<   2007年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
ハイアットリージェンシー箱根 リゾート&スパ #1 エントランス
b0025850_18372331.jpg

箱根登山鉄道の終点 強羅駅から、タクシーで約5分。
駅よりもさらに山を登って、標高700mを超える上強羅(かみごうら)へ。
ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ」のエントランスに到着しました。
石と木目のとてもシンプルなエントランスは、とても静かで控えめ。

b0025850_18455086.jpg

ロビーにはカウンターがなく、デスクが3つ。座ってのチェックインです。
昨年12月16日にオープンして まだ1か月あまりですが、チェックインはスムーズで
スタッフの方の笑顔も応対も とても感じが良いと思いました。
部屋数が79室と少ないので、並ぶほどの混雑もありません。

b0025850_18525453.jpg

こちらもロビーにて。 ハイアットでは日本初の"リゾート&スパ"なので、木目の暖かさを
感じる壁が印象的です。そしてロビーに入った瞬間から、暖炉の焚き火の香り。
ここから階段を降りると、リビングルームと呼ばれるラウンジに出ます。
(とても素敵なリビングルームについては、また後ほど。)

b0025850_1931379.jpg

館内は、北・東・西館に分かれていて レストランやリビングルームがあるのは北館。
スパ施設は西館にあります。客室は、それぞれの館にあり 部屋からの景色も様々。
今回アサインされたのは、西館の最上階のお部屋。

b0025850_1910591.jpg

北館と東・西館の間は、パティオを挟んで渡り廊下で結ばれています。
パティオに面した ゆるやかなカーブの廊下が、とてもきれいでした。

■ このホテルのデザイナーは・・・。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-31 19:33 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(6)
箱根への小旅行。 -ロマンスカーに乗って-
箱根・強羅地区にオープンしたばかりのホテルに泊まるため、1泊2日の小旅行。
長くなりそうなホテルレポートの前に、まずは強羅までのアクセスをご紹介。
(ソウル旅行記は、箱根レポートのあと また再開します。)


b0025850_13113761.jpg

2005年春に登場した 小田急電鉄の
新型ロマンスカー VSE(50000形)。
新宿から箱根までを およそ80分で結びます。
全席指定ですが VSEは人気があるので、
早めのチケット購入がおすすめです。
この日も週末なので、満席でした。



b0025850_13223853.jpg
フランスのTGVにも似た流線型のボディに
上質」を目指したという車内デザイン。
ドーム型の高い天井 大きな連続窓にロールスクリーン。
あちこちに木を使用した 暖かみのあるインテリア。
棚やテーブル上には、白色LEDライト。
前後の座席のピッチも広めで、ゆったり。

VSEを紹介しているロマンスカーHPによると、
一歩入れば、そこはホテル」の感覚でつくったとの事。
全席禁煙なので、煙やニオイも気になりませんでした。



b0025850_13401315.jpg

化粧室のある車両も、全て木の質感。
弧を描くトイレの扉。この先にはカフェ。
先頭の展望席や、サルーン(半個室)も。
VSEは、2005年 グッドデザイン賞を受賞。
リラックスできる優しい車内デザインでした。



b0025850_1353935.jpg
終点の箱根湯本駅で、箱根登山鉄道
乗り換え 強羅までおよそ40分。390円
標高100mあたりから、標高500mを超える
山の上まで登るため 途中3度のスイッチバック
行なう珍しい電車です。週末だったので
車内は満員電車のような混雑で びっくり・・。



b0025850_1357742.jpg

登山電車は、宮ノ下温泉や彫刻の森に停車しながら
いくつものカーブを走りながら どんどん山を登り、
終点「強羅ごうら)」に到着。
きりりと冷えた山の空気を感じ、ホテルへ向かいます。



■ 箱根湯本での寄り道。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-30 14:27 | Travel -9 Japan 07 | Trackback(1) | Comments(4)
箱根ガラスの森より。
b0025850_1524575.jpg
午前中いっぱい ハイアットリージェンシー箱根で のんびり。
ホテルの中に温泉があるので、朝からほっかほか。
まだ新しいホテルなので、沢山写真を撮っておきました。
午後は近くの「箱根ガラスの森」を散策。ガラスの木が綺麗!
今日は晴れたので 寒くありません。
これから御殿場のアウトレットに寄ってから、家に帰ります。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-29 15:02 | Diary | Comments(2)
今日は箱根に来ています。
b0025850_1701160.jpg
新型ロマンスカーVSEに乗って 新宿から80分。
箱根湯本の富士屋ホテルでお昼を食べてから、
登山電車に乗りジグザグ山を登って 強羅へ。
オープンして間もないホテルに、泊まりに来ています。
タタミのある和モダンなお部屋からは、箱根の山々が見渡せ
静かで とてもリラックスできます。素敵です。
いま暖炉のあるラウンジでコーヒーを飲み、 本を読んでいるところ。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-28 17:00 | Diary | Comments(2)
三清洞を歩く。 その2
b0025850_21185160.jpg

