<   2012年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧
日帰り箱根旅 その4。 プリンスのランチ
b0025850_2315244.jpg




九頭龍神社を参拝してから ふたたび
遊歩道を戻ること20分ほど。
帰りは道が分かっているので、それほど
遠く感じませんでした。
日差しの暖かい日で良かったです。



b0025850_23171966.jpg

そして車を停めていたプリンスホテルに戻り、館内のレストランへ。
ホテルの名前は、ザ・プリンス箱根が正式のよう。
低層で周囲の景観に馴染む ホテルの建物。

b0025850_23204126.jpg

フロントを通り過ぎると、教会のようにも見える廊下が。
ソファーがあり、ロビーのようになっていて ゆったりした造りです。
館内のレストランは、洋食・和食・ラウンジの3か所。


b0025850_23253533.jpg




本館西棟へ。
吹き抜けは大きな竹林に。
レストランにたどり着くまで
エレベータと階段があり
広いので結構歩きました。



■そして 初めて見る、ピンクのカレーにびっくり!
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-30 23:50 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その3。 九頭龍神社
b0025850_1759445.jpg

桟橋前から、箱根九頭龍の森の遊歩道をすこし歩くと、湖畔に鳥居が見えます。
岬のように小さく飛び出したところに、お社が見えます。
その立地から、いかに芦ノ湖の水と結びついた神社か お分かりでしょう。

b0025850_1824629.jpg

そして、湖から見て山側に 九頭龍神社の本宮があります。
芦ノ湖の龍神信仰の聖地とされ、その歴史は 奈良時代の萬巻上人の伝説に
遡ります。荒れ狂う龍を法力で治め、手厚く祀ったという法話が 看板にも。

*毎月13日の月次祭以外の日は、社務所が開いていないので 九頭龍神社の
 お守りやお札は、箱根神社にあります。

b0025850_1882344.jpg



手水にも龍が。
箱根山を水源とする「龍神水」が
知られていますが、こちらではなく
箱根神社内の 九頭龍神社新宮で
汲むように と注意書きがあります。

お間違えなく。



b0025850_18111277.jpg

高いところにある本宮から、石段を下りて 湖面近くまでいくと
中央に 弁財天社があります。こちらの御祭神は、市杵島姫命で
遠い昔から 湖の神事が行われる場所であったようです。

■ 芦ノ湖の龍神を呼ぶ・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-28 19:01 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その2。 白龍神社
b0025850_0532258.jpg

プリンスホテルから続く遊歩道を歩いて、箱根九頭龍の森へ。
かつては樹木園と呼ばれていましたが、看板は塗り替えられていました。
広い敷地内には、森の中にコテージも。

b0025850_102157.jpg

入口で入園料を払い、中に入ると すぐ目の前に芦ノ湖が広がっています。
この神山桟橋には、毎月13日の九頭竜神社月次祭に 参拝船も運航。
700人乗りの大型船が 参拝客でいっぱいになるそうで、驚きです!

b0025850_17317.jpg

この日は13日ではなく、しかも平日だったので 遠くを遊覧船が通り過ぎるだけで
とても静かな景色でした。最寄りのプリンスホテルからも30分近く歩きますし
車でなければ、有料でも 元箱根からの参拝船のツアーがあるのは便利かと。

b0025850_1124931.jpg

桟橋から九頭龍神社までは、森の遊歩道を300mほどですが その前に
桟橋のすぐ近くにも 小さな神社があります。場所は、入園ゲートのすぐ隣。
ちなみに船で到着する場合は、入園料は必要ないそうです。

b0025850_115415.jpg

短い参道を歩くと、湖岸にひっそりと 白い鳥居が。
むかし箱根権現で祀られていた 白龍大神を祭神とする 白龍神社です。
それで珍しい「白い鳥居」なのですね。  *箱根権現=今の箱根神社

つづいては九頭龍神社へ。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-27 11:26 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その1。 甘酒茶屋
b0025850_2205025.jpg

友人が日帰りで「箱根神社に行きたい」というので、私と家族も車に便乗。
東名高速を降りて、箱根の峠を越えるとき こんなところに立ち寄りました。
かつて旧東海道には、何軒も立ち並んでいたという 甘酒茶屋です。

b0025850_2245677.jpg

まだ肌寒いので、戸は閉じていますが 営業中の看板が。
中に入ると、囲炉裏のある店内は温かく お茶や軽食をいただけます。
店名にある「甘酒」は、昔から旅人の疲労回復に役立っていたのだとか。

b0025850_2282766.jpg

よもぎ団子と甘酒を注文すると、絵に描いたような まぁるいお団子!
温かい粒あんと よもぎの香りが豊かで、とても美味しい。
砂糖など使用していない甘酒も美味しかったので、パックされたものをお土産に。

b0025850_22123762.jpg

峠を越えて、芦ノ湖畔に降りてから向かったのは 元箱根の 箱根プリンスホテル
箱根神社の境内には 九頭龍神社の新宮がありますが、その九頭龍神社の本宮が
鎮座するのは 箱根プリンスの所有する敷地内なのです。

