<   2009年 04月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ALiLA MANGGIS BALI -10 スパ・アリラ
b0025850_23155215.jpg

カウンセリングのあと、海辺のバレへ移動。2人でも同時に受けられます。
着替えて、まず足湯とフットマッサージ。私のメニューは、ヘッドスパで
アボガドクリームバス」というバリでは一般的な髪のトリートメント。

            ■     ■     ■

ベッドに寝たまま、生のアボガドをつぶしたクリーム状のものを 少しずつ丁寧に
髪にすりこんでいきます。と同時に頭皮のマッサージもするので気持ちが良い!
べったりと頭が動かないほどになったところで、さらに浸透させるために待ちます。

その間、約20分ほどのフェイシャルもセットになっていて キュウリとアロエの
クレンジング・緑茶パウダーのスクラブ・スイートアーモンドオイルのマッサージ
・バナナとハチミツのトリートメントを受け 肌もしっとりツルツルに。
どれもそのまま食べられそうな香りで、刺激もありませんでした。

b0025850_2328352.jpg

フェイシャルが終わったところで、バレにはシャワーがないので 室内へ移動。
トリートメントルームの奥のシャワーで、自分でアボガドを洗い流し ゆっくり身支度。
個室は客室と同じ広さですが、シャワーと洗面台が少し改装してあるようです。
客室と同じく、バスタブはありません。(設備はアリラ・ウブドの方が良さそうですね。)

b0025850_23342411.jpg

壁の飾り棚には、スパ・アリラの製品をディスプレイ。
室内は客室と同じ雰囲気なので、暖かい時間なら 波音の聴こえるバレがおすすめ。

アボガドクリームバスは、フェイシャル付き60分で US$50
他のほとんどのメニューも$50~95なので、ホテルSPAとしては安い方では・・?
でもフットマッサージやフェイシャルは丁寧で良かったですし、髪を乾かすと
いつも固めの髪が しっとりと柔らかくなっていて効果を感じました。


b0025850_23433894.jpg



着替えて外に出ると、ヘッドマッサージで
頭がずいぶんスッキリしている感じが。
こんなに長い時間、髪のトリートメントを
したのは初めてです。



■ ついついスパ製品を買ってしまいます。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-30 23:59 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -9 スパ・アリラ
b0025850_2382886.jpg

滞在2日目の午前中、SPAの予約を入れていました。
スパ・アリラは、一番奥の宿泊棟の一角に ひっそりとあります。
予約した開始時間より15分前には、スパのレセプションへ。

b0025850_2311589.jpg

左端の部屋がレセプション、隣の2部屋はトリートメントルーム。
中庭からそのまま入るようになっています。

b0025850_23124758.jpg

また、海側にも開放感のある半屋外のトリートメントルームがあり
室内かどちらか好きな方を選べます。緑の後ろに見えているバレです。


b0025850_2319667.jpg


まずは、中庭に面したソファーに
座り、予約メニューの確認など。
スタッフの会話は、基本的に英語のみ。
明るくて笑顔が素敵な女性でした。

詳しいメニューは、ホテルの日本語HP
にも書いてあります。



b0025850_23234055.jpg

メニューは決めていましたが、
冷たいお茶をいただきながら
詳しいスパのメニュー表
改めて読みました。料金や時間も明解。
日本語できちんと書かれています。



■ いろいろ確認できるので、安心でした。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-29 23:43 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -8 プールサイド
b0025850_2311662.jpg




続・プールサイドの過ごし方。
暑ければ泳ぐのですが、わりと曇りがちで
あまりプールには入りませんでした。

周りの人も、時々水につかるだけで
ザブザブと泳ぐ人は少なめ。
プールサイドでただのんびりとしています。



b0025850_2352726.jpg

部屋にあったビーチバッグ
カメラや本やiPodをつめこんで。
日本から文庫本を6冊くらい持って
きたので、その日の気分でセレクト。
場所との相性があるので、色んなジャンルや
文体のものを持って行きます。



b0025850_2391328.jpg



アリラ・マンギスで読んだのは・・
ロバート・ハリス『ワイルドサイドを歩け

旅先では旅のエッセイを読むことが多いのですが
これは偶然にも、ホテル近くのチャンディ・ダサの
町の話も出てきてびっくり。結構、そうして
自分の旅とのシンクロすることがあったりするのが
いつも不思議です。



b0025850_23125069.jpg



村上春樹『辺境・近境
こちらも旅行記。何度か読み返していますが
長編小説だとつい入り込んでしまうので、
旅行記が私には丁度良いのです。
手前は、部屋のキー。



■  アリラの椰子の木が美しいのは・・?
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-28 23:42 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -7 アフタヌーンティー
b0025850_1365146.jpg

