<   2005年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧
ティフルトのカスバ。 -Kasbah-
b0025850_1135858.jpg

ワルザザートの郊外にあるカスバのひとつ Kasbah de Tifoultoutte
もともとは住居でしたが、現在はホテルとレストランになっていて 見学もできます。
10DH払って、屋上へ上がると 畑や山々が見渡せます(写真)。
建物は 映画「アラビアのロレンス」にも登場しているそうですが、あまり見るところもなく
ミントティーを一杯いただいて 次のカスバへと向かいました。

ワルザザートから西へ33km アイト・ベン・ハッドゥ村 Aït Ben Haddouは、
ユネスコ世界遺産に指定された モロッコで最も有名なクサル(カスバの村)です。
手前で車を降りて、歩いて川を渡り 村の中へと入ります。入場無料。
b0025850_1265938.jpg

川と言っても、ほとんど水はなく 広い河原のよう。
肌がジリジリと焼けるように日差しが強いので、帽子&飲み水持参で!
写真は地元の人が、ロバで食材や水を運んで村に向かっているところ。
左側に見えているのはホテルや住宅のある新しい村、カスバの村は対岸です。 (つづく・・・)
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-31 01:41 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(2)
旅する サンダルといえば…
b0025850_13443521.jpg気がつけば あと一週間で Los Angels
まだ何も荷造りはしていないけれど
暑そうだし何を着よう?と、あれこれ考え中。
そして旅行用に、歩きやすいサンダルを買いました。
BIRKENSTOCK /made in Germany
今夜は、一緒に旅する友人たちと2回目の作戦会議。
観光&食事&ショッピング&遊び など、皆で希望を出して
話し合っておけば、現地でもスムーズに動けるはず。


** 旅行の準備については、出発前日に報告する予定です。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-30 13:44 | Goods | Trackback | Comments(6)
砂漠のオアシス その2 -Fint-
b0025850_0443971.jpg

そして ガタガタ道の先には フィントFint)と呼ばれる大きなオアシス。
断崖の岩山に囲まれた土地に、ゆるやかな川が流れ その中央に様々な緑。
想像以上の大きさと、オアシスの豊かさに 目が覚めるようでした。

b0025850_056145.jpg

高く伸びているのは、ナツメヤシ。暑さに負けず、育っています。
久々に見る鮮やかな緑と水辺に、本当に癒されます。
名前はよく分かりませんが、他にも沢山の植物がありました。
(日中は本当に暑いので、飲み水を持参してくださいね!)

b0025850_057849.jpg

この断崖、まるで映画のセットみたいですよね?(本物です。)
実際に このフィントでは、今も映画の撮影が行なわれることが多いそう。
ちょうどこの日も、フランスの映画チームがロケハン(下見)に来ていました。
有名な作品では 『アラビアのロレンス』に登場。

そして水辺の散歩。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-29 01:13 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(2)
砂漠のオアシス その1
b0025850_0274100.jpg

ワルザザートOuarzazate)の中心部から、タクシーで 15kmほどの場所。
舗装された道路から、ガタガタと岩の平原(ピステ)に入って 30分以上。
普通車なので、ゆっくりとパンクしないように進みます。ず~っと揺れて、酔いそう・・
そして見えた 一つ目のオアシス

b0025850_0361054.jpg

上の写真を拡大すると・・・
川辺で遊ぶ、子どもたち
勢いよく飛び込んだり、気持ち良さそうです。
こちらに気が付いて 手を振ってくれました。
そして さらに奥のもう一つのオアシスへ。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-28 23:00 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(0)
これも偶然? 旅の仲間。 -Ouarzazate-
b0025850_16423547.jpg

ワルザザートの郊外には、世界遺産のカスバや 映画のロケ地が点在していて
それらを見るには観光局ONMTで、タクシーをチャーターすることになります。
到着した日に、翌日のチャーターを申し込んで カフェで休憩をしていた時のこと。
カフェの隣のお土産屋さんを覗く 日本人カップルと目が合いました。
観光客自体少ない 小さなワルザザートの町で、個人旅行の日本人同士が合うとはびっくり。

ふたり   「こんにちは~。あの・・『地球の歩き方』持っていますか?」
私たち   「ありますよ。どこに行かれるんですか?お茶でもどうぞ・・」

というわけで、その二人と合流し 明日一緒にタクシーで周ろうということに!
なんと二人は南仏在住で、フランスから一週間ほどヴァカンスに来ていたのです。
歳も近いし、日本人と話すのは久しぶりで 4人で楽しく夜ゴハンを。

********************************************************
そして翌朝、タクシーの運転手と交渉開始。
予約した時には、2人で550DHという話。それを4人分で値切ろうというわけです。
合流した2人は、流暢なフランス語でまくしたて 交渉成立。

初めは ひとり270DHでしたが、170DH(およそ2100円)まで下がりました。
しかも砂漠のドライブなら、2人よりも4人の方が心強いし楽しい。
そして 上の写真のタクシーで、ガタガタ道を走ったのです。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-27 17:14 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(2)
ワルザザートのホテル。  -Ouarzazate-
b0025850_11331875.jpg

ワルザザートの街のメインストリート(Ave. Mohammed V) 中心部に位置し
とても便利な ホテル・エッサラム Hôtel Es-Salam
入り口は小さいけれど、中に入ると4階建ての大きなホテルで フロントは英語でOK。
フロントにいたオーナーは、日本人が大好きだそうで オレンジジュースのサービス付きに。

b0025850_11394962.jpg



ツインルームは 1泊130DH
一人あたり およそ940円は嬉しい!

