<   2009年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧
Maya Ubud resort&spa -12 渓谷プール
b0025850_19393999.jpg

こちらがもう一つのパブリックプール。
リバーカフェとプールのほか、周囲にSPA at Mayaもあるため
プールも含めお子様は立ち入れないという 大人のための特別な場所。

b0025850_19451339.jpg

ユニークな形のプールは、石のタイルで 光に当たると水が青く見えます。
渓谷を眺めるチェアとパラソルは5本。午前中は水がひんやりしているので人が
少ないのですが、早い時間の方が光が当たってきれいでした。

b0025850_19502045.jpg

奥に見える三角の屋根は、SPAのレセプション。
マッサージルームは、さらに渓谷を降りたところに点在。
まだ新しいヴィラでのスパ体験記は後ほどたっぷり。


b0025850_19521223.jpg





プールのすぐ下には、プタヌ川の流れ。
サーっという水音が、プールサイドのBGMに。
また、森の鳥の声も多く自然の音に包まれて
リラックス効果抜群でした。



■ ウブドの森に包まれて・・・。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-30 20:12 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(2)
Maya Ubud resort&spa -11 森のエレベーター
b0025850_2122227.jpg

中央のプールから、南端のもう一つのプールまでは ヴィラの間を通って
ひたすら歩いて辿り着くのですが、その長い道のりも楽しめる仕掛けが。

b0025850_21212526.jpg

私たちが利用した北側のヴィラと違って、南側のヴィラは遠くまで見渡せる
開放的な景色。西向きにはヴィラの向こうにライステラス

b0025850_21264855.jpg

反対の東向きもずらりとヴィラが並んでいて、中央にはまっすぐな通りと
芝生のエリアが広がっています。きっちりお手入れされた公園のよう。


b0025850_21291061.jpg





芝生を抜けると、ゆるやかな下り坂
写真は振り返ったところですが
この道がとても長く感じます。
プールの帰りは上り坂ですね・・。



b0025850_21343427.jpg

そして、道の先は行き止まり!
渓谷を見渡す展望台のような感じですが、プールもSPAも見当たりません。
ここで帰ってしまっては、もったいない話です。

■ もうひとつの楽園への入り口がありました。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-29 21:49 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -10 プール
b0025850_19194264.jpg




2つあるプールのうち、まずは
敷地中央の長細いプールから。

渓谷に飛び出しているようにも見える
インフィニティエッジ。
両サイドのウッドデッキにチェアが
並んでいます。



b0025850_19251950.jpg




好きな場所に座ると、スタッフが
グラスの水を持ってきてくれます。
グリーンのバスタオルが2本。

陽の当たる片側は欧米人が多く
反対の日陰側は日本人多めでした。



b0025850_1929543.jpg


プールは結構深くて、淵の部分だけ
腰掛けられるくらいの浅さです。
エッジの向こうに見える風景は
・・・現地でのお楽しみ。
かなり高いところにあります。



b0025850_1933482.jpg


渓谷の緑に日が当たって
いる時間は、プールは日陰に。
6月のウブドは、水が少し
冷たく 日向の時は快適。



b0025850_19375683.jpg



エッジと反対側から水が出ています。
ピンクの花も鮮やか。



■ お子さまも安心のプールもありました。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-28 19:52 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -9 シアター
b0025850_161544.jpg




ダイニング maya sari mas店内。
アンティークの家具やバリの絵画などが
飾られ、雰囲気があります。

黄色い壁も、周囲の鮮やかな緑と馴染み
決して派手には感じません。



b0025850_1643139.jpg

朝食ブッフェよりも下のフロアにも、沢山のテーブルが。
ディナーに使われるスペースで、天井がとても高くて素敵です。
渓谷の緑に包まれているような景色。

b0025850_1662175.jpg

外から見ると、まるで花に囲まれた神殿のよう。
とても長く白いカーテンが、風に揺れていました。

b0025850_1675547.jpg

左はレストランの建物で、正面はホテルの客室棟
客室は、写真の渓谷側(東)とライステラス側(西)に分かれていて2〜4階部分。
あらかじめ、景色の好みをリクエストすると良さそうです。