九頭龍神社(本宮)へは、箱根プリンスの駐車場に車を停め(有料)
上の写真の ホテルの看板脇にある遊歩道を歩いて行きます。

■ そして九頭龍の森の中へ・・。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-25 22:34 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
ちょっとお休み中。
b0025850_15222335.jpg

久しぶりに風邪をひいてしまい、2日ほど寝込んでいました。
(熱は下がったので、もう大丈夫です。)

その前に、今週は 箱根に日帰りで行ってきました。
明日は箱根の旅の風景を、少しだけお伝えする予定。
季節の変わり目、どうぞ皆さまもご自愛くださいね。    sumi
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-24 15:22 | Diary | Comments(2)
2009-2010 「旅のリスト vol.4」


まだまだ 沢山の「旅の記憶」があります。
2009年秋から、2010年秋までの 旅のリストを まとめました。
  *これまでのログ・・ 旅のリストvol.1 旅のリストvol.2 旅のリストvol.3

それぞれの旅行記を さらに詳しく読むには、サイドバーの「タグ」から
国名や地域をお選びください。タイトルリストが表示されます。   sumi


[ 旅のリスト vol.4 ]

b0025850_1455372.jpg


タイ・プーケット 4days  2009/11
旅のはじめに
EVASON PHUKET & Six Senses Spa滞在
EVASON PHUKET ボン島へ
パトンビーチで食べる



b0025850_1544531.jpg


香港 5dys  2010/6
帰国報告
The Mira Hong Kongに泊まる
香港で食べる 2 シャコとマテ貝
香港で食べる 5 飲茶ランチ
Hotel LKF by Rhombusに泊まる



b0025850_1551315.jpg


奈良・天川村 3days  2010/8
旅のはじめに
大神神社と山辺の道 4 薬井戸
奈良ホテルを訪ねて 桜の間
みたらい渓谷を歩く その1
洞川温泉・行者祭り2010



b0025850_15102642.jpg


北信州・飯山 2days 2010/10
長野 善光寺参り 2 本堂
戸狩野沢温泉 朝の散歩 1
飯山七福神めぐり その1



b0025850_15171526.jpg



横浜 1day  2010/11
秋の横浜 洋館めぐり 1
洋館めぐり 3 ベーリックホール



b0025850_15173548.jpg


■2010年秋 新しい羽田空港 拡張レポート
国際線ターミナル 出発ロビー
国際線ターミナル 江戸小路
国際線ターミナル アクセス
第2ターミナル Upper Deck Tokyo


*旅のリスト vol.5 に続きます。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-21 15:20 | 旅ログ リンク集 | Comments(0)
2008−2009 「旅のリスト vol.3」


いつもありがとうございます。
2008年冬から、2009年夏までの 旅のリストを まとめました。
  *これまでのログ・・ 旅のリストvol.1  旅のリストvol.2

それぞれの旅行記を さらに詳しく読むには、サイドバーの「タグ」から
国名や地域をお選びください。タイトルリストが表示されます。   sumi


[ 旅のリスト vol.3 ]

b0025850_22225039.jpg


台湾 5days 2008/11
旅のはじめに
les suites taipei 台北商旅慶城館に泊まる
九分老街を歩く。ちょっと食べる。
台北で食べる 10 豆漿 台湾の朝食



b0025850_22271535.jpg


淡路島 3days  2009/5
旅のはじめに
ウェスティンホテル淡路に泊まる
淡路夢舞台 1 百段苑 安藤建築



b0025850_22322833.jpg


 ■江ノ島・七里ケ浜 1day 2009/5
 ・江の電と海
 ・七里ケ浜散歩 2 世界一の朝食を食べる
 ・江島神社に参拝



b0025850_22351467.jpg



香港・マカオ 5days 2009/6
旅のインデックス
香港国際空港から マカオへのアクセス
マカオ世界遺産めぐり 素敵な教会ばかり!
マカオで食べる エッグタルト 絶品です



b0025850_22391438.jpg



香港で食べる 3 レトロ喫茶のミルクティー
香港で食べる 6 ワゴン式飲茶は面白い
インターコンチネンタル香港の夜景 絶景!
フォーシーズンズ香港 ラウンジの朝食



b0025850_2333583.jpg


直島・岡山 3days 2009/8
旅のインデックス
・直島で 本村のカフェサロン 中奥
・街の名所!津山 イナバ化粧品店で買い物 
・本殿は国宝 吉備津神社


*旅のリスト vol.4 に続きます。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-19 18:07 | 旅ログ リンク集 | Comments(0)
iMac のメモリも増設!
b0025850_2053066.jpg

