<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
中環のショッピングモール The Landmark
b0025850_1815485.jpg

さて、中環エリアの散策を終えて MTRに乗るため中環駅へ。
駅は地上の複数のビルと直結しているので、置地廣場(The Landmark)を通り抜け。
ビルには、ホテルのザ・ランドマークマンダリンオリエンタルも入っています。

ご存知の通り、ザ・ランドマークマンダリンは、香港最高級ホテルのひとつ。
駅を挟んで海寄りには、1963年創業のマンダリンオリエンタル香港(文華東方酒店)
もあります。前回はローズペタルジャムを買いにデリに寄ったところ。
ガラス瓶なので重いですが、とても美味しいのでおすすめの香港土産のひとつ。

b0025850_18283919.jpg

高級ブランドショップが集まる The Landmarkの吹き抜け。
地下から4Fまであり、ざっと歩いてみると L`ATELIER de Joël Robuchonの
フレンチレストランとサロン・ド・テが出来ていて、お洒落な香港人に人気のようでした。
ロブションのベーカリーで、お菓子を買ってホテルで食べるのも良いかも!

b0025850_18454068.jpg

ランドマークには、Manolo Blahnikの直営店も入っています。
ベビーカーを押した香港マダム?がお買い物中でした。
お店のリストは、http://www.landmark.hk/english/へどうぞ。
館内の free Wi-fiサービスもあるようです。

b0025850_18561267.jpg

さらに、ランドマークの中には ロンドンのデパート「Harvey Nichols」も。
ハーベイ・ニコルズは、金鐘のPacific Place(太古廣場)にも2011年にオープン。
日本未上陸のブランドなど、探してみるのも楽しいかも、

b0025850_197566.jpg

英国つながりで、ランドマークの近くに Marks&Spencer(マークス&スペンサー)も。
場所はペダービルの向かい、皇后大道中の交差点。隣の建物には、ボンドさま!
我が家も時々お土産に頂くのですが、オリジナルのお菓子や食料品も人気があるようです。
英国好きの人も、旧英国植民地 香港の旅は色々と楽しめるかと思います。

b0025850_19145210.jpg

モード好きには、 香港のセレクトショップ JOYCEhttp://www.joyce.com/
中環の店舗は、ランドマークの向かい側。セール時期ではなくすいていました。
コスメを扱うJOYCE BEAUTYは、色々なデパートに入っています。

見ているだけでもワクワクする 中環(セントラル)のショッピングエリアですが
もっと庶民的な買い物をする予定で、九龍半島側に渡るためMTRに・・。 つづく
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-31 19:30 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
香港のスターバックスが気になる。
b0025850_20181243.jpg

中環の駅前から、Wyndham Street(雲咸街)の坂をのぼると広い交差点に。
ここまでくると、'10年に宿泊した蘭桂坊のHotel LKFのタワーもすぐ近く。
この交差点には、香港では有名な建物があります。

b0025850_2023412.jpg

フリンジ・クラブ(藝穂會)呼ばれる、1890年に建てられた倉庫を利用した
アートスポット。ギャラリーやシアターがあり、色々なイベントが開かれています。
      *http://www.hkfringe.com.hk/(英語)


b0025850_2028312.jpg





赤レンガの縞模様が印象的。
夜もライトアップされて、きれいでした。
2階の窓が開いていますね。



b0025850_20314760.jpg

写真左手に降りていく雲咸街は、前回紹介したヒステリックグラマーなどの
ショップが並んでいる坂で、ここまで来てフリンジクラブの周りを通って
今度は右手の坂を とぼとぼ下りて行きました。

