<   2011年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
今年も さくら咲く。
b0025850_1948293.jpg


昨日 3月28日、東京でもソメイヨシノの開花が発表されました。
近所のお稲荷さんの庭にある桜は、すでに見頃を迎えていました。

これから満開へと咲く 全国各地の桜が、希望へとつながりますように。
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-29 19:59 | Travel -13 Japan 11 | Trackback | Comments(2)
岩手県大船渡産の わかめ。
b0025850_1535129.jpg


我が家の冷蔵庫には、岩手県大船渡産
わかめ」の新芽が入っています。
震災後に 都内のスーパーで購入したもので
手に取った時に、津波にのまれた大船渡市や
避難中の方々の様子が思い浮かびました。
大切にいただきます。

一時的な募金や節電だけでなく、生活の中で
長期的に継続した支援の方法を考えていこう
と思います。農業・漁業・畜産・資源など
被災地との つながりを想って・・・。

              sumi
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-27 15:55 | Diary | Trackback | Comments(0)
建築家・白井晟一展 @汐留ミュージアム
b0025850_2059517.jpg

カレッタ汐留46階から、首都圏を眺めました。
浜離宮には菜の花が咲き、北にはスカイツリーも。

都内も余震や計画停電があるため、仕事以外 ほとんど家にいましたが
今月中に終わってしまう展覧会や、買い物の必要もあり久々に外出
都心では節電があちこちで見られるものの、落ち着きを取り戻している様子。
表面的には以前と変わらない街の様子に、何か違和感のようなものを感じました。


孤高の天才と言われた哲学的な建築家 「白井晟一 精神と空間」展。
 汐留ミュージアムにて 3月27日まで。結構混んでいます。
美しい設計図や建築写真にとどまらず、多才な白井氏の書道作品や
装丁作品、深いエッセイの数々が印象的。哲学者であり、詩人や禅僧のような。

不安な日々は続きますが、日本を活性化させるためにも(的確な言葉が見つかりませんが)
少しずつでも、様々な事に動き始めようと思います。

連日アクセスしていただいているので(ありがとうございます)
今後しばらくは 身近な日記を、気まぐれに更新する予定。
'10 奈良旅行記の再開は、もうしばらくお待ちください。


一日も早く、日本列島に暖かい春が訪れますように…。   sumi




■こちらも引き続き
イーココロ!クリック募金

↑ 東北関東大震災 緊急支援 イーココロ!クリック募金
募金先を選んで 1クリックで1日1円 募金ができます。


■ prayforJapan.jp・・地震発生後に投稿された 国内外からの心に残るつぶやき


このたび 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
被災された皆さまに 心からお見舞い申し上げます。
また、懸命に救援活動・救急救命に携わっておられる皆さまに 心からの敬意を。
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-25 20:59 | Art & Cinema | Comments(0)
空を見上げて 祈ること。
b0025850_0433245.jpg

この祈りが 届きますように・・・。

空を見上げると、祈るような気持ちになります。
できることはわずかでも、まずはいつも通りに日常を過ごすこと。
そして、様々な感情や想いを 時間をかけて整理しようと思います。
その先にはきっと 輝く光が見えるはずと 信じています。

                          sumi
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-21 01:09 | Travel -13 Japan 11 | Comments(0)
支援物資を届けるために…。
b0025850_125962.jpg

宮城県沿岸部にご家族がいる方の呼びかけで、都内から支援物資を
運ぶ車を出すことになり、急遽 我が家でも物資の調達を行いました。

赤ちゃん用品、カイロ、マスク、消毒液、ウェットティッシュ、レトルト食品など。
旅先のホテルから持ち帰った 沢山の歯ブラシセット(もちろん未開封)も。
仕分けと梱包をして、被災地まで直接 車で運ぶそうです。
受け入れ先とも きちんと連絡がとれていると聞きました。

津波で壊滅的な被害を受け、避難されている方も多い町です。
被災された皆さまの元に、早く無事に届きますように…。


追伸:なお現在、個人で支援物資を送ることは難しく 各都道府県が窓口となって
   受け付けています。ご注意ください。(→例えば 東京都のHP3月末まで )
   支援物資が被災地の負担にならないよう、ご配慮をお願いいたします。



