<   2010年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
香港で食べる ■8 牛モツ麺
b0025850_0395193.jpg

香港3日目の朝、ホテル(The Mira)から歩いて 近くで朝食探し。
行きたいと思っていた店が11時からだったりして、何となくたどりついたのは
源記 焼味粉麺 茶餐廰 という昔ながらの食堂のようなお店。

b0025850_0442512.jpg

店内写真がないのは、店内がすでに満席で賑わっていたから。
新聞を読むおじさん、出勤前の人、女性一人・・・常連さんが多そうな雰囲気。
テーブルに敷かれたメニューを見ると、茶餐廰なので 麺・粥・パン 何でもあり。
右側の麺メニューだけでも、ものすごい数!


b0025850_0495945.jpg




漢字のメニューとにらめっこして
指差し注文をしてみる。
伝票は、どうやら値段をメモ。
麺類は、味や具が違ってもほとんど
同じ料金らしいです。




b0025850_0522698.jpg

雲呑牛什麺 HK$27
九記で食べたような 牛バラ肉麺(牛腩麺)を頼んだつもりが、出てきたのはコレ。
牛モツ麺(牛什麺)だったのでびっくり〜。まぁ、面白いので食べてみましょう。
店頭の大鍋で 牛モツを山ほど煮ていて、この店の名物らしい。

ややグロテスクな牛モツに、びくびくしながらも 食べてみると
モツは柔らかく煮込まれ あっさりとした塩味のスープに 平打ち麺。
ハチノス(胃袋)など食べたことがなかったので、味わうというより新しい体験。
味噌煮込みではなく、塩味にオリエンタルなスパイス(五香)が効いています。

b0025850_125959.jpg

麺の下から、見慣れたエビ雲呑が出来た時には なんだかホッとしました(笑)
モツは色んな種類がたっぷり入っていて、このお値段(約320円)は安いのでは・・。
周りのおじさんたちも、朝から牛モツ麺など 麺類を召し上がっていました。

日本人の感覚だと、朝食に中華麺?と思うかもしれませんが、香港の麺類は
スープがとてもあっさりしているので お粥などと同じ感覚で朝からOKです。

■ 一方で、パンとコーヒーだって良いのです。
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-31 01:33 | food -asian | Trackback | Comments(0)
夏の小さな旅。 2010浦賀 後編
b0025850_22392962.jpg

お墓参りと神社参拝のあとは、海の見えるレストランへ。
観音崎にある 横須賀美術館内のアクアマーレです。
以前はランチコースを頂きましたが、今回はランチの時間外だったので・・

b0025850_22422479.jpg

アラカルトで、小松菜と海の幸のパスタと 野菜のバーニャカウダを。
外がとても暑かったので、店内は涼しくて生き返るようでした。
地元の野菜や海の幸を使っているそうです。

b0025850_22463142.jpg

せっかくなので、美術館の企画展もチェック。
絵本やプロダクトデザインの分野で幅広く活躍した イタリアのアーティスト
ブルーノ・ムナーリ」の展示。子どもにも楽しめるよう工夫された
とても素敵な展示で、横須賀美術館の自由な雰囲気にも合っていました。
  *美術館内の様子は 2008年のレポートへ

b0025850_22513719.jpg

美術館内でゆっくりと涼んでから、外に出ると もう夕方。
すぐ前に砂浜や防波堤があるので、散歩にもぴったり。
観音崎の灯台と影をスナップ。

■ 砂浜を歩いて、見ていたものは・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-29 23:10 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
夏の小さな旅。 2010浦賀 前編
b0025850_2323346.jpg