先月 MacBookのメモリを 自分で増設したら、とても簡単で 安かったので
5年目になる iMacも、最大までメモリ増設。動作が軽くなり、寿命も伸びそう。
最近は iPod touch にも慣れて、色々使い分けています。No Mac, No Life !

そして、新しい旅行記をどうするか考えた時に、ブログの整理ができていない
ことに気づきました。まずは、久しぶりに旅ログを整理して、お知らせいたします。
どうぞ今しばらく お待ちください。        sumi


*過去の旅ログは、カテゴリの「旅ログ リンク集」をご覧くださいませ。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-18 20:05 | Diary | Comments(0)
旅の終わりに 京都駅。
b0025850_1532244.jpg


六波羅蜜寺で 踊り念仏が終わる頃
すでに日没が過ぎていて、京都駅へ。

京都駅に直結のジェイアール京都伊勢丹
私がよく京都に来ていた 子どもの頃の
京都駅の印象とは大違い。



b0025850_15395865.jpg



新幹線に乗る前に、夕食を食べようと
11階のレストラン街へ。
せいろ料理の「葵茶屋」さんに
ぱっと飛び込みました。



b0025850_15415095.jpg

出発まで30分ほどしか無かったので、すぐできるメニューをお伺いし
せいろご飯に、天ぷらやお刺身のついた御膳を注文。本当に数分で出て来たので
助かりました。6時前だったので、混んでいなかったのも幸い。

b0025850_15442211.jpg

メインに、せいろ蒸しの豚肉・野菜・豆腐。付けだれは2種類。
これだけいろいろついて、1500円?くらいだったので お安いです。
ゆっくり味わう間もなく、それでもしっかり食べて改札へ!


b0025850_15495995.jpg



当初の予定より1本遅らせて
19時台のこだま、東京行き。
ぷらっとこだまのツアー利用なので
好きな時間のこだまで帰れます。



b0025850_1551497.jpg



東京までは、3時半ほどかかりますが
できたての半兵衛麩と、記念館で購入した
棟方志功と河井寛次郎の対談本をお供に。

最終日も充実の京都の旅でした。



2泊3日 母娘2人で京都旅。
上賀茂神社、龍馬ゆかりのツアー、東寺の弘法市、久しぶりの山科 岩屋神社、
東福寺の庭、三十三間堂、養源院、貴船神社、河井寛次郎記念館、六波羅密寺。
京料理や、ハイアットリージェンシー、ホテルオークラのクリスマス まで楽しみ
当初の予定以上に 盛りだくさんの旅となりました。

桜や紅葉の見頃ではなく、寒さの厳しい冬の京都ですが 師走ならではの
風物詩もたくさん。いつ行っても、何度行っても魅力的な京都のまち。
次の京都は、どこに行こうかな・・と考えるだけでも楽しくなります。 
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-17 16:13 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
六波羅蜜寺の踊り念仏。
b0025850_048937.jpg

2010年師走の京都、旅の終わりに立ち寄ったのは 六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)。
京阪・清水五条駅から五条通を歩いて、住宅街に少し入ったところ。
その名は 日本史の授業などで聞いていても、実際に訪れるのは初めてでした。

b0025850_0535178.jpg




境内に入ってすぐ、本堂の隣には
都七福神の弁財天が。
それほど境内は広くはありません。

本堂は、南北朝時代(1363)に修営。
1969年に解体修理が行われた際には
多くの文化財が出土したとのこと。



b0025850_056094.jpg



うっかり通り過ぎそうな場所に
平清盛公之塚」があります。
今年のNHK大河ドラマの役者さんも
ここに参拝(テレビで観ました)。

かつては、周囲に平家一門の屋敷が多く
栄えていたのだそうです。



b0025850_141861.jpg



六波羅密寺の開祖は、空也上人
醍醐天皇の皇子で、若くして苦行を積み
諸国を歩きながら 念仏を唱えた「市の聖」。

あまりにも有名な 空也上人立像も
拝める宝物館は 平安・鎌倉期の名宝揃い。



■ 今に伝わる 空也の踊り念仏とは・・・!?
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-15 01:51 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)