<   2011年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧
薬師寺 その2■ふたつの塔
b0025850_183576.jpg

写真手前から、西塔・金堂・東塔の並び。
金堂は、二重二閣に裳階(もこし)をつけ 龍宮造りと呼ばれる鮮やかさ。
その金堂には、白鳳時代の国宝・薬師三尊像が並んでいます。
法隆寺や東大寺と並び、歴史の教科書によく登場される仏さま!
ブロンズなので、1300年ほど経ていらっしゃるとは驚きの艶でした。


b0025850_1225632.jpg




国宝・東塔

白鳳時代(伝730年)に創建された 三重塔。
裳階(もこし)と呼ばれる小さな屋根が
あるため6重のように見えます。
屋根の頂上の水煙には、24体の飛天の
透かし彫り。(肉眼では見にくいですが・・)



b0025850_1355051.jpg

東塔を下から見上げてみる・・と、さすがに傷みが見えます。
今年(2011)から2018年までの間、明治以来1世紀ぶりの解体修復
行われる予定で、7月現在は構造の調査などが行われているようです。
来年度には解体が始まるので、その前に見ることができ良かったです。(2010.11)

b0025850_1401484.jpg

そして、東塔から金堂を挟んで向かい側には 西塔があります。
こちらは、江戸時代に消失したものを 昭和56年に復興させたもので
金堂や大講堂と意匠を統一し、白鳳様式で現代に蘇らせています。

これらの薬師寺の伽藍再建の棟梁は、宮大工西岡常一氏(1908-1995)。
奈良に生まれ、法隆寺の解体修復も手がけ「最後の宮大工」とも呼ばれる西岡棟梁。
私が高校生の頃に、西岡棟梁の『法隆寺を支えた木』『木に学べ』等の著書を読み
深く感銘を受けたため とても尊敬している方です。


法隆寺の棟梁が受け継ぐのは口伝のため、文字にはされていないのですが
西岡棟梁の言葉からは、人として大切なことや 自然との関わり方 先人の知恵等
大工でなくても学ぶことが沢山ありました。「木を組むには人の心を組む」のが
棟梁の役目であり、「木のクセを見抜いて 適材適所に使う。」こと。

樹齢1000年のヒノキを使えば、堂塔は1000年持つ。でも今の日本にはそうしたヒノキが
残っていないため 台湾まで買いにいかなければ・・というお話はショックでした。
また、木材は 建築物となってからも生き続けているのだと教わりました。

■ 棟梁の言葉と 薬師寺のこれから。
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-31 03:32 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
薬師寺 その1■白鳳伽藍
b0025850_23473898.jpg

唐招提寺から 西ノ京駅方面に歩いて戻り、7〜8分。
法相宗大本山・薬師寺に到着です。閉門まで1時間ちょっと
薬師寺の伽藍も とても広いので、ある程度時間が必要です。

b0025850_23523984.jpg

駅に近い北受付から入ると、最初に通る大きな建物は「大講堂」。
突然現れるスケールの大きさに、ただただ圧倒されます。
薬師寺の歴史は、680年 天武天皇の発願に始まりますが 1300年もの間に
たびたび災害を受け、江戸時代には東塔以外のお堂が焼けてしまいました。

そして、昭和になって失われた薬師寺白鳳伽藍の復元が始められ 平成15年には
この大講堂も復元完成し かつての伽藍が蘇ったのです。

b0025850_06935.jpg

伽藍最大の大講堂は、正面が41mもあり 学僧が教典を学ぶ場所でした。
現在の建物は、復元されたばかりの新しいものですが、講堂内には 白鳳時代の
弥勒三尊像(重文)などが安置されています。国宝の仏足石など盛りだくさん!

b0025850_0163664.jpg

そして、その大講堂の真正面には 復元された金堂が。
その両脇に、白鳳時代から残る東塔(左)と 復元された西塔(右)がひかえ
1300年の時を超えた世界を 見事に再現。

b0025850_0245025.jpg

唐招提寺の平成大修理より以前に、学生の頃から関心を持って見守っていた
西塔や金堂の復元復興については、個人的な思い入れがあるので 次回ゆっくり。
実際に完成した建物を目にすると、いろいろな思いが浮かびました。

■ 薬師寺の「仏像」の特徴と印象は・・?
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-29 01:00 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(2)
唐招提寺 その3■天平香
b0025850_23524324.jpg