香港旅行記の途中ですが、ちょっと寄り道。
お盆休みには、家族で浦賀にお墓参りに行きました。
浦賀は、三浦半島の東部にあり 江戸時代にペリー来航で知られるところ。

b0025850_2326217.jpg

浦賀港は、今も「浦賀の渡し」という小さな渡し船が 港の両岸を結んでいます。
屋根がついている和風の小さな船で、のどかな風景(写真の赤い船)。
かつて造船をしていた浦賀ドックは、2003年に閉鎖されました。

b0025850_23293825.jpg

港の近くでお墓参りをしてから、観音崎方面に車を走らせ
お墓参りの時には いつも寄らせていただいている 走水神社へ。
いつの間にか、パワースポットとして有名になったみたいです・・。

b0025850_23322564.jpg

この神社が好きなのは、湧き水と 拝殿裏の神秘的な岩壁。
そして、石段から振り返ると海と空が見えること。
詳しくは、2008年のレポートに。

b0025850_23342298.jpg

拝殿よりさらに上に登ると、緑に包まれたお社も。
とても暑い日でしたが、山の空気は澄んでいて気持ちが良い。

b0025850_23364942.jpg

走水神社の境内から・・・夏の雲。

(後半につづく)
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-28 23:39 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
Kiehl's since 1851 →TOKYOのお話。
b0025850_23441013.jpg

香港で買い物して以来、すっかりファンになったコスメ Kiehl's(キールズ)。
ニューヨークで調剤薬局としてスタートしたブランドで、今では世界各国に広がり
日本にも現在7店舗。今週オープンした 新宿ルミネ2のショップを覗いてきました。

海外のショップとは品揃えが違いますが、スキンケア・ボディ・ヘアケアなど
天然由来の成分を多く含む製品がずらりと揃い、新製品をチェックするのも楽しみ。
また、環境保護や様々なチャリティに貢献するという経営理念にも 共感しています。
*参考:http://www.kiehls.jp/ 日本公式サイト


b0025850_23572038.jpg


キールズ カラーシャンプーSF
ヒマワリ種子オイル配合、アプリコットの
香り。パラベンフリー・ノンシリコンでも
髪がきしまず サラッとして良かったです。

250ml 2625yen



b0025850_021364.jpg

シャンプーは、オープン前のイベントで
予約していたのですが イベント特典で
UFラインのスキンケアセットに当選。
(ミニのクレンジング・トナー・クリーム)
エコバッグなどが当たる抽選会でした。

オープン後には、記念のクッキーも!



b0025850_053960.jpg


また、パンフレットやサンプルも
沢山いただきました。
キールズは、”体験してから購入”を
すすめているため 各種サンプルの量も
多めでしっかり試せるのが嬉しい。
旅行にも使えるし・・!?



世界各国のコスメが、東京にいながら店舗で試せて購入できるのは ありがたい。
カウンセリングや 日本語のパンフレット・成分表示等があるのも安心。
あとは、海外店舗との価格差が小さくなればもっと良いですね。

あまりに暑いので、今年の夏は 健康第一で過ごしています。
体力を落とさないために、プロテインを飲んで週2回はジム通い。
毎週 図書館に行って本を借り、頭の筋肉も鍛えつつ 夏バテ予防中。

秋の訪れが 待ち遠しいですね。           sumi
 
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-28 00:29 | Trackback | Comments(0)
香港で食べる ■7 小籠包
b0025850_0475610.jpg

ポニョの世界・・・ではなくて、夕食のテーブルの隣には水槽が。
尖沙咀の広東道沿いにある 新港中心(Silvercord)内にある人気のレストラン。
台湾で食べた小籠包の専門店 鼎泰豊(ディンタイフォン)の支店です。

b0025850_0533960.jpg

香港にはまだ2店舗しかないので、この 香港九龍新港店は 大混雑!
20:30 頃に着くと、店の外に何十人も待っている状態ですが 並ぶのではなく
電光掲示板と放送で 番号順に呼び出される仕組み。その間に注文もできたり
システマティックになっているので ストレスは少ないです。

