<   2006年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
ワット・プラシン  -Chiang Mai-
b0025850_2241285.jpg

ふたたび自転車に乗って、旧市街を西の方へ・・。
14世紀に建てられた チェンマイで最も格式が高いお寺 ワット・プラシンWat Prasing)。 
旧市街の中心を東西に通る Ratchadamnoen Rd.の突き当たったところ。
さすがに訪れる人が多く、国旗も沢山飾られていて 華やかな雰囲気。

b0025850_22495925.jpg




礼拝堂の中は、天井が高く 広い空間になっていて
靴を脱いで上がり 床に座ってお参りします。

外光を取り入れる扉には、木彫りの彫刻。
金色に塗られた女神さまが、手を合わせて
微笑んでいらっしゃいます。


b0025850_22545295.jpg


正面には、眩しいほどに輝く 金色の仏さま。
親しみを感じる 優しいお顔ですよね。
よく見ると、手前にも何体もの仏像が。
朱色の天井や壁も、インパクトがあります。

堂内には、オレンジ色の袈裟を身に着けた
お坊さんが 何人かいらして 日本語
「コンニチハ。ニホンジンデスカ?ゲンキデスカ?」
と声をかけられて驚きました。
観光客が多いので、勉強されているようです。



 
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-30 23:09 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(10)
ワット・チェディ・ルアン -Chiang Mai-
b0025850_23255659.jpg

チェンマイ旧市街のお寺めぐり。一つ目は Wat Chedi Luang(ワット・チェディ・ルアン)。
1411年に建てられた巨大な仏塔が、境内の中心に ド~ンとそびえているお寺。
写真の仏塔は、遠くからでも見える岩山のようで レンガが積み重ねられてできています。
体の前半分が見えるゾウは、なんと実物大くらいの大きさ!

b0025850_23362630.jpg


別の角度から見上げると、
お堂の中には 金色に光る仏さまが。
手前は、階段ではなく”すべり台”の
ようなスロープ。仏様の通り道・・?

登ることはできませんが、ぐるりと
周囲を一周すると、ピラミッドのように
正方形であることが分かりました。


b0025850_23433831.jpg




ほかにも広い境内には、いくつもの建物があり
写真のように新しい塔やお堂もありました。
ブーゲンビリアの花が印象的でした。


b0025850_23501294.jpg



こちらも 比較的新しい仏さま。
緑に包まれて 3mくらいの大きさで どっしり
どこか微笑ましいお顔です。



■ お堂の彫刻も興味深いです。
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-30 00:11 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(2)
自転車に乗って ぐるっと。  -Chiang Mai-
b0025850_1213621.jpg

ジリジリと照りつける日射しの中、ゲストハウスの近くで自転車を借りて
まず向かったのは TATTourism Authority of Thailand) と呼ばれる観光案内所。
ナイトバザール側からだと、ピン川の橋(上の写真)を渡った正面にある建物で
チェンマイの大きな地図だけでなく、長距離バスの時刻表なども無料で頂きました。

b0025850_1285869.jpg

ピン川沿いには、色鮮やかな花が飾られていて サイクリングも楽しくなります。
地図を受け取って次に向かうのは、旧市街。チェンマイ初日は、まずお寺と遺跡めぐりです。
暑期は気温が40℃を超える日もあるほどで、水を持参して ときどき日陰で休みながら
のんびりとしか動けませんが、それでも自転車で自由に周るのは なかなかの風情あり。

■ レンタサイクルについて。
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-29 02:08 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(2)
チェンマイのゲストハウス ■その1
b0025850_21252433.jpg

