<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
夜お茶 @The RITZ-CARLTON Tokyo
b0025850_22414539.jpg


留学生の子を連れて 六本木のミッドタウンで
家族で食事をして、また水花火を鑑賞。
その後ゆっくり話がしたいと思い、カフェを探すと
週末なので どこも混雑。

そこで45階の リッツカールトン東京へ。
すぐにゆったりとしたソファー席に。



b0025850_22462551.jpg



ケイタイ写真なので不鮮明ですが
45階のロビーラウンジは、天井が高く
水が流れていたり オブジェがあったり。
インテリアはクラシカルで落ち着きます。
テーブル同士が離れているので、静かで良い。



b0025850_2249382.jpg



正面が The Lobby Lounge & Bar
窓際だと、夜景が望めるので 照明は暗め。
パークハイアット東京よりは、窓が細めで
窓際ではなかった為 夜景は見えず。
席に段差があれば見やすいのですが・・。



b0025850_22544187.jpg


それでも、クラシカルな雰囲気は素敵。
ティーポットは、キャンドルで温め
カップが空くとすぐにサーブ。
おしぼりには、獅子のロゴが。

Beautyハーブティー(ポット)1600yen
砂時計がとってもお洒落でした。



b0025850_22581474.jpg

ブルーベリーとヨーグルトムースの
ケーキ。さっぱりしていて軽め。
モンブランとチョコレートは、濃厚。
美味しいけど値段の割には・・普通?
ミッドタウン内は美味しいパティスリーが
多いので、期待してしまいますが。

ケーキ 1500yen or 2000yen
チョコレート盛り合わせ 1500yen



■ 帰り際にびっくり・・の夜お茶。その理由は?
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-31 23:35 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(2)
香港で食べる ■3 鶏蛋仔
b0025850_1144214.jpg

男人街(廟街)といえば、有名なのは飲食店よりも 路上の夜市。
その名の通り 男性向けの衣料品や雑貨を扱っているので、ざっと見学しただけ。
観光スポットなので、チープな香港土産の露店もあったりします。

b0025850_1194145.jpg

佐敦の駅の近くまで戻ると、再びネイザンロードへ。
派手な看板を見つつ、ホテルのある尖沙咀まで 一駅分歩きます。
歩いていると、突然香ばしい 甘い香りが・・・!

b0025850_123455.jpg

その店の名前を見ると、偶然にも 旅友が食事リストに選んでいたお店。
北角鶏蛋仔というお菓子屋さんの支店です。
テイクアウト専門の小さな店ですが、立ち止まって買う人が絶えません。


b0025850_127621.jpg



鶏蛋仔(ガイダンジャイ)とは
卵・小麦粉・砂糖を使った生地を
形に流して焼き上げたお菓子。

日本のベビーカステラに似た形ですが
丸いボールがシート状に繋がっていて
1枚で HK$13。半分に折って紙袋に。



b0025850_1321750.jpg

ベビーカステラと大きく違うのは、食感。外はパリッと香ばしくサクサク
中身はふんわりもちっとしていて まだ温かい焼き立てがとっても美味しい!
甘さもちょうど良く、ちぎって歩きながら食べ 残りは翌朝でも美味しかったです。

1シートで、30個分くらいあるので 1枚を2人で分けました。
どこかほっとするような 懐かしい味の香港菓子なので、どうぞお試しを。

北角鶏蛋仔 山林道分店
九龍尖沙咀彌敦道178號E舗地下(MTR佐敦駅D出口) ネイザンロード沿い
夜遅くまで営業しているので、食後のデザートにもなります。
本店は、北角(ノースポイント)の英皇道にあり。
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-31 01:44 | food -asian | Trackback | Comments(0)
香港の屋台の賑わい。ー男人街ー
b0025850_22371716.jpg

