、ピーナッツのアクセント。
さっぱりとしたベトナム風のドレッシングに、素材のいろいろな風味が混ざって
これが絶品!ベトナムのサラダって、こんなに美味しいの?とびっくり。

b0025850_13281351.jpg

つづいて揚げ春巻き。こんがりきれいに揚がっています。
ここは何を頼んでも美味しいのでは、と思える安心感。

b0025850_1332941.jpg

小さな揚げ春巻きですが、ぎっしりお肉や春雨が詰まっています。
サラダやハーブとの相性も良く、揚げ物でももたれません。

b0025850_13331735.jpg

最後にコム・ガー(チキンライス)。これもまたサラダのように見えますが
ご飯の上に、鶏肉・もやし・ハーブがのっていて、チリペースととレモン添え。
サラダほどのインパクトは無かったけれど、ヘルシーな混ぜご飯は好きです。


b0025850_13374969.jpg





食後には、温かい蓮茶を。
あまりお酒を飲まないので
ベトナムでは定番の蓮茶を
よく飲んでいました。
ベトナム風の器もかわいい。


b0025850_13384811.jpg

美味しかったので、翌日の夜にも食べたいね と行ってみたのですが満席で断念。
ホイアンに行ったら、またぜひ訪れたいお気に入りのレストランです。

MERMAID RESTAURANT
2 Tran Phu Street, Hoi An ,Vietnam
英語のホームページに地図もあります。
[PR]
by sumi2211 | 2014-01-24 13:49 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(2)
ホイアンのランタン祭り。 その2
b0025850_23441410.jpg

毎月、旧暦の14日にホイアンで行われる「ランタン祭り」。
2011年2月の祭りは、旧正月に重なっていたので 新年も祝い街ごと賑やかに。
トゥボン川岸に出ると、川面には巨大な動物のランタン(?)が沢山。


b0025850_23482838.jpg





例えば、炎のようなドラゴン。
他にも亀や魚や獅子など中華風の
縁起物が作られていました。
水上に固定されていて動きません。



b0025850_23502155.jpg

川岸には、さまざまな屋台が出ていて 暗い中多くの人が集まっていました。
飲食の屋台もあれば、写真のように川に流す「灯籠」を売る店も。
そして川に出るボートの客引きも声をかけてくるので、ザワザワ。

b0025850_2353078.jpg

こんな風に、道ばたにきれいに紙の灯籠を並べて売っています。
それを持ってボートに乗って、川に流しに行く人たちも。
ロウソクの灯りが人々を照らしていました。

b0025850_2355139.jpg

巨大なランタンのそばを流れて行く 沢山の小さな灯籠が見えるでしょうか。
ほんの一部しか写っていませんが、川いっぱいに無数に漂っている様子は
なかなか幻想的で素敵でした。橋の上から眺めるのも、また良しです。

b0025850_235858.jpg

流されて川岸にたまり 浮かんでいた灯籠。静かな光景にも見えますが・・
なんと川辺では歌謡曲やカラオケ大会などの 大音響が流れっ放し!
新年ということもあり、とっても明るく賑やかなお祭りだったのです。

b0025850_013065.jpg

対岸の広場には、大小さまざまなランタン作品も展示。
地元の人も観光客も入り交じって、街ごとワイワイと賑わっていたので
言葉や風習がよく分からずとも、こちらまで楽しくなって歩きまわりました。


b0025850_034798.jpg





路上では、こうしたお供え物も。
色鮮やかな料理や果物やお花が
供えられていました。



b0025850_044770.jpg




昼間に見ても、なかなか派手です。
後ろの橋も電飾されていて、夜には
とても明るくなっていました。

旧正月明けのランタン祭りは、想像以上に
賑やかで驚きましたが 楽しい夜でした。
ホイアンに滞在時は、旧暦のチェックを!
[PR]
by sumi2211 | 2014-01-21 00:12 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ホイアンのランタン祭り。 その1
b0025850_2156583.jpg

ホイアンの街では、毎月 旧暦の14日にランタン祭りが行われています。
私がホイアンに到着したのは、ちょうど満月の日で 夜に街を歩いてみました。
旧暦のランタン祭りの年間スケジュールは、予め情報が出ています。

b0025850_21595695.jpg

満月の夜に、月とランタンの灯りだけで街を照らすという 粋なお祭りですが
蛍光灯をつけたままのお店もありますが、18時〜21時くらいは消灯が多い様子。
車やバイクは通行止めになるので、上を見つつ歩いても大丈夫。

b0025850_223342.jpg

通りに並ぶランタン屋さんも、この日はより幻想的に見えます。
昼間とは印象が変わるので、ホイアンは1泊するのがおすすめ。
近郊都市からのツアーだと、日帰り旅も多いと思います。

b0025850_226373.jpg

やはりベトナムカラーの赤や黄色の灯りが目立ちます。
よく見ると文字や店名が書いてあったり、新年を祝うものも。


b0025850_22797.jpg





しっかり満月も眺めることができ
ラッキーなホイアンの旅でした。

写真だと静かなお祭りにも見えますが
実際は人出も多く賑やかなお祭
その様子はまた次回に。



b0025850_2284950.jpg

          2011.2.16  Hoi An Lantern Festival
[PR]
by sumi2211 | 2014-01-16 22:16 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ホイアンの街歩き 6 ■来遠橋
b0025850_22483938.jpg