■ レゴンダンスを見るはずが・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-27 16:24 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
BOSS SILKY BLACK × amadana コレクション
b0025850_182682.jpg



最近気になっていたのは、サントリーの
缶コーヒー「BOSS」のおまけ

新商品SILKY BLACKの発売に合わせて
家電ブランドのamadanaとコラボした
STYLISH ITEM COLLECTIONがついています。
なかなか質感もデザインも良いので
近所のコンビニで、何本かまとめ買い 。



b0025850_18311653.jpg


例えば、マネークリップ
スチール製で、しっかり挟めます。
紙を束ねたりするのにも良いかと。



b0025850_1833542.jpg


こちらは、ブックマーカー
ステンレスのクリップと、合皮の紐で
ハードカバーに合う長さ。



b0025850_18355488.jpg

おすすめは、ペンホルダー
厚みのあるステンレス製で、しっかり
刻印されていてオマケとは思えません。
気に入ったので2個入手。



b0025850_18382047.jpg


イヤフォン用のコードリール
プラスチックですが、後ろがクリップに
なっていて 便利かもしれません。



b0025850_18415543.jpg


最後に布のマルチケース
スエード風の素材で、携帯電話や
iPod nanoが入る大きさ。


他にも、メジャー・メモスタンド・フラッシュメモリーカバーがあり 全8種類
店頭で中身が見えるパッケージなので、使いそうなものを選びました。
すでに売り切れのところも多いようなので、お早めに! 300g缶 136円でした。

ちなみにコーヒーは、無糖ブラックなので 買いだめしてもすぐに飲めそう。
最近、各種雑誌の付録が大きくなっていますが ドリンクのおまけも進化していますね。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-26 18:55 | Goods | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -8 朝食
b0025850_20342080.jpg

さて、ホテルの楽しみの一つといえば 朝食ブッフェです。
マヤウブドのメインダイニング maya sari masで、渓谷の緑を眺めながら
ゆっくりといただきました。(料金は宿泊料に含むプラン)

b0025850_2037856.jpg

とても広く入り組んだレイアウトの店内で、座る場所によって
景色や雰囲気も異なります。箱庭の噴水のまわりにもテーブルが。


b0025850_20393060.jpg




混んでいても、隣のテーブルとは
離れていて 静かなコーナーもあるので
とても良いと思いました。
全体的にゆったりしています。



b0025850_20415035.jpg

また、ブッフェの雰囲気も豪華で 様々な飾り付けもされています。
鶏の形の飾りや、生花もあちこちに。店内のインテリアも素敵でした。
普段あまりブッフェの写真は撮らないのですが、ここはとてもきれいで。

b0025850_2044266.jpg

特に野菜が新鮮で美味しかったのが印象的でした。
生野菜が好きなので、ホテルでは食べます(街では注意も必要ですが・・)。

b0025850_20464670.jpg

反対側にあった小さなブッフェは、全て日本食ばかりでした。
味噌汁や焼き魚もあり、それだけ日本人ゲストが多いということです。
こういうブッフェがあると、ご年配の方も安心ですね。

b0025850_20484483.jpg

さらに、フレッシュジュースの濃い美味しさは言うまでもなく。
奥の方に、ワインボトルも少し見えていますが・・・?!

■ つい、こんなに沢山盛ってしまいました。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-25 21:11 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -7 散策路
b0025850_22412099.jpg




2日目の早朝、天気が良いので
朝食の前に敷地内を散歩することに。
レストランまでは、ヴィラの前の道を
歩くのが近道ですが

渓谷沿いの散策路 nature walk
歩いてみました。階段を下りてかなり
渓谷の下の方へと進みます。



b0025850_2248459.jpg






やがて平坦な道になりますが
周囲は想像以上にジャングルのよう。
朝露をためた大きな葉や、ツタ植物。
沢山の鳥の声、眩しい朝の太陽。



b0025850_22523480.jpg

以前も載せたこの写真も、マヤウブドの森。
ネイチャーウォークは、敷地内をぐるりと囲むように造られていて
2泊では一周する余裕はありませんでした。1時間はかかりそうな長さ!