建物の右手側には、フリンジクラブのレストラン&バーの入り口があって
ランチなどもやっているようでした。


b0025850_20363252.jpg




そのまま3分ほど歩くと、
古いガス燈のある石段に出ます。
ここは、都爹利街(Duddell Street)といい
20世紀初頭のガス燈が今も残っています。

夜に見に来ないと・・・ですね。



b0025850_20424170.jpg

今回気になっていたのは、そのガス燈の脇にある 星巴克咖啡(スターバックス)。
香港にも支店が多いスタバですが、ここ都爹利街はちょっと珍しいお店らしい。
G.O.D.とのコラボで、レトロな「冰室(昔の喫茶店)」をイメージした店内なのだそう。
香港スイーツもあるようなので、時間があったら寄ろうと思っていました。

が、ATMでお金がおろせないトラブルがあったりして(国際電話で解決) 時間をロスし
早くお土産を買いに行かないと!ということで 通り過ぎてしまい残念。
場所は覚えたので、中環で歩き疲れたら寄りたいスタバとして覚えておきます。
*店内が気になる!という方は「星巴克冰室」で検索を。

*キャセイ「香港スタイル」によると、旺角にもレトロなスタバができたとのこと。


b0025850_20544199.jpg




都爹利街の石段。

1870〜80年代にかけて作られた石段を
修復しているのだそうです。
記念写真を撮る人が多い場所。
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-29 21:01 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(6)
香港の街で見つけた日本。
b0025850_20292539.jpg





香港島の古い石畳が好きです。
中環エリアをぐるぐる歩いてから、
再び中環駅の方に戻っていきます。



b0025850_20314542.jpg

香港の街では、こうして路上で雑誌が売られているのをよく見かけます。
それをよく見れば、日本のファッション誌の輸入品!付録付きのムック本まで。
香港から見れば 海外の雑誌を屋台で売っているのが凄い。日本より3割増程度の価格。
新しい号がきれいにビニールカバーに入っていたので、古本にも見えませんが・・?


b0025850_20364342.jpg





日本のファッションは、香港でも
人気あるなぁと思いながら
さらに歩いていくと
ジャパンブランドの路面店を発見。



b0025850_20391768.jpg





ヒステリック・グラマーの路面店。
2010年にオープンし、レンガの内装が
おしゃれな雰囲気。香港には2店舗。



b0025850_2044368.jpg





そのすぐお隣もジャパンブランド。
JUNYA WATANABE コムデギャルソン
立派な路面店なので、なんだか青山や
渋谷に来ているような錯覚が。



b0025850_20515617.jpg




さらに並びには、仏のA.P.C.が。
店内には入っていませんが
日本よりも少しは安いのかも。

隣の建物の竹の足場が香港らしい!



b0025850_20541297.jpg





この通りは、Wyndham Street(雲咸街)
という名の坂道になっています。
坂道を登って、辿り着いたのは・・?
また次回。
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-26 21:01 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
中環をぶらぶらと歩く。 '12
b0025850_1382627.jpg

さて、2012年11月の「オトナの社会科見学 in 香港」編に戻ります。
前回は、公利のサトウキビ汁を飲んだところまででした。
半日自由行動をもらえたので、香港島 中環あたりから歩き始めました。

写真は、荷李活道(Hollywood Rd.)と嘉咸街(Graham St.)の交差点。

b0025850_13165829.jpg

擺花街(Lyndhurst Terrace)の坂を下っていくと、結志街の入口にぶつかります。
香港映画にも登場する昔ながらの茶餐廳「蘭芳園」。
手前のドリンクスタンドでは、座ってミルクティーを飲んでおしゃべりしている
女性たちが、なんだか映画のワンシーンのようでした。

私も飲みたい!と思いつつ、昼食とサトウキビジュースでお腹いっぱい・・。

b0025850_13235273.jpg

擺花街をさらに下りて、威靈頓街(Wellington St.)を西へ。
このあたりは、ちょっとした飲食店が多くて 目移りしてしまいます。
2年前に美味しい雲呑麺を食べた 麥奀雲呑麺世家 Mak's Noodleも健在。
お腹が空いていれば、ぜひとも寄りたかった!