プールサイドに寝椅子に寄りかかると、まっすぐな椰子に囲まれているよう。
シンプルなプールを美しく魅せているのは、この椰子の木なのだと。


b0025850_13124697.jpg

さて、プールサイドの過ごし方。
空いている好きな椅子に座ると
プールスタッフが グラスに水を持って
やってきて、バスタオルをびしっと
セッティングしてくれます。

そこで飲み物など注文。
(もちろん頼まなくても何も言われません。)



b0025850_13155969.jpg

揚げ春巻きを注文すると、レストランから揚げたてのアツアツを
持って来てくれました。軽食メニューは、どれもホテルとしては安め。
しかも美味しいので、ランチにも十分。

b0025850_1319331.jpg

翌日は、クラブサンドを。Rp.85000-
これが最高!アボガドにチキンにチーズも入ったホットサンドで、がっつり。
塩コショウの入れ物もかわいい。また食べたい一品。

■ 午後はアフタヌーンティーがまた楽しい。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-27 13:35 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -6 プール
b0025850_2349419.jpg

美しきホテル、アリラ・マンギスで最も印象的なのは このプール。
たった1つのシンプルなプールがあるだけで・・・これほどのインパクト。


b0025850_23585086.jpg

客室棟の側から見たプール。その先は、すぐに海(段差あり)。
静かなプールサイドでは、絶えず海の波音が 優しく聴こえてきます。


b0025850_025075.jpg

正方形のプールは、中央へ行くほど深くなる 逆ピラミッド型。
浅いところは寝転べるくらいの段があり、中心は足がつかないほど。
午前中の風がない時間だけ、鏡のように椰子が写りました。


b0025850_065649.jpg




極楽の寝椅子。
3日間、日中のほとんどの時間を
ここでぼんやりと過ごしていました。
心地よいサービスや、軽食の様子は
また後ほどたっぷり。



b0025850_019762.jpg


角っこに、大トカゲの石像が。
体長1m以上ありそうな、動かない2匹。
こういう遊び心にも癒されます。

欧米人のゲストが多いのですが、その中に
一眼レフを持って あちこち撮る人も多く
やはり皆さま DESIGN HOTELS好きな様子。
他のホテルでは、あまり見かけない光景でした。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-26 00:35 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -5 中庭へ 
b0025850_017633.jpg

ルームナンバーは忘れてしまいましたが、2泊したのは1階の端の部屋。
他の部屋と室内は同じなのですが、少しだけ外の造りが違いました。

b0025850_0202030.jpg

テラスから中庭へのアクセスに、敷かれている石が他より大きかったり
玄関側から隣の外階段を通って中庭に出たりもできます。
真上に部屋がないというのも、静かで良かったのかもしれません。

b0025850_0232993.jpg

ちなみに2階のデラックスルームだと、石のテラスではなく
バルコニーにデイベッドという造り。部屋に籠りたいなら2階、中庭やプールに
すぐ出たいなら1階がおすすめ。私の場合、日中はほとんどプールサイドへ。


b0025850_0271855.jpg




中庭へ出るところは、砂利が敷かれています。
部屋を出てプールまで30秒!というのが
本当に楽々で 部屋から出たり入ったり。



b0025850_0325177.jpg



アリラマンギスは、中庭も美しい。
青々とした芝生には 落ち葉ひとつ
落ちていません。あるのは椰子の影だけ。

これほど植生が豊かなのに、花びらや
葉っぱが落ちていないのは何故・・・?
その秘密をこっそり発見しました。



■ 早朝のヨガタイムで・・・。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-25 00:58 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -4 アメニティ 
b0025850_2346077.jpg