■こちらも引き続き
イーココロ!クリック募金

↑ 東北関東大震災 緊急支援 イーココロ!クリック募金
募金先を選んで 1クリックで1日1円 募金ができます。


■ prayforJapan.jp・・地震発生後に投稿された 国内外からの心に残るつぶやき


このたび 亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに
被災された皆さまに 心からお見舞い申し上げます。
また、懸命に救援活動・救急救命に携わっておられる皆さまに 心からの敬意を。
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-19 01:25 | Travel -13 Japan 11 | Comments(0)
2011-3-11 東日本大震災の記憶。


被災された皆さまに 心よりお見舞い申し上げます。
被災地の1日でも早い 救援と復旧を祈っております。


甚大な津波の被害に続いて、余震、停電、原発の問題など 不安な日々が続き
本当に大変なことになってしまったと 今もまだ混乱しています
何かできることはないかと思いながらも、冷静さを保つことに精一杯で
自分の無力さを感じています。まずは 節電や募金からはじめます。



そんな自分が今すべきことの一つが、震災当日の記憶を書き留めること。

これまで東京で暮らしてきて、初めての大規模な混乱で 都市の脆さや
怖さも浮き彫りになりました。地震による直接的な被害は受けていないものの
人それぞれの体験を聞くにつれ、自分の記憶も留めなければと思いました。


以下、きわめて個人的な 震災の記録(長文)になります。

■首都圏に帰宅難民発生。そのとき私は・・・
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-16 03:45 | Travel -13 Japan 11 | Comments(0)
東日本地震発生から 3日目。
被災地の皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

日常生活に戻っておりますが、なぜかネットが重くて繋がりません。
節電の要請もありますので、数日は更新をお休みします。
もう少し落ち着いたら、地震発生時の記憶を書き留めたいと思います。

日々、悪夢のような惨状が伝えられていますが どうか希望を強く持って
一日も早く救援、復旧されますように。
節電や小さな支援からでも、助け合いましょう。

1人でも多くの人に、再び明るい笑顔が戻ることを願って…。 sumi


追記:3/15午前 やっとネットが使えるようになってきたので、今夜更新予定。
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-13 14:53 | お知らせ | Comments(0)
とりあえず無事です。


いま帰宅しました。
家の中の物が少し散乱していますが、異常はないようです。

地震発生時、1人で外出していて 家まで3時間 外を歩いて帰って来ました。
ニュースを見ていないので、まだ状況を把握できていません。
家族の安否は やっと確認できました。

海外からも安否確認のお電話をいただきました。ありがとうございます。
皆さま、ご無事でしょうか。とても心配です。

東日本被災地の 一刻も早い救援と復旧を お祈り申し上げます。


 I am safe ! Don't worry.  sumi (地震発生から7時間後)
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-11 21:49 | お知らせ | Comments(8)
みたらい渓谷を歩く。 その5
b0025850_23581872.jpg

みたらい渓谷、天ノ川の水面。
絶えず流れる水を眺めていると、心の底からすっきりとします。

b0025850_03158.jpg

合流地点を過ぎると、山上川の上流へと遊歩道は続いています。
御手洗橋を渡ったあたりからは 美しい滝の連続!
滝壺の青の深さに、見とれてしまいました。

b0025850_064029.jpg

上流へと進むと、次第に川幅が細くなっていきます。
洞川温泉側から歩けば下りですが、私たちは逆ルートでひたすら上り。
コース前半は平坦ですが、後半は上りが続きます。


b0025850_0135696.jpg








哀伝橋の下からの眺め。
奥にも、もう一つの吊り橋が。



■ たくさんの滝と吊り橋の連続で・・・。
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-11 00:40 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
みたらい渓谷を歩く。 その4
b0025850_23454639.jpg

いよいよハイキングコースのハイライト、みたらい渓谷へ。
スタート地点から2.7km 大小様々な滝と巨岩を縫って清流が流れる「みたらい」。
その渓谷をいくつもの橋を渡って歩きます。

b0025850_23594919.jpg

老朽化した吊り橋は、なかなかスリリング。
足元には、ごうごうと勢い良く清流が流れています。
歩くとユラユラ揺れるので、高所が苦手な方には厳しいかも。

b0025850_022271.jpg

吊り橋を渡ってから、みたらい渓谷という看板に従って坂を下ると
河原まで下りることができます。


b0025850_043925.jpg








みたらい渓谷。

大峯山(山上ヶ岳)から湧き出ている
山上川に、弥山川と川迫川が合流し
天ノ川となる地点。
紅葉の名所としても 有名だそう。
奥に見える吊り橋は、上の写真の橋。



■ 澄んだ川の水に 足を浸してみました。
[PR]
by sumi2211 | 2011-03-10 00:45 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)