ホイアンの旧市街はユネスコ世界遺産に登録されていますが、その古い街並の中でも
一番の観光スポットといえば、この「来遠橋」。別名 日本橋とも言われる橋で
1593年(文禄二年)に日本人によって架けられたと伝わっています。

b0025850_22531364.jpg

中国風の屋根付きの橋ですが、よく見ると石材と木材の両方が使われていて
レンガや漆喰の壁、瓦屋根などが組合わさった とてもユニークな作りです。
実際に橋の中を歩いて川を渡る事ができるので、入ってみると

b0025850_2257691.jpg

中は木造家屋のように見え、右手側には部屋があり 祭壇がありました。
橋の上に小さなお寺がある、不思議な感じです。貿易船の安全を祈願していたとか。
400年以上の時を経て、今もゆっくりとした時間が流れています。


b0025850_2311553.jpg




橋の両端にはレリーフがあったり
猿の石像が安置されていました。
かつては橋の東西に、日本人街
中国人街があり、それを結ぶ重要な
橋だったのだそう。



b0025850_2342434.jpg

夜になると、ホイアンの街では ランタンの灯りがあちこちに灯りますが
来遠橋に灯るのは日本式の提灯です。橋のライトアップと合わせて
夜景も楽しめます。橋の中も雰囲気が変わるので、ぜひ歩いてみてください。

b0025850_2363469.jpg

16世紀頃には多くの日本人が暮らしていたホイアン。今では日本人街は
残っていませんが、こうして日本文化の名残を見ると 同じ日本人としてこの街を
訪れる事ができて良かったなと思い、異国の地に親しみを覚えました。

続いて、満月の夜の「ランタン祭り」の様子をたっぷりお伝えします。 
[PR]
by sumi2211 | 2014-01-14 23:12 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ホイアンの街歩き 5 ■店頭
b0025850_16342344.jpg

なかなか進まない '11 ベトナム旅行記に戻ります。
中部の古都・ホイアンの旧市街には、大型スーパーやコンビニらしき店はなく
昔ながらの店構えの雑貨屋さんや土産物屋が多く並んでいます。


b0025850_16371719.jpg





築100年は経っていそうな
古い壁にも、お土産のバッグが。
刺繍が施されたカラフルな布の
バッグは、あちこちで見かけます。
お値段は基本的に交渉次第。



b0025850_16401297.jpg





ホイアンの伝統であるランタン
扱う店も多く、私も一つ購入。
ランタン屋さんやランタン祭りについては、
また後ほどたっぷりとご紹介します。



b0025850_16415567.jpg





ベトナムをイメージした面白い
Tシャツ屋さん。笑ってしまうような
デザインも多くて、楽しいです。



b0025850_16451956.jpg





色鮮やかな路上のお花屋さん。
おそらくお供え用の仏花なのですが
日本では見ない色合いですね。



b0025850_16463285.jpg





一坪くらいの小さなサンダル屋さん。
表の吊り照明や古い壁が、なんとも
いい味を出しています。

こうしたディスプレイを見ながら
散歩するのが楽しい小さな町です。
[PR]
by sumi2211 | 2014-01-12 16:51 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ホイアンの街歩き 4 ■移動販売
b0025850_2262065.jpg

ホイアンの旧市街は、車が通行できない細い通りも多く 飲食の屋台の場合も
女性が一人で天秤竿を担いで 移動しつつ店を開いていました。
お茶やデザートの屋台から食事メニューまで。道ばたで見ていて楽しいです。

b0025850_22114872.jpg

川沿いや観光名所の前で、夕方になるとこんな風に店開き。
炭火で焼き鳥を焼いていたりして、あちこちから煙がのぼります。
飲食の屋台を開いているのは、ほとんどが女性で 若い人からおばちゃんまで様々。


b0025850_22162032.jpg




かなり重そうな荷物にも見えますが
皆さんスタスタと移動が速い
カメラのピントが間に合わないほど。
ベトナムの女性は逞しいなぁ。



b0025850_22183582.jpg





昼間は、バイン・ミーと呼ばれる
ベトナム風サンドイッチの屋台が多く
フランスパンが山積み。



b0025850_22202265.jpg





こちらのお姉さんが作っているのは
何でしょうか?
揚げ物をしているようです。



b0025850_2221424.jpg

なんと沢山のドーナツ!揚げパンの屋台をあちこちで見かけて
食べてみたいと思ったものの、夕食が入らなくなりそうで断念。美味しいのかな。
日本で見るドーナツよりも大きくて、砂糖がまぶしてあったりしました。
[PR]
by sumi2211 | 2013-12-24 22:00 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)