<   2008年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧
こんぴらさん参り その4 ー金刀比羅宮ー
b0025850_1952227.jpg

石段 785段目、御本宮に到着。御祭神は、大物主神と崇徳天皇。
正面は人が多かったので、横から一枚。

b0025850_19561049.jpg

御本宮と同じところに、いくつかの神社や社殿が並んでいて
南渡殿という廊下で繋がっています。一般参拝では歩けませんが・・。

b0025850_19585231.jpg

屋根のあちこちに「」の文字。なんだか金運が上がりそうです!
この御本宮まで、汗だくになりながら 片道40〜50分くらいかかりました。

b0025850_2001760.jpg


インパクトのある大きな提灯。
同じ紋の入ったウコン色のお守りも、
とても有名です。

神札所の前に、椅子を並べた休憩用の
テントがあって、冷たい水を頂きました。
ここでおみくじを引いたりしつつ、
まだ上があるので、ちょっと休憩。
(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-30 20:11 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
こんぴらさん参り その3 ー金刀比羅宮ー
b0025850_1233196.jpg

旭社を通り過ぎると、道は90度に折れて 石段の上に再び門。
この賢木門の先が、いよいよご本宮になります。

b0025850_1237560.jpg

足下の石段ばかり見ていると、つらい修行のようですが
時には立ち止まって、ゆっくり周りを観察してみましょう。
門の屋根には、植物が絡まっていて なんだか可愛らしかったです。

b0025850_1240212.jpg

さらに見上げれば、この景色。神の森で、森林浴
山の上へと石段を上るほど、緑が深くなり 静けさが漂います。

b0025850_1242878.jpg

自然のパワーを受け取ったら、ご本宮前の険しい石段へ!
疲れも溜まってきたところで、ここはかなりキツかったです・・が
こんぴらさん参りは、これが何セットもある感じなのです。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-29 12:47 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(2)
こんぴらさん参り その2 ー金刀比羅宮ー
b0025850_13474997.jpg






参道を歩くとまた鳥居。
そして続く石段。
ひときわ大きい狛犬です。
しあわせさん、こんぴらさん
の垂れ幕があちこちに。



b0025850_1358127.jpg





もうかなり上って来た気がします。
石段の脇に、塀が見えてきました。
何があるかと言うと・・



b0025850_142126.jpg




御書院」の門。
表書院・白書院・奥書院からなる
建物で、重要文化財の宝庫。
表書院の一部は一般公開されています。
(別途・拝観料が必要)



b0025850_14131331.jpg

残念ながら、昨年のこの時期は
書院の修復作業中で、全て非公開。
有名な円山応挙の障壁画は、東京の
博物館に貸し出されていました。
(結局、上野にも行きそびれて・・)




b0025850_14163396.jpg

気を取り直して、社殿をめざし さらに石段を上りました。
正面に見えたのは「旭社」。とても大きく彫刻の美しい建物なので
本殿かと思ってしまうのですが、まだまだ先があります。
山を丸ごと包みこむような金刀比羅宮のスケールに、圧倒されました。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-28 14:33 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
CHANEL MOBILE ART @代々木競技場 特設会場
b0025850_21413298.jpg
今日は表参道で友人とお昼を食べ、ゆっくりお茶をしてから
夕方には、国立代々木競技場隣りのオリンピックプラザへ。
シャネル主催の移動式美術館、モバイルアートを鑑賞!
予約制ですが既にチケットは終了しているため、当日の
キャンセル待ちの列に90分並びましたが、楽しい現代美術の
展示やユニークな建物に満足。MP3の音声ガイドも斬新です。
入場無料で、B4サイズの写真集のようなマガジンも配布中。
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-27 21:41 | Diary | Comments(0)
こんぴらさん参り その1 ー金刀比羅宮ー
b0025850_19405420.jpg

讃岐のこんぴらさん、といえば 石段を思い浮かべる方も多いのでは。
象頭山の中腹に位置する金刀比羅宮(ことひらぐう)の参拝には
長い長い石段を上らなければなりません。


b0025850_19444882.jpg




お土産屋さんの並ぶ参道から、
石段は始まっています。
この日の気温は、35度近くあり
すでに汗がにじんでいました。
日陰を上らないと厳しいです!



b0025850_1952993.jpg




少し上って、振り返ればこの景色。
上まで行けば、もっとよく見えそう
と自分を励ましつつ・・。
歩きやすい靴と飲み物は必須。



b0025850_19551570.jpg

石段 365段目大門(おおもん)に到着しました。
ここから先が、ご神域となります。つまり、やっと入口に着いたところ。

b0025850_19575840.jpg

大門をくぐると、緑の美しい参道が続いています。
ここで石段は小休止、でも御本宮はまだまだ上に。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-26 20:03 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
こんぴらさんの町・琴平
b0025850_17271799.jpg

特急南風に乗って、JR琴平駅に到着しました。
琴平といえば、「こんぴらさん」として知られる金刀比羅宮の地ですが
古い温泉地でもあります。ホームの端で、記念撮影。

b0025850_17305451.jpg

レトロな雰囲気の琴平駅。金刀比羅宮へは、駅正面の通りをまっすぐ。
これから沢山の石段を上るので、荷物はコインロッカーに!