ホテルの廊下や部屋のドアは
全てピンクで統一されています。
天井には ガラスのランプ。

部屋は充分な広さがあり、
窓からはワルザザート空港
発着する飛行機やアトラスの
山々が遠くに。



b0025850_11464992.jpg



さらに、ホテルのすぐ隣には
旅行者向けのきれいなスーパーもあり、
食料品の買出しに便利でした。

ぬるま湯のシャワーとトイレ付き。
これだけの設備があれば充分です。
砂漠地方でも水周りは問題なしでした。
バスルームも、やっぱりピンク。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-26 11:59 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(12)
カスバ街道 を走り抜ける。 -Route des Kasbahs-
b0025850_041084.jpg

東のエルラシディアから西のワルザザートまで およそ300km
山脈に挟まれた平野を、真っ直ぐに走る カスバ街道Route des Kasbahs)。
街道と言っても、街が続いているわけではなく 時々古いカスバ(城塞)が点在しているのです。
あまり太くはない舗装道路で、信号もなければ 対向車もほとんど通りません。
休憩を取れる場所も少ないので、民営バスは かなりのスピードで6時間走りました。

車窓から遠くに見えるのは、オート・アトラス HAUT ATLAS。モロッコ一高い山脈。
カスバ街道の両側に、こんな景色が拡がっていて ひたすら走り抜けるので旅感満点。
家も緑もない荒野で、ラクダとヤギを100頭以上引き連れたキャラバン隊を見た時には
鳥肌が立つほど 感動!とても優雅に堂々と行進しているようで・・・。
(見とれてしまって、シャッターを押す暇がありませんでした。)
b0025850_0274237.jpg

地図上、 中央の赤いラインが カスバ街道。左下に目的地ワルザザート。
街道の両側に 山脈が連なっているのが色で分かるでしょうか。
前日から体調が悪化し 歩くのもフラフラな状態でしたが、エルラシディアに泊まるよりも
早くワルザザートに着きたくて 気力でバスに乗り込みました。
良い景色を眺めていると、気分がほぐれ 体調も少しは楽に。

民営バスのチケット。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-25 00:58 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(14)
砂漠地方での移動日。  -エルラシディア-
b0025850_0351557.jpg

■2004年6月のある日
午前 9:30 チェックアウト。ホテルの車で出発。
              ↓
         リッサニRissani)の町を経由して エルフードErfoud)に戻る。
         砂丘行きのミニバスとは違うルートで、遠回りだけど新しい舗装道路が。
         60分くらいのドライブ。砂丘がどんどん遠ざかり、やがて見えなくなる。
              ↓
         ホテルのドライバーが、グラン・タクシーと交渉してくれたので楽々。
         エルフードのタクシー乗り場は、地元の人ばかり。
         一台のタクシーに客が6人乗るので、かなり狭い。ひとり30DH(約380円)
         90分ほど かなりのスピードで進む。まだ赤茶の土が拡がる砂漠地帯。
              ↓
         お昼過ぎ エル ラシディアEr Rachidia)到着。 
         長距離バスターミナルへ行き、今日のワルザザート行きチケット購入。65DH

b0025850_0514097.jpg
******************************
と、ここまでは順調。その日のうちに300kmほど西の
ワルザザートまで移動したかったのですが、アクシデント。

民営の長距離バスが、30分過ぎても到着せず
窓口で尋ねると「今日のバスはなくなったので明日
仕方なくチケットを 明日分に交換してもらいました。

エルラシディアには、特に見所がないので泊まるつもりは
なかったのですが、一泊してバスを待つことに・・・。

さらにアクシデント発生!?
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-24 01:44 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(2)
砂丘に さようなら。 -Merzouga-
b0025850_13392843.jpg

ホテルの屋上からの眺め。(砂丘とは反対側)
部屋が満室でも、満天の星空の下 屋上での宿泊もできるそうです。
夏なら涼しくて、外の方が快適かもしれません。格安だと思います。

b0025850_13423783.jpg

3泊4日のシェビ砂丘滞在も、いよいよ終わりです。
ホテルのスタッフひとりひとりと挨拶をして、砂丘を見納め。
ラクダたちは、皆座って休んでいるようです。

滞在中、10人以上いるホテルスタッフの名前や顔をほとんど覚えてしまいました。
帰り際「二人は日本語の良い先生でした。」とも言われて、感激。
本当に暖かいスタッフばかりで、楽しく過ごすことができました。
(スタッフは、世界各国からのお客様に対応するために アラビア語・フランス語・英語
だけでなく イタリア語・スペイン語・日本語なども勉強しているのです。使い分けが上手!)

b0025850_13511878.jpg
■ホテルカード
B.P. 44 Merzouga というのが住所。
電話とファックスは、あるみたいです。
ちなみにテレビはありません。
ホームページもありませんが、
来年には屋外プールができるそう!
砂丘を眺めながら、泳ぎたいですね。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-23 14:04 | Travel -3 Africa | Trackback | Comments(6)
本日、F1グランプリ2005  モナコ決勝!
b0025850_12552275.jpg

今年のF1は、毎回混戦していて面白いですね。
昨年GP後のモナコを、旅行で訪れてから
早いものでまもなく一年。
いよいよ本日5/22 モナコGP2005 決勝です。

レースの結果も楽しみですが、旅行者としては
モナコの街並みを見られるのが楽しみ。
改装中だったグラン・カジノは、どうでしょう?

フジテレビ系で 今夜22:55~ ON AIR
個人的にはHONDAの欠場は残念ですが・・。

■2004 モナコ旅行記のリンクから
カジノの前で・・。
F1のコースを歩く。
[PR]
by sumi2211 | 2005-05-22 13:12 | Diary | Trackback | Comments(6)