唐招提寺のお庭が こんなにきれいだとは、知りませんでした。
国宝の仏像や建築のイメージが強かったのですが、ゆっくりと境内を歩くと
緑の美しさに心が落ち着きます。

b0025850_23575345.jpg

南大門のそばには、大きな蓮池(弁天池)も。
夏には、白や淡いピンクの蓮の花が咲くそうです。
ちょうど今頃(7月下旬)が見頃です。

b0025850_2359572.jpg

最後に名残惜しく、もう一度 金堂の仏さまを拝んで
また必ず来ます!とお別れして 再び南大門をくぐりました。
薬師寺の門が閉まる前に、お隣に行かなくてはならなくて・・。

■ 唐招提寺は おみやげも充実していました。
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-28 00:31 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(2)
映画「蜂蜜」の静かな世界。
b0025850_02241.jpg

銀座テアトルシネマで トルコの映画「蜂蜜」を鑑賞。

ベルリン国際映画祭で金熊賞など、多数受賞した作品で
森林に囲まれた山に暮らす、6歳の少年ユスフと養蜂家の父の静かな会話、
蜂の羽音、鳥のさえずり、森や川の音。BGMは無く 自然の音だけ。
眼差しで語る 少年の可愛らしさに 引き込まれました。物語というより詩的な世界。

五感が研ぎ澄まされ 森林浴をしたかのような不思議な作品です。
ユスフ三部作の「卵」「ミルク」も観たくなりました。
ぜひ映画館で、耳を澄まし 深い森の世界に浸ってください。
  *公式HP http://www.alcine-terran.com/honey/ (音が出ます)
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-27 00:02 | Travel -13 Japan 11 | Comments(0)
唐招提寺 その2■鑑真和上の御廟
b0025850_23561152.jpg

金堂の裏側へとまわると、金堂と同じくらい大きな講堂(国宝・奈良時代)があり
その間には、鎌倉時代の鼓楼(こちらも国宝・写真右)が。
その後ろには、南北に長い礼堂(重文)もあり、どこから見ても壮観。

b0025850_021318.jpg

さらに、礼堂のそばには 校倉造りの宝蔵と経蔵
どちらも奈良時代(8C)に建てられたもので、国宝。
さりげなく凄いものが残っている唐招提寺です。

b0025850_05102.jpg

高床式・校倉造りの経蔵は、唐招提寺で最も古い建物
写真は、宝蔵で 経蔵よりも一回り大きいようです。
昭和になってから、文化財保管のため コンクリート造の新宝蔵も近くに建設。

b0025850_0125144.jpg

境内を北側の奥へと歩いていくと、徐々に緑が多くなります。
本坊など、一般公開されていない部分もあるのですが 塀越しに
染まり初めの紅葉が見えて 素敵です。

■ 鑑真和上が 穏やかに眠るところ。
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-26 00:48 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
唐招提寺 その1■金堂
b0025850_2235064.jpg

南大門をくぐり境内に入ると、真正面に見えるのが 国宝・金堂
2000年から10年がかりの平成大修理が行われ、2009年秋に完了したばかり。
建物を全て解体し、組み直す様子をドキュメンタリーで見ていたので
訪れるのを楽しみにしていました。

b0025850_22433484.jpg

解体修理の過程で、軒の木材が天応元年(781)に伐採されたものであることが
新たに分かったり、屋根裏に補強材も加えられたそう。
歴史を刻んだ古い柱が、美しく蘇ったのを目の前にし 10年の歳月を想いました。
後世に残る仕事をされている方々を、尊敬します。

b0025850_22532612.jpg




実際のところは、ほとんどの人が
金堂内陣の仏像を拝んではすぐに
次にいくので、柱や屋根をじっくりと
見上げている人は少ないようでした・・。

創建は奈良時代(8C後半)の国宝です。



b0025850_2258221.jpg


内部は撮影禁止のため、ポストカードより。
金堂には、薬師如来像・盧遮那仏坐像
千手観音立像
(いずれも国宝)が並び
圧倒される迫力。それらの仏像も、このたび
運び出され解体修理で 生まれ変わりました。
(一本一本 御手を外したそうです!)



b0025850_2352543.jpg

金堂の内陣には入れないので、ネット越しに覗くようなかたちでしか拝めないの
ですが、千手観音や盧遮那仏の優しく穏やかな表情を見つめ 安らかな気持ちに。
順位はつけられませんが、私の「好きな仏さま」の かなり上位に決定!
その素晴らしさも、金堂内陣の空間に調和してこそ・・と思います。

b0025850_23105038.jpg

唐招提寺は、鑑真和上によって開かれた修行道場が始まりで、律宗総本山。
奈良時代に建立された金堂・講堂のほか、経蔵や礼堂など貴重な伽藍を残しています。
広い伽藍をゆっくりと一周してみました。 (つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-24 23:25 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
西ノ京から唐招提寺へ。
b0025850_22321734.jpg