佐敦の呉松街で海の幸を満喫し、そのまま通りをまっすぐ歩くとこんな風景。
大きなテントのような建物と、路上のテーブルでで食事をする人々。
ここは、ダイパイトンと呼ばれる香港式屋台村のひとつ。

b0025850_2241371.jpg

テントの中を外から覗くと、壁はなくビニールシートで仕切られていて
あちこちに厨房もあれば 沢山のテーブルもあり、調理の湯気が立ちこめています。
左端に写っているような、ゆるゆるタンクトップのおじさんが料理をしていたり。


b0025850_22445082.jpg



女子だけで、テントの中の屋台に
入るのは ちょっと勇気がいる感じ。

屋台だから美味しいのかな・・?と
思いつつ、お腹はいっぱいなので
隣の男人街へと曲がり
賑わう路上の屋台をあれこれ見学。
麺類どれでも HK$24 と大雑把。



b0025850_22471832.jpg

男人街(廟街)周辺の路上。海鮮の店のテーブルは、大きく外に。
時刻は夜9時過ぎ、とっても賑やかで 見ているだけでも楽しい。
観光スポットなので、歩いている人も沢山。

b0025850_22545929.jpg

路上にテーブルのある大きな飲食店は、観光客にも大人気らしく
入りやすい感じですが、外国人向けだと安くはないかもしれませんね。
それにしてもすごい人。路上が居酒屋みたい。

b0025850_22583924.jpg

夜でも生温かい香港ですが、こうして路上で賑やかにテーブルを囲み
老若男女 様々な国の人々が楽しそうに食事をしている風景は 平和そのもの。
香港の街のエネルギーの源は、やはり「食」なのだと実感します。
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-29 23:05 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
香港で食べる ■2 シャコとマテ貝
b0025850_2052188.jpg

佐敦(ジョーダン)駅前、裕華國貨の角から2本裏にある呉松街
男人街に近く、飲食店も多いので、夜になると賑わうエリアです。
旅友がリサーチしてくれていた 海鮮の店を探します。

b0025850_20572722.jpg

ありました、金山海鮮酒家(Kam Shan Seafood)。
通りに大きな看板が飛び出しているので、すぐ見つかりました。
お店はというと・・・


b0025850_2101263.jpg



入り口は開きっ放しで
店員のおじさんが行き来し
2階席からも人が降りて来たり。

海鮮酒家と聞いて、かしこまった店を
想像していたら 意外とカジュアル
そしてとっても混んでいます!



b0025850_2124016.jpg




満席だから外で待つように言われ
通りに立っていると、入り口の隣では
おじさんが魚介を捌いています。
包丁でバンバンと威勢良く、
新鮮な食材をすぐに調理。



b0025850_216416.jpg




運良く5分ほどで、小さな円卓が空き
案内され ポットにはお茶がたっぷり。
青島ビールには、ピーナッツ。

店のおじさんは、日本人だと分かると
日本語で「エビ・シャコ・カイね〜」などと
簡単に説明してくれます。凄い。



b0025850_21105240.jpg



壁に書かれているメニューを見ても
さっぱり分からないので、友人が調べて
くれたメニューを そのまんま注文。
どうやら魚介は、重さで値段が決まる
ようですが 驚くほどの値段ではなさそう。



b0025850_2113239.jpg

豉汁炒蟶子 マテ貝の豆豉炒め
マテ貝は、細長い殻を持つ貝で、お皿にはその殻も並べてあります。長さ20cm以上?
豆豉(トウチ)というのは、中華風の味噌。しっかり味がついています。
初めて食べるその食感は・・・柔らかなイカのよう!美味しくてびっくり。
お酒や白いご飯にも合いそう。

b0025850_21223084.jpg

油菜
メインに行く前に、野菜もたっぷり。山盛りだったけど、もりもり食べられます。
たいていどのお店でも、日本では考えられないくらいに安い定番メニュー。

■ そしてメインは、大シャコとの格闘でした!
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-27 22:02 | food -asian | Trackback | Comments(2)
夜のネイザンロード。
b0025850_214344.jpg