PEOPLE PLACE LODGING

チェンマイにはとても沢山のゲストハウスがあるので、何軒か周ってみることに。
もちろんツアーで利用するような大型ホテルや、超高級ホテルも揃っています。
立地のポイントは、夜でも出歩けるように ナイトバザール周辺で決めました。
ナイトバザールの開かれる通りまで、徒歩2分ほど。アヌサーン市場の目の前です。
ゲストハウスというよりも、ミニホテルといった規模で 部屋は広くて清潔でした。

b0025850_21331733.jpg

左の扉は、お湯シャワーとトイレ。
右の扉は、小さなバルコニー。
冷蔵庫には、お水のサービス。
エアコンとテレビも完備。

蚊の多いチェンマイなので
網戸が付いていました。


b0025850_2142219.jpg
フロント横に、インターネット(有料)と
セイフティーボックスがありました。
自分の南京錠を付けるので安心。

入口が Sridonchai Rd. から少し
横に入ったところなので分かりにくいの
ですが、とても便利な場所でした。
近くにセブンイレブンもあります。


b0025850_21414415.jpg

階段の途中に飾られていた
木彫のオブジェ。

PEOPLE PLACE
LODGING

9 Lane 8 Sridonchai Rd.
Chiang Mai 50100

ツイン/AC 1室 700B
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-27 22:01 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
チェンマイ駅に到着。 -Chang mai-
b0025850_21423513.jpg

午前8:55 定刻でチェンマイ駅に到着。少しも遅れが無かったのは素晴らしいこと。
改札を出たところで、私たちの名前を書いた紙を持った 笑顔のおじさんが。
トレッキングツアーをしているツアー会社にピックアップを頼んでおいたのです。

b0025850_2147142.jpg

車はどこ?と思ったら 写真のような
トゥクトゥクに案内されました。
バイクを改造した タイの町ではよく見かける
乗り物のひとつで、この時初めて乗りました。
トゥクトゥクの仕様は、町によって微妙に
違っていたりします。

バックパックを足元で押さえながら
旧市街のツアー会社に向かって 出発。



■ チェンマイの町の構造を見ておきましょう
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-26 22:08 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
チェンマイまでの寝台特急 ■その2
b0025850_1755162.jpg

バンコクから北部のチェンマイまでは、特急でおよそ13時間の旅。
長いようで 寝台でぐっすり眠れたので、とても楽な移動でした。
チェンマイが近づくにつれて、車窓の景色は緑が濃くなり 田畑が拡がっています。
山の向こうに真っ赤な朝日が昇るのが見えて、感動!!

b0025850_1792892.jpg

午前7時頃に、寝台車の乗客が起き始め また係員がベッドをたたみにやってきます。
手早い作業で、ベッドが座席に変身。そして、昨夜に注文しておいた朝食の時間です。

ピンク色のトレーに、サンドウィッチ(ハム・チーズ・レタス・トマト)とフライドポテト・パイナップル。
紅茶(またはコーヒー)とジュースもついて 90B。友人は目玉焼きとトーストのセット。
夕食・朝食とも注文はしてもしなくても良いのですが、朝はお腹がすいていたので
頼んで良かったなと思いました。係りのお姉さんが、注文を取りに来たり 配膳をしてくれます。

■ 鉄道の乗車券は・・・
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-25 17:40 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
チェンマイまでの寝台特急 ■その1
b0025850_1564044.jpg

カラフルな車体の表示を確認
して、予約した9号車へ。
バンコク発チェンマイ行きの
SPECIAL EXPRESS

1等は個室、2等は寝台車と
座席車があり、寝台には
エアコンありとファンのみの
車両があります。


b0025850_15171022.jpg


2等寝台 ACつき

19:40 ほぼ定刻でファランポーン駅を出発。
車内は見たところ普通の座席で、ハシゴは
あるものの、寝台はどこにも見当たりません。
一人ずつ向かい合って座り、中央に通路。
テーブルは、食事の時だけ 取り付けるもの。

チェンマイ行き2等寝台の車内は、8割近くが
欧米のバックパッカーで、地元の人は少なめでした。


*********************************************************
b0025850_1516563.jpg



21:00を過ぎると、係員がやってきて
次々と座席をベッドに組み立てていきます。
天井からは、収納されていた上段ベッドが下り
下段は、座席をパタパタと動かし シーツを
ビシっと。カーテンを取り付けて、できあがり。

カーテンには番号がついていて、閉めれば
プライベートな空間に。上段には読書灯も。
バックパックは棚にのせて、チェーンを。


b0025850_15333549.jpg
カバーの清潔なと、洗濯済みの大きな
タオルケットも配られて、気持ちの良い
ベッドとなりました。

トイレや洗面台も普通に使えて
各車両には見回りの乗務員もいて安心。
車内では、本を読む人・トランプをする人
など色々で、2人なら上下段で予約を
している人が多いようです。