スーペリアルームのあれこれを 楽しくチェック。
バリ名産のアタ(アトゥ)のボックスに、レターセットやポストカード。
木の留め具がついたメモに、鉛筆という素朴さが温かい。

b0025850_23512857.jpg


飲料水のボトルもアタのケースに
入ってお洒落!今どきペットボトルが
普通ですが、徹底してます。

DESIGN HOTELSのマガジンと、
木彫りのトッケイ付きのルームキー。



b0025850_23544933.jpg


入り口すぐのクローゼット
大きな鏡貼りの扉で、広く見せます。
中型のスーツケースをタテに入れられる
十分な収納でした。

部屋が狭くても、収納がしっかりしていると
すっきり過ごせます。



b0025850_2358328.jpg



バスローブにスリッパ。
プール用のカゴバッグまで。
パジャマは無かったと思います。



b0025850_015714.jpg


シンプルな大理石の洗面台。
新しくはありませんが、清潔で
気持ちが良いです。
アメニティも、環境に配慮して
必要最低限だけ。個包装もなし。



b0025850_052998.jpg


でも、ALiLAオリジナルの石鹸(灰色)が
とても素晴らしくて大ファンに!
ココナッツオイルや蜂蜜、エッセンシャルオイル
などオーガニックな材料のみで手作りしたもの。
癒される香りで、泡立ちも良く お土産に購入。
陶器の中には、コットンや綿棒が。



■ シャワールームは、こんな風です。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-24 00:43 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
今日は軽井沢日帰りです。
b0025850_15454550.jpg
長野新幹線で、軽井沢まで来ています。
寒いですがお天気に恵まれ、桜も咲いています。
プリンスアウトレットに寄ってから、しなの鉄道で小諸へ。
小諸のレストランに、私の旅の写真を飾らせてもらいました!
詳細はまたお知らせしますが、GWにお出かけの方に
お立ち寄りいただけたら幸いです。今年のミニ写真展は第3弾。
杉並区役所での展示27日まで。よろしくお願い致します。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-23 15:45 | Exhibition | Comments(0)
ALiLA MANGGIS BALI -3 スーペリアルーム 
b0025850_14231520.jpg

1階のスーペリアルーム、ツインのお部屋。2つのコーナー・スイート以外は
同じ広さで、高級感あるリゾートのわりに狭いです。室内は30平米弱くらい?
そのため、宿泊料金は抑えられていて 1室US$145〜とお手頃に。

b0025850_1428217.jpg

でも、狭さを感じさせないすっきりとしたインテリアと 快適なベッドが。
リネン類には、「Ploh」社の上掛け・高密度シーツ・パイル地の枕などのこだわり。
コンパクトなハリウッドツインで、ターンダウン(クッキー付き)もあります。

b0025850_14295945.jpg

ベッドの向かいには、横になれるほど長いソファー
落ち着いた茶系のオレンジ色が、ベッドとも調和しています。
窓際に収納された冷蔵庫と、手前に小さなテレビとセイフティーボックス。

b0025850_14352255.jpg



玄関入ってすぐに洗面台、ベッドルームも
仕切りなしという潔さ。水まわりもユニークで、
バスタブはありません。(詳細はまた)

建物自体はもう古いのですが
大理石のピカピカな床、真っ白な壁に
丁寧なメンテナンスを感じます。



■ テラスがあるから、1階も良いのです。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-22 15:04 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(2)
ALiLA MANGGIS BALI -2 デザイン
b0025850_13413983.jpg

アリラ・マンギスの客室棟は、プールのある中庭を囲むように3棟あり(たぶん)
すべて2階建て。椰子の木よりも低い、隠れ家のようなホテルです。
美しいプールの様子は、後ほどたっぷりと。

b0025850_13452337.jpg




さりげなく素焼きの壺が並べてあったり
視覚的に楽しませてくれます。
お部屋までは、中庭とは反対側の裏の
通路を歩くのですが・・・



b0025850_1346458.jpg

トラディショナルとコンテンポラリーが、絶妙なバランスになっている建物。
アマンリゾーツも手がける建築家、ケリー・ヒル氏のマジックにはまります。

b0025850_1353364.jpg

例えば、棟の真ん中までくると 向こうに芝生とプールが見えたり。
両サイドのカエルちゃんもかわいい。

b0025850_13555681.jpg

部屋のドアのまわりには、トッケイ(やもり)の彫刻が付いていたり。
通路から階段を上がると、2階のデラックスルームへ。
1階も2階も、部屋の構造や広さは同じだそうです。


b0025850_13581646.jpg



私たちは1階のスーペリアルームで
階段を少し降りると、入り口には池。
水の上を渡って、各部屋に入る演出。

中央の棟の一番端の部屋。
ではお部屋に入ります。
[PR]
by sumi2211 | 2009-04-21 14:08 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)