糖朝でお茶をして、ハーバーシティーでさっそく買い物を済ませた頃
尖沙咀(チムサーチョイ)を南北に通る 彌敦道(ネイザンロード)にも灯りが。
昨年と比べただけでも、古い大きな看板は減っているような気がします。

b0025850_2183125.jpg

北京道から、正面には重慶大廈(チョンキン・マンション)。
昨年も同じ場所で撮っていますが、工事中だった左手の建物は 「i SQUARE」という
モールとしてオープンし、スーパー・レストラン・映画館などが入っています。
地下でMTR 尖沙咀駅とつながっているので、駅の出入口としても便利です。


b0025850_21194720.jpg



また、ネイザンロードからも見える
新しい高層ビルは 昨年完成した「K11」。
高層階はレジデンスで、24階までは
ハイアットリージェンシー尖沙咀。
下にはショッピングモールも。

九龍半島側の夜景が一変するほど
存在感のある高層ビルです。



b0025850_21322755.jpg






ここ1年でも移り変わりの大きい
尖沙咀エリアですが、賑やかなネオンと
竹の足場は今もあちこちに。
道路を工事している所も、多いです。



b0025850_2134186.jpg

ネイザンロードを北へ、佐敦の方に歩いて 裏通りに入るとさらに賑やか。
看板の数は、表通りよりもずっと多い気がします。飲食店が多いのです。
そろそろこの辺りで、夜ご飯にしましょう!
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-26 21:38 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
夏の海を見てきました。
b0025850_1952654.jpg

今朝起きると、お墓参りに行こうと言われ 浦賀へ。
お寺や、観音崎の走水神社に参拝してから
近くの横須賀美術館で、お昼を食べて 企画展を鑑賞。
美術館の前に広がる浜辺で、冷たい海水に足をひたし
夕方の海や空を、ただ眺めていました。
海風が吹いて、東京よりも爽やかな気がします。
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-25 19:52 | Travel -12 Japan 10 | Comments(0)
香港で食べる ■1 マンゴープリン
b0025850_21421539.jpg

夕方の廣東道(Canton Road)、ホテルに到着後にさっそく街歩き。 
ハーバーシティの向かいにある JCBカードのラウンジで、明日のランチを予約
してから(無料サービスで便利)、甘いものでも食べることに。

b0025850_21471369.jpg

数分でたどりついたのは この有名店。「糖朝 The Sweet Dynasty」。
昨年行きそびれたので、今回の旅の一軒目に。東京・表参道の支店には行ったことが
あるものの、本場香港では初めてでした。並ばずに階段を上がって2階へ。

b0025850_21512690.jpg

さすがスイーツの有名店、広くてキラキラした店内です。
いかにも中華風の小綺麗なインテリアで、明るい雰囲気。
買い物途中のような家族連れが多く、気軽に入れるお店のようです。

b0025850_21561042.jpg

コンパクトな2人席に案内されると、ポットのお茶が出てきました。
B級グルメ店に慣れてくると、お皿やコップがきれいなことに感心したり・・。
旅行者も多いので、日本人にも慣れていらっしゃる様子。

b0025850_21591590.jpg

さて、メニューを開くと ものすごい種類です。迷う・・!
スイーツはもちろん、飲茶や麺粥などのあらゆる料理までいろいろ。
幸いなことに 日本語と英語でも書いてあり、写真も多いので分かりやすい。

b0025850_222352.jpg

鮮蝦腸粉 HK$34
スイーツだけのつもりが、美味しそうなので飲茶も一皿。
蝦入りの腸粉(ライスクレープ)で、もっちもちの柔らかな皮に プリッとした蝦。
香港の甘めの醤油に辣油を加えて、さっぱりと美味しい。

店内を見ると、麺やお粥を食べている人や 大きな桶のスイーツを分けるテーブルも。

■ やっぱりマンゴープリンを食べないと・・!
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-24 22:42 | food -asian | Trackback | Comments(2)
ある夏の日 @Tokyo Midtown
b0025850_0245735.jpg