高畑をあちこち散策した後、市内循環バスで近鉄奈良駅に戻り
近鉄で大和西大寺へ。駅の手前で、近鉄奈良線は平城宮跡を横切るのですが
平城遷都1300年祭の最終日だった この日(11/7)、会場には行列が。
はるか遠くに見える 第一次大極殿まで人の流れが続いていました。

時間があればイベント会場を見ようかと 思っていたのですが、あまりの
混雑ぶりに断念。8月は暑さで諦めたので、結局見ることはありませんでした。

b0025850_2240645.jpg

大和西大寺駅で下車せず、乗り換えて西ノ京へ。
西ノ京は、駅前に薬師寺 徒歩6分ほどで唐招提寺という
ふたつの大きな寺院が並ぶ町(ともに世界遺産)。

b0025850_22433753.jpg

まずは、駅から北にまっすぐ歩いて 唐招提寺へ。
古美術店が何軒かあるだけの 静かな通りで、周囲には田畑も。
バスも通っていますが、乗るほどの距離でもないと思います。

b0025850_22464710.jpg

唐招提寺は、今回の旅で一番訪れるのを楽しみにしていたお寺です。
国宝の金堂は、2009年秋に10年がかりの大修繕を終えたばかりで
そのドキュメンタリーなどを観ていたので 実際に拝観したかったのです。


b0025850_22495893.jpg




南大門の前の郵便ポスト
ポストの上に、唐招提寺の小さな金堂が
のっています!

つづく
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-23 22:54 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
奈良のピラミッド? ー史跡頭塔ー
b0025850_12551043.jpg

高畑の奈良市写真美術館から、最寄りのバス停「破石町」まで歩くと
バス停の脇に 気になる看板が。すぐ近くに史跡があるらしい!
平城京遷都1300年祭にあわせて、史跡の特別公開をしているそうです。

b0025850_12582821.jpg

■国指定史跡 頭塔(ずとう)
奈良時代の僧侶の頭を埋めた墓という伝説の残る 階段状の土塔(仏塔)。
1辺32m・高さ10mあり、7段ある表面には28基の石仏が発見されています。

b0025850_1351653.jpg

石仏が文化財に指定されているので、塔に登ることはできませんが
周囲に見学者用のデッキや解説版が整備されていて 見やすいです。
一般見学は予約申し込みが必要ですが、特別開帳の期間だったので 予約不要に。

b0025850_13925.jpg

奇数段には、瓦屋根のついた 浮彫石仏が四方をぐるりと取り囲んでいます。
発掘される前は、ピラミッド全体が土に埋まり 丘のようになっていたので
これほど沢山の石仏が眠っているとは 大変な驚きだったのでしょう。

■頭塔を上から見ると・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-21 13:26 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
奈良市写真美術館 ー入江泰吉ー
b0025850_013541.jpg

春日大社から、高畑へと歩いて来たのは この奈良市写真美術館
興味があったから。新薬師寺のすぐ隣に位置し、奈良・大和路の風景を
撮り続けた故・入江泰吉氏を記念して建てられた 写真専門の美術館。

b0025850_0173132.jpg

瓦葺きの建物は、周囲の寺院とも馴染み 静けさを感じさせます。
故・黒川紀章氏による設計。

b0025850_0213349.jpg

エントランス。
入り口では、全国の高校生による写真展が開催中でした。
白い布を使った仕切りが 涼しげ。

b0025850_0231492.jpg

ユニークな椅子が並んでいる様子は、鳥取の植田正治写真美術館を
思い出しました。どちらも 1990年代に開館した写真美術館です。

b0025850_0263094.jpg

ガラスに囲まれた 1階エントランスホールからは、静かな水面が。

■企画展と 入江泰吉という写真家について。
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-20 00:58 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
高畑の寺社を歩く。
b0025850_212376.jpg

志賀直哉旧居の前の通りを 東へ少し歩き、少し坂を登って
石垣のある 静かな細い通りに入ります。
高畑では、少し歩くだけで 多くの由緒ある寺社を訪ねることができます。

b0025850_2172711.jpg

まず通りかかったのは、古刹・不空院
鑑真和上の住坊跡に建立された寺院で、本尊は不空羂索観音坐像(重文)。
赤と青のちょうちんが気になりますが・・・

b0025850_21121842.jpg

本堂の脇には、「縁切りさん」と「縁結びさん」が!
奈良町の芸妓さん達にも深く信仰されていたそうです。
縁結びのほうだけ、お願いしておきました。


b0025850_2116057.jpg




その鳥居の脇には、おなかの
大きな狐さん?
笑っているような明るい表情です。



■ 新薬師寺もあるエリアです。
[PR]
by sumi2211 | 2011-07-18 21:38 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)