<   2010年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧
巾着田 曼珠沙華公園 満開の花。
b0025850_23284695.jpg

彼岸花の見頃が、まもなく終わってしまうので 緊急レポートします。
昨日(9/29)の昼頃、西武秩父線 高麗(こま)駅で下車。
曼珠沙華まつりの期間中は、駅前がイベント会場になっていて 案内図などを配布。
駅前に朝鮮風の塔が建っているのは、高麗の歴史に関係があります。(詳しくは次回)

b0025850_23221449.jpg

人の流れに沿って、民家や田畑の間を歩いて15分。
その歩道には、野菜や手作りの民芸品の露店がでていて 楽しい雰囲気です。
会場は、巾着田と呼ばれる 蛇行した高麗川に囲まれた田園地帯。

高麗川(こまがわ)のほとりを歩いて、曼珠沙華公園に向かいます。
その途中の土手にも、彼岸花(曼珠沙華)の群生が。川もとてもきれいでした!

b0025850_2328355.jpg

曼珠沙華公園の入口あたり。
真っ赤な彼岸花が、高麗川に沿って約100万本も群生しています。
公園といっても遊び場があるのではなく、群生地の遊歩道を歩く公園です。
彼岸花の見頃の約1か月間は 入場有料(1日200円)。今年は10/10までの予定。

b0025850_23353141.jpg

公園内に入ると、遊歩道は人がいっぱいですが あたり一面の彼岸花。
遠くに見える人の小ささからすると、どれだけ広範囲か分かるでしょうか?
この早咲き群生地は、ちょうど満開〜やや終わりでした。

b0025850_23383923.jpg

急な誘いで、自分のカメラを持っていなかったので 画像が悪くてすみません。
でも、これほど沢山の彼岸花の群生を見たのは初めてで 驚きと感動は大きく
「わざわざ観にきて良かったなぁ」としみじみ。



■ 花は こんなところでも生きています!
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-30 23:54 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
お知らせ! 第6回「旅の記憶-travelogue-」写真展
b0025850_23515398.jpg


当ブログの6周年を記念し、10/6(水)より6日間
小さな "旅の写真展"を開催いたします。

第6回を迎える今年も すでに毎年恒例の合同展
『彼女達の手仕事展』に 旅の写真で参加するもの。
会場は、東京・谷中の有形文化財指定
蔵と民家のギャラリーです。

本展は、art-Link ueno-yanaka2010(エリアMAP)
というアートイベントにも参加しており
アートリンク期間中は 上野・谷中地区の
あちこちで 国内外からの様々な展示も。
下町風情の残る町、谷中の町歩きをしながら
気軽にアートを楽しんでみませんか?


会期中の様子も、こちらのBlogでお伝えする予定。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひ遊びにいらしてください。

                      2010年9月   sumi



■ 写真展の詳細は こちらをクリック。
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-30 00:01 | お知らせ | Comments(0)
曼珠沙華まつり @巾着田
b0025850_1893814.jpg

本日は、埼玉県日高市の巾着田に 彼岸花を見に。
曼珠沙華公園の100万本の彼岸花は、いまが見頃!
初めて見る真っ赤な絨毯に、驚きました。「こんなに沢山見たことない!」

コスモス畑や、河原もきれいでのどかな所です。
周辺は、高麗(こま)の郷と呼ばれ 1300年ほど前に
高句麗(朝鮮)からの王族や渡来人が移住した地。
高麗神社を訪ね、その長い歴史を知りました。
高麗人参やキムチ入りの名物「高麗鍋」を頂いて、日帰りです。
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-29 18:09 | Travel -12 Japan 10 | Comments(0)
JATA 世界旅行博 2010 ■その3
b0025850_0584956.jpg


旅行博2010 ラストです。
アジア以外の地域も見てみましょう!
トルコ」ブースは、カッパドキアの
奇岩のような造形の凝ったつくり。
ステージも賑やかで、人気でした。



b0025850_11267.jpg


中東の「オマーン」も、カスバの
ようなユニークなつくり。
目立ったイベントは無かったようですが。
その他の中東ブースは、航空会社の
豪華さが見ものでした。



b0025850_145772.jpg


そして、素敵だったのは「アブダビ」。
砂漠のテントをイメージしたブースと
パンフレットやカードのセンスが良い!
さっそく部屋に飾りました。
こういう宝探しが楽しいのです。