あまりの暑さに 食欲もないこの頃
たまにはちょっぴり贅沢ランチ。
六本木・東京ミッドタウン内の
NIRVANA New York」のブッフェへ。
4種類のインドカレーに、焼き立てのナン!



b0025850_0274649.jpg


ナンやサラダを おかわりして
締めくくりは、スイーツとフルーツ。
インド風のスパイシーなお菓子も
楽しみながら、2時間ほどのんびり。

(店内の様子は→2009年レポ



b0025850_0294833.jpg


食後に、国立新美術館まで歩き
マン・レイ展」を鑑賞。
410点にも及ぶ、写真・絵画・彫刻・・
同館で開催中の「オルセー展」と違って
混んでいないので、じっくり満喫。
アトリエの様子が興味深かったです。



b0025850_0332357.jpg


再びミッドタウンに戻り、
IDEEのカフェでひと休み。
 *マン・レイ展の半券で割引あり

館内は、夏休み期間だからか
平日でも飲食店は混雑しています。
雑貨店などをうろうろ見つつ・・



b0025850_03533100.jpg


ミッドタウンの芝生で 毎晩開催中の
MIDTOWN WATER WORKS」を
初めて鑑賞。水を高く打ち上げる水花火に
照明やレーザー光線が加わる SHOW。

霧のような水が漂ってきて、ひんやり
楽しい無料のイベントでした。〜8/29



暑いからと出かけるのも面倒になりがちですが、外に出ると色々な刺激があり
やはり面白いな・・と思えた夏の1日。 暑中お見舞い申し上げます
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-24 00:48 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(1)
The Mira Hong Kong ■5 サービスと立地
b0025850_0434292.jpg



朝の新聞のサービスには
海外版の朝日新聞
日本語でニュースが読めるのは
やはり嬉しいです。
特にリクエストはしていませんが。



b0025850_0462835.jpg



さらに、チェックイン時には
フロントでホテルの案内が書かれた
日本語のプリントを受け取りました。
5ページくらいあり、アジア圏では
珍しくきちんとした日本語で。



b0025850_049682.jpg



その他、お部屋の設備。
セイフティーボックスは、
引き出しの中にあり、ノートPC
も充電できるコンセント付き。




b0025850_0504623.jpg



冷蔵庫やポットも、テレビ下に
全て収納されています。
冷蔵庫の扉がガラスなのは珍しい。




b0025850_0532268.jpg


ミニバーも、引き出しに収納。
この方がデスクや棚の上がすっきり。



b0025850_056023.jpg


スイッチ類も、さすがに新しく
すっきりしています。
デザインにこだわりつつ、
使いやすいのがポイント。



b0025850_0585480.jpg



2枚あるカードキーは、
プラスチックのロゴ入りケース
入っています。このケースは、
ホテルでは初めて見ました。



b0025850_10385.jpg


環境保護のための カード。
シーツやタオルを交換するかどうか
円盤を回して表示するという仕組み。
これも日本語と英語で。



■ おわりに 気になる宿泊代は・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-23 01:51 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
The Mira Hong Kong ■4 バスルーム
b0025850_063425.jpg





十分な長さのあるバスタブ
蒸し暑い香港でも、歩き疲れている
時は、やはりお風呂が気持ち良いです。



b0025850_0101484.jpg





ピカピカのガラス張りですが
ブラインドが下までおりるので
安心です。しかも電動で細かく
調整できるので簡単。



b0025850_0121627.jpg




ブラインドを下ろさないと
トイレも丸見えなので、結局
ずっと下ろしっぱなしに。
それでも狭い感じはしないです。




b0025850_0135411.jpg

バスタブの水栓も、すっきりとクールなデザイン。
そして、右のハンドシャワーはスティックタイプ!
さすがに、PHソウルのようなブランドもの・・ではないと思いますが
バスルームには石を多用したり、改装には本当にお金がかかっていると思います。

■ シャワーは合計3つ・・?お湯はたっぷり出ます。
[PR]
by sumi2211 | 2010-07-22 00:51 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)