b0025850_058793.jpg

混んでいても回転が速いので、10分ほどで呼ばれて席に。
温かいお茶は、ポットでたっぷり出てきます。
小籠包に欠かせない ショウガ・黒酢・れんげもスタンバイ。

b0025850_124393.jpg

メニューは、台湾のお店同様に親切で 写真と番号付きで分かりやすい。
小籠包以外の食事メニューも充実しているので、しっかり食べられます。

b0025850_152381.jpg

特色小籠包 HK$48 6個
定番の小籠包は、1籠に6個。台湾だと10個ですが、6個だと他の味にも
チャレンジする余裕が。いかにも「スープが入っています」というタプタプした
形がたまりません。

b0025850_194279.jpg

ヤケドしないように気をつけながら一口・・・やっぱりこれが ベスト
薄くてもちっと柔らかい皮、あっさりとした餡に スープがたっぷり。
溢れるスープには、豚肉の旨味がしっかり出ていて程よい肉の脂が。

■ 変わりダネ小籠包にも チャレンジ。
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-27 01:39 | food -asian | Trackback | Comments(0)
廣東道 ハーバーシティの夜景。
b0025850_0383399.jpg

インターコンチネンタル香港のラウンジで、ゆっくりと夜景を眺めたあと
再び海港城(ハーバーシティ)沿いの 廣東道を歩きました。
夜になると、ブランドショップのファサードが ずらりと光っています。

b0025850_0415312.jpg

こちらは鮮やかなブルーの PRADA
向かい側を歩いていたので、ディスプレイはノーチェックですみません。
そのお隣は・・・

b0025850_0425963.jpg

ゴールド系のGUCCI
ネイザンロードの巨大看板とは対照的に、廣東道ではお店自体がカラフルに。

b0025850_0455229.jpg

そんな通りで、人が立ち止まっていたのは 雑誌を売る屋台
夜間は照明付きですね!

b0025850_0473557.jpg

再び廣東道に戻ったのは、夕食のレストランに向かうため。
ハーバーシティの向かい側にある 新港中心(Silvercord)という商業ビルへ。
地下にはフードコート、上にはカジュアルファッションのお店などが入っています。
夕食はフードコートではなく、エスカレーターを上って・・・。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-26 00:52 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
インターコンチネンタル香港のラウンジ 2010
b0025850_0303034.jpg

夕暮れ時に、ハーバー沿いの星光大道を歩いたのも ここに座るため・・。
1年前に初めて訪れ、夜景の美しさに感激した Inter Continental Hong Kong
ロビーラウンジに 再び。

b0025850_0333269.jpg

天井が高く、ヴィクトリアハーバーを望む大きな窓 ゆったりとしたソファー。
180席もあるので 並ばずに入れて、周囲との距離も程よく落ち着きます。
接客は、もちろん気持ちが良く、ジャズの生演奏も心地良い。

b0025850_040237.jpg

19:00に入った時には、まだ外が明るく ほんのりと夕焼け空。
カクテルをオーダーして、のんびりと夜景を待つことにします。
2人でも、6人かけられそうな広いソファー席に案内され リラックス。


b0025850_0431822.jpg


ラムベースのカクテル HK$98
ストロベリーやライムが入っていて
見た目は甘そうですが、私にはお酒が
きつかった・・やや選択ミス。
でも場所代だと思えば安いものです。

ナッツとオリーブは、小皿に山盛り。
ドリンクメニューが何ページもあり
多すぎて迷うほど。(英語)



b0025850_0481761.jpg

19:30頃になると、すっかり陽が落ちて ビルに灯りがともり始めました。
それでもまだ 香港島の山々の稜線が見えていますね。
手前の星光大道を歩く人が、徐々に増えていくのが分かります。

■ 夜になると、ドラマティックな夜景を楽しめます。
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-25 01:21 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
夕暮れ時に「星光大道」を歩く。
b0025850_0323775.jpg

九龍半島の最南端 ヴィクトリアハーバー沿いのプロムナード。
香港に着たら、やはりここは何度でも歩きたい星光大道
ブルース・リー(李小龍)の像のまわりは、いつも人だかり。

b0025850_0355192.jpg

今回は、尖東駅近くの展望デッキから香港島を眺めてみました。
西側のフェリーピアから見える景色(上環〜中環)とは方向が少し違うので
東寄りの湾仔〜銅鑼湾あたりがよく見えます。

b0025850_0435417.jpg

展望デッキの近くには、星光大道に面したショップやレストランも。
ここの2階のスターバックス、開放的で気持ちが良さそうです!