b0025850_13305645.jpg

その向かいの沾仔記も、雲呑麺が有名で 午後3時でもなかなか混んでいました。
いつか食べ比べせねば・・と思いつつ通り過ぎ
以前、香港の調味料を買った八珍も向かい側で営業中でした。

b0025850_1334692.jpg

ヒルサイドエスカレーターの下を歩いて、一本隣の士丹利街へ。
そういえば蛇のスープを初めて食したのも、この近くでした。
色んなことを思い出しつつ、ひたすら歩く一人の時間。

b0025850_13452865.jpg

エッグタルトを食べた檀島珈琲餅店 Honolulu Coffee Shopも懐かしい。
こうして変わらずあるお店も多いですが、中環を歩いてみると 新しいお店も増えていて
あれ?と思う事もしばしば。ガイドさんのお話では、この辺りはテナント料が高いので
すぐにお店が入れ替わってしまう、とのこと。

そんな中で生き残る 昔ながらの飲食店は、やはり魅力的です。
今度行く時はお腹をすかせて、食べ歩かなくては!
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-24 13:58 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
寒中お見舞い申し上げます。
b0025850_20254416.jpg

1月も、あっという間に下旬。毎日寒いですね。
旅行記に戻ると書いておきながら、家にいる時間が少なく再開が遅れています。
今週中には2012香港編に戻る予定ですので、もう少しお待ちください。

写真は、New Yorkの朝食の女王と呼ばれる Sarabeth'sのエッグベネディクト。
夜でしたが、ルミネ新宿店でいただいてきました。海老のスープがおすすめです。
     *http://www.sarabethsrestaurants.jp/
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-22 20:34 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
丸の内散歩 2 ー東京駅舎ー 
b0025850_18432096.jpg

先週、丸の内仲通りのイルミネーション。
大手町のパレスホテル東京から歩いて、東京駅方面へ。

b0025850_18455070.jpg

昨年10月にお披露目された 東京駅丸の内舎復元の様子を見てみたかったのです。
1914年(大正3年)の創建から、まもなく100年目を迎えるにあたっての 大規模な
保存・復元工事でした。巨大地震にも耐えうる日本最大規模の免震工法なのだとか!

b0025850_185439.jpg

丸の内北口。中には改札口が見えます。
1〜2階は保存部分、3階と屋根は復元部分。そして地下には新設駆体も。
レトロな外観ですが、実はもの凄い最新建築技術が駆使されているそう。
(復元工事については、鹿島建設のHPが詳しいです。)


b0025850_18595627.jpg

北口のドーム天井
夜なので、ちょっと暗いのですがワシの装飾レリーフが見えます。
カーテンが閉まっている窓は、復元と同時期に生まれ変わったステーションホテル。

b0025850_196663.jpg

干支のレリーフが有名ですが、目が悪いのであまりよく見えず・・
壁面のグリーンの丸の中に、干支の動物がいるのですが。
明るい昼間に、またじっくり見たいと思います。

b0025850_19105251.jpg

優美なドーム天井と対照的に、上層を金属の柱が支えています。
夜でも、電車に乗る人と ドームを見上げて写真を撮る人や大勢の観光客で
賑やかなドーム内でした。観光案内所やギャラリーも新しくなっています。

*JR東日本の見学マップあり http://www.jreast.co.jp/tokyostation/


b0025850_1916189.jpg



最後に、東京ステーションホテル
ロビーもチェック。入口の場所が
分かりにくく、ロビーも狭いです。
歴史ある駅に泊まるという非日常感を
別にすれば、北口すぐの丸の内ホテルや
周辺ホテルの方が使いやすそうかなと
思ったりして・・。なかなかのお値段です。

 *http://www.tokyostationhotel.jp/
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-20 19:27 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
丸の内散歩 1 ーパレスホテル東京ー 
b0025850_0323032.jpg

まだ足元に雪の残る東京、内堀通りから眺める大手門
来週仕事で訪れるため 新しいホテルのリサーチに行ってきました。
場所は東京メトロ 大手町駅地下から直結。東京駅も徒歩圏内。


b0025850_0361485.jpg




昨年5月にグランドオープンした
パレスホテル東京です。
パレスホテルは、1960年代に開業して
いますが このたび新しく生まれ変わり
全290室の高層ホテルとなりました。