三清洞サムチョンドンギルを さらに北の方へと歩いて行きます。
道が細くなると、並木の両側にはレストランやカフェがあちこちに。
東京のどこかの街を歩いているような感じもします。

b0025850_21222969.jpg

ギャラリーのお庭のようなスペースに、大きな赤いカボチャのオブジェ。
アーティスト 草間彌生さんの作品?


b0025850_2124797.jpg

モダンな外観のお店もあれば、伝統的な韓屋もあって、街歩きも楽しくなります。
重厚な伝統家屋も、カフェやバーだったりします。

b0025850_21255612.jpg

三清洞ギルの東側は、崖のようになっていて斜面にも建物がいっぱい。
イタリア料理のお店や、ワインバーなど 飲食店が多いようです。
私がお昼を食べたいと思っているお店も、ちょうどこのあたりで・・・。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-27 21:35 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
三清洞を歩く。 その1
b0025850_2025346.jpg


地下鉄3号線「安國(アングク)」駅で降り、
景福宮キョンボックン)の方向へ。
広大な王宮・景福宮の見学はパスして
手前(東側)の 三清洞ギルを歩きます。
写真は、景福宮の門のひとつ。


b0025850_2031897.jpg



三清洞サムチョンドン)には、美術ギャラリーや
個性的なお店が多く 韓国アートシーンを見ることが
できると知り、気になっていた地域でした。

銀杏並木の通りは、北の山に向かって
伸びていて 遊歩道としても美しいところ。
まずは、左の案内板をチェック。


b0025850_2044510.jpg


モダンなギャラリーが多いので、ユニークな
建物も目立ちます。レストランが併設されて
いるところや、ブックカフェなどもありました。


b0025850_2063721.jpg


彫金とアクセサリーのお店。
看板の鳥が かわいらしい。
ウインドーを覗きながら、ぶらぶらと。



■ 楽しいお店がありました。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-26 20:25 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
ソウルで食べる。 5 ■マンドゥ&冷麺
b0025850_22313882.jpg

ソウル3日目。遅めの朝食は、仁寺洞にある”マンドゥ”のお店へ。
マンドゥとは、韓国の餃子(ぎょうざ)のことで 一度食べてみたかったのです。
注文したのは、コギマンドゥ肉餃子) 2500w。エビ餃子もありました。
蒸したてのホカホカで 豚肉と野菜がたっぷり。見かけは シュウマイや小籠包のようでも
ニンニクの効いた味付けは、まさに蒸した餃子!美味しいし、安いです。

b0025850_22415197.jpg

おまけに 冷麺 4500w を注文。
スープを凍らせた氷が入っていて、冷え冷え。平壌式の細い麺とさっぱりしたスープ。
キムチ・タクアン・温かいスープもついてきました。
辛い料理が続いていたので、さっぱりした物が食べたくて すっきり!  

b0025850_2220419.jpg

シンポウリマンドゥ 仁寺洞店

お隣りは、ハングルの看板が珍しい
スターバックス。仁寺洞の中心部。
ファミレス感覚のチェーン店なので
お手頃価格。明洞や東大門にもあり。
 
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-25 23:01 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
ソウルで食べる。 4 ■サムギョプサル
b0025850_223344.jpg

韓国で焼肉といえば、牛よりも””!(と一昨年も書きました。)
2日目の夕食は、ホテルの近くで サムギョプサルを食べることに。
ZENZEN 三成洞本店は、ワインで熟成したサムギョプサルで知られるお店。
入口には竹のディスプレイや、コンクリ打ちっぱなしの壁など モダンな店内。

b0025850_2291750.jpg

ワイン熟成 サムギョプサル 1人前 9000w

竹筒の中で 白ワインなどを入れて熟成させた 豚の三枚肉。
サムギョプサルとは、豚の三枚肉を焼いて 野菜で包んで食べるもの。
そのお肉の大きさに まずびっくり!写真は1.5人前くらいです。