その隣 グリーンシートがかかっているのは、新世界中心というショッピングモール
ですが 取り壊しが始まっていて、隣のルネッサンス・カオルーンホテルは閉館。
去年美味しいディナーを頂いた 満福楼(Dynasty)もクローズしていました・・。 
たしかに、この辺りのビルは老朽化が目立ちます。

b0025850_0525812.jpg

また、プロムナード側から 尖沙咀を振り返ると、ハイアットリージェンシーが
入った 新しい高層ビル K11の存在感があります。(写真中央)
1年ぶりに訪れて、こんなにもあちこち変わっていることに驚いた今回。

■ ヴィクトリア・ハーバーの夕焼けも 素敵です。
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-24 01:13 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
黄大仙へ参拝に。 Wong Tai Sin
b0025850_0165676.jpg

今回の旅では、友人とは別行動の 自由時間を何度かとっていたので
1人で買い物のあと、香港最大の寺院「黄大仙」に行ってみました。
チムサーチョイからは、途中でMTR観塘線に乗り換えて 約20分ほど。
黄大仙駅のタイルは、ちゃんと黄色ですね!

b0025850_0232850.jpg

改札を出てから、黄大仙と書いてある出口を出ると 縁起物やお土産を扱う
アーケードがあり 少し覗いてみました。
そのまま建物の2階へ上がってみると・・・

b0025850_0253483.jpg

そこは占い師がブースを構える 占い横丁
平日の夕方だったので、ほとんどシャッターが降りていましたが
占いをしているところもありました。なるほど。

b0025850_0275743.jpg

そのアーケードから出て、お寺の入り口を探していると
駅前には高層マンション群が。駅に隣接したショッピングモールもあります。
どうやらお寺とは逆方向に来てしまったようで、再び戻り・・・

b0025850_0302174.jpg

駅の出口の近くで、黄大仙の正門(第一洞天牌坊)を発見。
すぐ近くでした・・。門の前には、観光バスなども停まっています。
回り道して時間をロスしたので、駆け足で境内へ。

b0025850_0334628.jpg

香港最大の寺院と呼ばれるだけあり、境内は公園のように整備されていて
参拝順路に沿って歩くようになっています。入場は無料。
噴水があったり、小さなお堂やいくつかの廟が点在。改装中のところも。

■ そして本堂で祈ったことは・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-23 01:08 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
やっぱり香港では買い物。 ー海港城ー
b0025850_062784.jpg

飲茶ランチでお腹がいっぱいになった後は、散歩ついでにお買い物。
王子飯店のあるワン・ペキン前から、廣東道を渡れば 香港最大のモール。
海港城Harbour City)は、今回もチェック。
ブランド路面店の間に、モールの入り口が何か所かあります。

b0025850_0111043.jpg

去年はセールの最中でかなりの割引率だったのですが、今年はまだセールが
始まったばかりの時期で(6月上旬)、セールのお店は少なかったです。
そこで、去年見逃していた高級スーパーや書店などを覗いてみたり・・。


b0025850_0154260.jpg

そして Kiehl'sで購入。
半分はお土産に頼まれたもの。

ABYSSINE CREAM  HK$405
Powerful-Strength Line-
REDUCING CONCENTRATE HK$560
AÇAÍ DAMAGE-CORRECTING MOISTURIZER
など、日本よりも3割ほどお得。


b0025850_0265692.jpg


しかも、海港城のKiehl'sでは
こんなに沢山のサンプルとギフトを
付けてくれました。
たっぷり試せるサイズで嬉しい。
キールズは香港内に、10店舗以上。



■ 帰りのスーツケースは、DVDでいっぱいに・・?
[PR]
by sumi2211 | 2010-08-22 01:13 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)