b0025850_173304.jpg

私鉄の琴電琴平駅を通り過ぎ、金倉川を渡ります。
川沿いには温泉地らしい雰囲気の ホテルや旅館があちこちに。
(琴電については、また後ほど。)

b0025850_17371665.jpg

橋を渡ってしばらく先に、賑やかな通りがあり 金刀比羅宮へと
繋がっています。通りには、美味しそうなうどん甘味処が並んでいて
魅力的なのですが・・・まずはお参りすることに!
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-25 17:44 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
特急南風 岡山から琴平へ。
b0025850_13522083.jpg

岡山空港から、空港バスでJR岡山駅到着。
新幹線も停車する大きな駅で、四国方面の特急列車を探す。
今は、インターネットで予め時刻表が調べられるので便利ですね。

b0025850_13552435.jpg

特急南風 高知行きが、琴平に停まるのを確かめて乗車。
他にも松山・高松・徳島行きなど、特急の種類は多いのでお間違えなく。
琴平まで 乗車券1300円 特急券1150円

b0025850_13595290.jpg

四国行きの列車の楽しみは、瀬戸大橋を渡ること。
あいにく橋桁があり写真を撮るのは難しいのですが、瀬戸内海の島々が見え
瀬戸大橋のスケールを感じることができます。さすがに長いなぁ!

b0025850_1452451.jpg


予定通り午前中に 琴平に到着。
岡山県から、香川県に移動してきました。
まず目指すのは「こんぴらさん」。
旅の始めにお参りをすると、楽しい旅に
なるような気がします。
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-24 14:14 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(4)
ANA ■羽田ー岡山 その2
b0025850_13224860.jpg

羽田を発って、空弁を食べながらくつろいでいると 機内アナウンス。
「右手に富士山が見えます」とのこと。CAさんが席を立っても良いですよ
とおっしゃるので、左手側から右手の席にしばらく移動。するとこの景色!

飛行機から富士山を見ることは珍しくありませんが、今回はかなり近く
天気も良くて 夏の富士山全景をとらえることができました。
席がわりと空いていたので、移動できたのも幸運。

b0025850_13311751.jpg

富士山は右手でしたが、岡山行きでは左手の景色も おすすめです。
大阪を過ぎると、瀬戸内海の島々や四国まで 上空からの海景色。
写真は、おそらく淡路島と明石海峡付近。大橋もうっすら見えます。

b0025850_13362675.jpg

そんな景色に見とれていると、もう着陸です。
羽田からわずか75分、時刻は午前9時過ぎ。岡山も良い天気。

b0025850_13383553.jpg

岡山には車で来たことがありましたが、空港は今回が初めて。
JR岡山駅まで 空港バスで30分(乗車券680円 Edyで購入)
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-23 13:42 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(2)
ANA ■羽田ー岡山 その1
b0025850_13283073.jpg

2007年8月中旬、羽田発 岡山行きのANA651便。
目的地は、まず四国だったのですが ちょうどお盆の時期。
割引運賃なしの高松行きより、特割で岡山に降りて電車で瀬戸大橋を渡った方が
かなり安いと計算。まわり道も、また楽しみ。

b0025850_13292078.jpg

離陸時刻は、7:50。早朝の羽田空港。暑いけれど良いお天気です。

b0025850_13325542.jpg

予約の段階で分かったのですが、この日の機材は B767-300。
国際線の機体が使われるため、前方にはビジネスクラスのシートが。
前方の席を指定すれば、追加料金の必要なく ゆったりしたシートに座れます。
(予約はお早めに!ANAのサイトでは、763と表記される機材です。)

b0025850_13374028.jpg



さすがに新しくはありませんが
シートピッチは広々。
フットレストもついています。
プレミアムシート無しの機材で
座席配列は、2-2-2(後方は2-3-2)。



b0025850_13404647.jpg

シートは、ビジネスクラスでも
サービスはエコノミーなので
空弁を買っておきました。
テーブルは、肘掛けからパタン
と出して開きます。

そぼろ弁当 850円
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-22 13:46 | Travel -9 Japan 07 | Trackback | Comments(0)
'07 夏の瀬戸内紀行はじめます。
b0025850_1321444.jpg

バリ島旅行記の前に、ずいぶんと寝かせたままの 2007年8月の国内旅行記から。
友人たちから、まだ?とリクエストも多い旅行記をいよいよ始めます。


4泊5日で、四国・瀬戸内・京都をまわった 充実の夏の旅でした。
訪れたのは、琴平・高松・直島・岡山・倉敷・京都
各地の自然・町並み・美術館・神社仏閣・美味しいもの・・。

行きは飛行機、帰りは「青春18きっぷ」という交通手段と
一泊数千円のテントから、安藤忠雄氏設計のホテルまで バラエティ豊かな旅に。
瀬戸内海の直島での現代アートめぐりも とても見応えがありました。


記録的な猛暑の中、かなり体力を消耗しましたが 天気に恵まれたので
光あふれる色鮮やかな写真がいっぱいです。どうぞご期待ください。

Photo: 夕暮れ時の瀬戸内海                sumi
[PR]
by sumi2211 | 2008-06-21 13:16 | お知らせ | Comments(0)