b0025850_1105398.jpg



打楽器のリズムが賑やかだったのは
南アフリカ共和国」などアフリカ諸国。
モロッコ・チュニジア・エジプトなど
地中海エリアも このあたりに。



b0025850_1133871.jpg


スイス」のブースは、カラフル。
イタリア・スペインなど ヨーロッパ諸国は
旅の資料が豊富に揃っています。
今年はクロアチアのブースが広いと思いました。



b0025850_116624.jpg


ヨーロッパのブースで、つい集めて
しまうのが英語や現地語の地図

地方ごとなどの詳細なものも手に入ったり
するので、地図好きにはたまりません。
今まで訪れた地域を中心に、今年も
こんなに沢山頂いてしまいました。



■ さて、旅行博に来年も行きますか・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-29 01:37 | 旅の話 | Trackback | Comments(0)
JATA 世界旅行博 2010 ■その2
b0025850_19353060.jpg


ここ数年は、アジア旅行ばかりして
いるので 旅行博でもアジアのブースを
重点的にチェック!

一番大きい「韓国」ブースは
地域ごとに分かれていてイベントも多く
ずっと混んでいます。さすがの人気。



b0025850_19382652.jpg


その次に大きく見えたのは「台湾」。
ステージでは、伝統舞踊や足ツボマッサージ。
中華航空ブースでは、羽田ー台北便を
PRしていて 航空券の抽選も!
地方やホテルなど 様々な出展があり
観光客誘致に力を入れている感じです。



b0025850_1944843.jpg



こちらも大きな 「マカオ」ブース。
昨年と同じく、マカオ料理のレストランに
なっていて長い行列ができていました。
向かいの香港ブースは小さくて ちょっと残念。



b0025850_19461261.jpg



メディアでも報道されていましたが
「その都合により」出展中止の中国
入り口すぐの広いエリアが、がらんと空洞に。



■ 東南アジアの各国は、パフォーマンスが見どころ。
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-27 20:16 | 旅の話 | Trackback | Comments(0)
JATA 世界旅行博 2010 ■その1
b0025850_196740.jpg


今週末に開催された「旅行博2010」。
今年も遊びに行ってきました!

場所は同じく、東京ビッグサイト。
約130の国と地域が出展し、来場者は
11万人を超える 旅行関連イベントです。
入り口は、空港ゲート風。
前売券は1000円。



b0025850_19105185.jpg



不況の影響があるかな?と思ったら
今年もなかなか盛況でした。
人気のイベントや抽選会には
長〜い行列も。
広いので目的を絞って歩きます!



b0025850_1913593.jpg



まず私が探すのは、航空会社のブース。
JALブースは、試せるシートが沢山あり
ワンワールドのモデルプレーンを展示。
クリアファイルを頂きました。



b0025850_19155885.jpg



すぐ近くの ANAブース。
新しいビジネスクラスのシートを
大きく取り上げています。
スターアライアンスのスペースは
去年より小さいような・・。



b0025850_19183310.jpg



こちらが、新しいビジネスクラス
ANA BUSINESS STAGGERED」。
17インチのワイドスクリーンが大きくて
びっくりしました。PC画面みたい。



b0025850_19201313.jpg


ANA(スタアラ)ブースの前で配っている
スタンプラリーパスポートを持って
会場内の16のブースを全部廻ると
STAR ALLIANCE ブックカバー」が
先着でもらえます。(去年は風呂敷
合革・型押しの 実用的な文庫本カバー。
本好きなので、これは嬉しい。



■そのほか、空港ブースやLCCのブースもありました。
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-26 19:56 | 旅の話 | Trackback | Comments(0)
香港で食べる ■10 雲呑麺
b0025850_21482614.jpg

香港に来て、雲呑麺を食べずには帰れない・・!
という訳で、3日目の遅めのお昼は 雲呑麺の老舗へ。
中環・威靈頓街 ヒルサイドエスカレーターの近くにある 麥奀雲呑麺世家

b0025850_21512368.jpg

麺メニューがずらり。ジャージャー麺などもあるようです。
ここは迷わず、定番の「世家雲呑麺」を指差し注文。
コップでお茶も出てきます。

b0025850_2155622.jpg

世家雲呑麺 HK$28
ご飯茶碗のような小ぶりの器に、麺が山盛りに!
透き通ったスープに 雲呑(ワンタン)はなし・・・?かと思ったら
ちゃんと下に埋まっていました。

b0025850_21573893.jpg

香港で雲呑麺といえば、蝦ワンタンです。麺の下に、4個も。
さっぱりとしたスープに、プリプリの蝦の風味が豊かな雲呑は 素敵な組み合わせ。
コシが強くて細い卵麺。シンプルな美味しさに、感動しました。