■ 上段はちょっと幅が狭いです。
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-24 15:58 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(4)
旅のはじまりは ファランポーン駅。
b0025850_19135585.jpg

タイ国内最大の鉄道駅 ファランポーン駅Hualamphong Railway Station)。
バンコクを起点に、タイ国内を鉄道で旅行するには この駅が出発点となります。
駅までは、新しく地下鉄も開通しましたが 荷物が多いのでメータータクシーで直行。

b0025850_19184355.jpg

駅構内には、広い空間の両側に フードコート・レストラン・コンビニ・コーヒーショップなどが
並んでいて、沢山の人で賑わっています。ATMも多くて便利。トイレは有料で清潔です。

b0025850_19236100.jpg


乗車券売り場と案内板

当日券は、正面の窓口に並んで買いますが
すでに持っていたので まずは案内板を確認。
英語でも表示されるので、分かりやすいです。
出発時間・列車番号・ホーム番号を調べて
中央入口からプラットホームの中に入ります。


b0025850_19274524.jpg

プラットホームの表示

写真は、3番ホーム ノーンカーイ行きの表示。
私が乗るのは、19:40発のチェンマイ行き
駅に着いた時点で出発10分前だったので
バックパックを背負って 慌ててホームを走りました。

親切な駅員さんが何人も、あっちだよ もっと先だよ
早く早く!と乗る車両まで案内してくださり
なんとか無事に間に合ったのでした。
長距離の夜行は編成が長いので、かなり歩きます。
駅にはお早めにどうぞ。

 
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-23 19:42 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
カオサン・ロードはどんなところ?
b0025850_20414026.jpg

カオサン・ロードkhaosan Rd.)は、バンコクの王宮近くにある通りのひとつで
世界中からのバックパッカーが集まる場所。一度はどんなところか歩いてみたかったのです。
250mほどの通りに、びっしりと旅行代理店・土産物店・旅行用品店・写真屋などが並び
看板を見れば タイ語よりも英語が多い。歩いているのも、欧米からの旅行者が目立ちます。

昔のカオサンは知らないのですが、今は「聖地」というイメージよりも 明るい観光地。
スターバックスもマクドナルドも、バーガーキングもセブンイレブンもありました。
ATMや両替、ネットカフェも多く、確かに個人旅行者にとっては便利なところでした。

b0025850_2053189.jpg
通りのカフェの料金は高めですが、
行き交う旅人をを眺めるのは飽きません。
旅の途中、バンコクに戻るたびに
カオサン周辺に泊まることになりました。
宿泊事情はまた後ほど。

日本人経営の旅行代理店 MPツアー
さんで、日本からメールで予約していた
夜行電車のチケットを受け取り、タイ北部
チェンマイへ向かいます。
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-22 21:09 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
バンコクで路線バスに乗ってみる。
b0025850_1318660.jpg

バンコク市内には、カラフルな路線バスがあちこちに走っています。
タイ語の表示だけなので、旅行者には乗りこなしが難しいとガイドブックにも書かれていますが
そうなると挑戦したい!電車の通っていないカオサンロードまで行くために
国立競技場前バス停から、15番のバスに乗りました。
文字は読めなくても数字と方向が頼り。

エアコンありの新しいバスもあれば、写真のように エアコンなしの古いバスもあります。
乗ってはみたものの、路線図など持っていなかったので 地図を見ながら降りる場所を探し
無事にカオサンにたどりつきました。よかったよかった。

逆にカオサンからサヤーム・チットロム方面に出るには、Phetchaburi Rd.を通る 2番
便利でした。一度間違えて違うバスに乗ったときに、車内で集金係りのお姉さんが
正しい番号を教えてくれ、次の停留所で無料で下ろしてくださいました。優しいですね。


b0025850_1333456.jpg
路線バスの乗車券

わずか6Bでした。18円くらいです。
車内で、集金係りに支払うと 乗車券をもらえます。
薄い紙ですが、まるで切手のようなデザインが嬉しい。
使用済みの切り込みが入っています。
[PR]
by sumi2211 | 2006-03-20 13:41 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)