b0025850_22584354.jpg


森で見つけた色々な植物。
ヴィラの周りにも、カラフルな
花が多く見られます。



b0025850_2305813.jpg


パパイヤだと思いますが
こんなに木になっているところを
初めて見ました。



b0025850_232816.jpg



上を見上げたり、足下を見たり。
小さな花を探すのも楽しい。



b0025850_233515.jpg



不思議な花も沢山あります。



■ そのまま歩いて、レストランに到着。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-23 23:18 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -6 バスルーム
b0025850_21435111.jpg




今回、ホテル棟よりもヴィラを選んだ
一番の理由は、バスルームの雰囲気。
洗面台には、鮮やかなオレンジ(朱色)
の壁と アンティーク材の丸鏡。
オレンジではなく紫のヴィラもあるとか。

ホテル棟の部屋だと、大理石のすっきりした
デザインで バスタブも違います。



b0025850_21471513.jpg




金属製のバスタブ!
深さも幅もあって、とても大きい。
巨大な鍋に入っている感じというか・・
光沢を抑え高級感もあります。

手前の床には、黒い小石も敷き詰められ
室内でありながら 気分はアウトドア。
虫の心配もいりません。



b0025850_2231980.jpg

ボウルもバスタブと同じ金属製。
どっしりした木の台に、斬新な組み合わせ。
リビングの家具とも合っているので
違和感はありません。



b0025850_22104115.jpg

アメニティは、オリジナル。
ごく普通ですが、一通り揃っています。
ハンドタオルが丸めてありました。




b0025850_2281182.jpg



洗面台に、毎日4本の瓶の
ミネラルウォーター



■ バスルームの使い心地は・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-22 22:41 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -5 ルームサービス
b0025850_22574483.jpg

マヤウブドの敷地からは、美しいライステラス(棚田)も見えます。
ホテルの外に出なくても、渓谷や森や様々な風景を楽しめてしまうのが素晴らしい。
夕日を受けて、緑の稲がとてもきれいでした。

b0025850_2325382.jpg

ウブド初日の夜は、ヴィラに籠って ルームサービスの夕食を。
せっかくのヴィラを満喫するため、部屋で食事をするのも楽しいものです。
持参したキャンドルを並べて、音楽も流してリラックス。

b0025850_237476.jpg

ホテル内には4つのダイニング・カフェ・バーがあるので、ルームサービスの
料理も本格的。オードブルの盛り合わせも、サーモンのクリームパスタも
濃い野菜のポタージュも とても美味しくいただきました。

b0025850_23123521.jpg

部屋に備え付けのお茶は、飲みきれないほど用意があります。
夜は軽めの食事にして、朝のブッフェを楽しみにすることに!
(実はこの日、FourSeasonsのバーでお酒をいただいた後なので少なめ。)

■ そして天蓋付きベッドに沈没・・・。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-21 23:35 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)
Maya Ubud resort&spa -4 リビング
b0025850_23262055.jpg

マヤウブドに一番多いタイプのヴィラは、テラスも含めて およそ50平米
バリでは何部屋もあるようなヴィラも珍しくはないので、ヴィラとしては小さめ。
でも使い勝手が良く、充実したホテルの施設も楽しめるという良さもあります。

b0025850_23305960.jpg

リビングもベッドルームと同じで、入り口をはいってすぐのスペース。
船のような大きな木のソファーと、鮮やかなオレンジのクッション。
横になって寝られる大きさです。

b0025850_23352356.jpg

テーブルは、テラスにあるものと同じ材質で 天板は銅板のようなもの。
表面はデコボコしていて光沢があり、脚が沢山あるユニークなデザイン。
世界のSPAを紹介する本などが、何冊か置いてあります。

b0025850_23375546.jpg

ソファーと反対側には、大きな収納家具。その隣にデスク。
天井がとても高いので、大きな家具でも圧迫感はありません。

■ 全ての家具が、素朴で味わい深いと思います。
[PR]
by sumi2211 | 2009-05-20 23:52 | Travel -5 Asia | Trackback | Comments(0)