おやつにも食べられそうな量なので、お腹がすいていたら2〜3杯いけるのでは。
材料にこだわっているそうで、香港の麺ではややお値段高めな設定ですが
これならまた食べたいと思う 好みの雲呑麺でした。
 

■ 雲呑麺と・・・お野菜も一緒にどうぞ!
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-25 22:19 | food -asian | Trackback | Comments(3)
中環(セントラル)の洋館と街歩き。
b0025850_13474241.jpg

蘭桂坊エリアからすぐ、Hotel LKFの前の Wyndham Street(雲咸街)を東に。
5叉路のような交差点には、レンガ造りのユニークな建物が。
1890年に倉庫として建てられたもので、現在は フリンジ・クラブ(藝穂會)という
バー・ギャラリー・シアターのあるアートな空間になっているそう。

b0025850_13525725.jpg

こちらは昼間の写真。急な坂道にあることが分かるでしょうか。
中環の駅前に向かって、タクシーがどんどん降りて行きます。
上環〜中環のあたりは、こうしたイギリス統治時代のコロニアルスタイルの洋館が
今も残り 文化財として保存されています。

b0025850_13583595.jpg

フリンジクラブと同じ交差点。坂の上には、教会も見えます。
しかしこの辺りは、道のアップダウンが大きく 信号待ちも斜めに立つ感じ。
ひたすら下っていけば駅やビクトリア湾の方向なので、道には迷いませんが・・。

b0025850_1412612.jpg

滞在3日目、午後は中環で各自自由にショッピング。
The Landmark(置地廣場)は、相変わらず美しく気持ちが良い。
友人がハイブランドのお買い物中に、私は HMVで中華系DVDを物色。
買い物してもすぐにホテルに荷物が置ける立地で、便利でした!

b0025850_1492621.jpg

お昼ごはんが まだだったので、中環をぶらぶら歩き
ヒルサイドエスカレーターの近くまで。美味しい有名店がいっぱいのエリアで
今回選んだのは・・・?  (つづく) 
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-24 14:12 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
おかげさまで6周年! ありがとうございます。
b0025850_2202038.jpg

2004年9月13日に、この「旅の記憶-travelogue-」は始まりました。

早いもので、それから6年が経ち 無事に6周年を迎えることができました!
自分でも気がつかず 数日が過ぎてしまい、お礼が遅くなりました。
現在までの記事数は2125件、アクセス数は のべ26万人を超えています。
これまで訪れてくださった 全ての皆様に 心から感謝いたします。

来月 10/6(水)-13(月祝)には、毎年恒例の小さな写真展を東京・谷中で
開催します。お立ち寄りいただければ幸いです。(詳細はまた後日)



b0025850_226358.jpg


自分は今まで「蠍座」だと思っていたの
ですが、出生時刻まで調べると 実は
射手座」であることが分かりました。

そして、この本を読んで 自分が射手座
なのだと実感する言葉の数々に驚き
」との深いつながりを知ったのでした。

 

■ 射手座と旅の関係に・・・なるほど!?
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-22 22:35 | お知らせ | Comments(8)
ランカイフォンの夜。 ー蘭桂坊ー
b0025850_2393482.jpg

中環の駅前から、坂道を上って数分のエリア 蘭桂坊(Lan Kwai Fong)。
香港では有名なナイトスポットで、バーやクラブが並んでいます。
集まっているのは、ほとんどが欧米人。ビジネスマンや旅行者など・・。
外国語の看板が多く、香港の他の繁華街とは雰囲気が違います。

b0025850_23134823.jpg

6月中旬、W杯開催中だったので バーやレストランでも観戦ムード。
大きなテレビがあったり、看板にも力が入っています。
ちなみに街でも、この時はサッカー関連の広告は多かったです。

b0025850_2319999.jpg

どの店からも、ズンズンと重低音の音楽が流れていて とっても賑やか。
路上のテーブルも全部埋まっていて、昼間の静けさが嘘のようです。
一本路地に入っても、この賑わい。

b0025850_23224055.jpg

香港人も見かけますが、英語で話していたりするようです。
東京で言うと、六本木みたいなところでしょうが 怖い感じはありません。
むしろ、ホテルに戻る時に 夜遅くても人が多くて安心でした。
巡回しているおまわりさんも よく見かけます。

■ 果たして この賑やかさは何時まで・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2010-09-21 23:38 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)