b0025850_22131088.jpg

キムチ・水キムチ・サンチュ・エゴマの葉・ネギ・玉ねぎ・ししとう・トマト・ニンニク などなど。
野菜とキムチは、サラダバーのようになっていて おかわり自由。
チゲやカルグクス(うどん)など、お鍋を頼んでいるテーブルも多いようでした。

b0025850_22181957.jpg

ある程度焼けてきたら 大きなハサミでチョキチョキ切り、さらに かりかりに焼きます。
そしてサンチュをひろげ いろいろな野菜をトッピングし、お肉を包んでいただきます。
一般的なお店なら、辛味噌や塩をまぜたゴマ油に付けていただくのですが
このお店は、辛味噌のほかにも ユニークな4種類のタレがテーブルに並びます。

醤油とマスタード ○ハニーマスタード ○塩こしょう ○きなこ
「きなこ」は、甘みがあるので不思議な感じ・・?でも新しい食べ方として話題になったとか。
ジューシーで旨みのあるお肉は、味付けを替えながら どんどん食べられました。

b0025850_22344189.jpg

ZENZEN 三成洞本店

看板には、竹筒に入ったお肉の写真が。
地下鉄2号線三成サムソン)駅5番出口
徒歩10分 COEX西側の大通り沿い
お店のホームページに、日本語の
割引クーポンがあり 利用できました。
焼肉店としては、とても広い大きなお店です。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-24 22:46 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
ロッテマートでお土産探し。 -Seoul-
b0025850_20141019.jpg

地下鉄2号線チャムシル(蚕室)駅を降りると、地下で「ロッテ・ワールド」に繋がっています。
ロッテーワールド内には、遊園地やデパート・免税店など揃っていて スケートリンクも!
あまりの広さに迷子になりそうでしたが、目指すは巨大スーパーロッテマート」。
ソウル駅店の方が中心地にあり便利ですが、江南に泊まったので ロッテワールド店へ。

b0025850_2023377.jpg

食品フロアを中心に、お土産になりそうなものを探します。
山のように積み重ねられていたのは、インスタントラーメン
5袋や10袋のまとめ売りをしているので、大量で迫力があります。
日本のように小売りや カップ式のものは少なかったです。

b0025850_20271155.jpg

同じく麺コーナーで見つけたのは、「冷麺」(ネンミョン)の麺。
ものすごい大きさの袋に入ったものもあり、びっくり。かさ張らばければ買いたいのですが・・。

b0025850_2026569.jpg

調味料コーナーを覗いてみると、ありました 赤唐辛子の粉末! 
韓国料理には欠かせない存在なので、種類も豊富。1kgくらいの袋売りも。
お隣は、焼き塩。もちろんゴマ油なども いろいろあります。

b0025850_20315411.jpg

真っ赤なパックは全て コチュジャン。唐辛子の入った味噌です。
味噌だけに様々なブレンドやメーカーがあり、辛さの度合いも違います。
小さなチューブサイズから、下の方にはバケツサイズまで!

■ お菓子やお茶も ずらりと・・・・。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-23 20:56 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
ソウルで食べる。 3 ■ソルロンタン
b0025850_16563432.jpg

2日目の昼食は、「ソルロンタン(雪濃湯)」という牛の煮込みのスープ。
白濁したスープは、あっさりしていて 牛の薄切り肉とご飯・細い麺などが入っています。
味付けがされていないので、テーブルの天然塩胡椒で自分好みの味に。
1人前 5500wという安さで、コラーゲンたっぷりのスープに大満足。
とても体が温まり、お腹にもやさしい「ソルロンタン」でした。


b0025850_174370.jpg
テーブルの上にはいろいろ・・。
トッピングするネギキムチ・カクテキ
セルフサービス。つまりおかわりも自由。
キムチを切るハサミも置いてあります。
常連さんは、キムチをスープに入れて
食べているようです。カクテキ(カクトゥギ)も絶品!


b0025850_1791156.jpg

里門ソルロンタン(イムンソルロンタン)

創業100年を超える 元祖ソルロンタンのお店。
外観はかなり立派ですが、店内は素朴な食堂風。
お昼過ぎには、満席でとても賑わっていました。

住所:ソウル市 鍾路区公平洞(コンピョンドン)46
最寄り駅は、地下鉄1号線・鐘閣駅 徒歩3分
鐘路(チョンノ)タワー裏手の細い路地に。
[PR]
by sumi2211 | 2007-01-22 17:20 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)