お堀側からビル全景が見えます。



b0025850_0411390.jpg

正面玄関を入ったところ。窓には皇居のお堀が借景に。
ロビーやフロントのスタッフが多く、きめ細やかなサービスをされているように
感じました。宴会場やレストランも見せていただきましたが、どこでも案内が丁寧。
開業から半年以上経ったので、行き届いているのではと好印象。

b0025850_0472768.jpg

6階 日本料理「和田倉」の個室。個室は和洋9室。
お部屋によっては、お堀が見渡せるので なかなか良い雰囲気です。
同じフロアに、バーなどもあります。2-4階の大小宴会場も華やかで素敵でした。

b0025850_052850.jpg

仕事のリサーチを終えて、1階のロビーラウンジ「The Palace Lounge」へ。
平日の午後だったので、場所柄スーツのお客様でいっぱいでしたが
天井が高く 席もゆったりしていて、混んでいても騒がしくなく良い雰囲気。


b0025850_0555682.jpg




スイーツセットPALACEは、
好きなケーキとお茶が選べて
若干お得になります。2000yen

ミルフィユは、香ばしい生地に
カスタードと生クリームたっぷり。
崩れてしまいますが、とても美味しい。



b0025850_0595430.jpg




紅茶は、スリランカのディンブラ地区産
ディンブラ トワフレー」を。
香り豊かで渋みが少なく、好みの紅茶でした。
全部ストレートで飲みきってしまったほど。
ポットで約2杯分。



b0025850_185395.jpg



アフタヌーンティーは、和の雰囲気も
あり、重箱のようでした。3800yen

昼間は外光がとても明るい店内ですが
夕方になると照明が落ち、それもまた
素敵。立地も良いので、覚えておきたい
ホテルラウンジのひとつです。



ホテルのお部屋は見ていないのですが、客室はレストランよりもさらに上の階にあり
皇居が見渡せるようです。外国人や団体客の利用は まだ少ないように見えたので、
落ち着いた大人のホテルなのでは と感じました。周辺ホテルの中では今一番かも・・?
大手町という場所柄、ミーティングやバンケットで利用される方も多いと思います。

地下のアーケードにも、ちょっとした日本の名産品や和雑貨のお店があったり
楽しいです。ホテルのスイーツ&デリでお土産にパンを購入。


パレスホテル東京
東京都千代田区丸の内1−1−1 地下鉄大手町駅C13b出口地下通路より直結
http://www.palacehoteltokyo.com/


[PR]
by sumi2211 | 2013-01-18 01:40 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
最近気になる 本とカフェのこと。 '13
b0025850_0485580.jpg

買ったばかりの洋書を ふわふわのカプチーノを飲みながら
木のテーブルの落ち着いたカフェで眺める・・・さてここは?



昨年に知ってから、わざわざ電車に乗って 何度か通っているお店。
なんとここは、中古本のBOOK OFF 白金台店の店内。
港区の白金台店は、普通のブックオフとは少し違っていて 面白いのです。

まず、店内にウッディーでお洒落な雰囲気のカフェがあり 食事もとれること。
そして、大使館などが多い場所柄 地下の洋書コーナーが充実していること!
海外の絵本や写真集の品揃えの多さには、驚かされます。(洋書200円均一もあり)
また、売場のBGMが静かな曲調なのも珍しい。オトナのBOOKOFFなのです。

この日は、インテリアの洋書(500円)を2冊と和雑誌のバックナンバー等を入手。
お探しの本が見つかるかは分かりませんが、宝探しをしてみては・・?


b0025850_181362.jpg

さてこちらは、今発売中の HUgE 2013年2月号。780yen 講談社
特集は「Go! BOOK STORE!」という 国内外の本屋さん特集。
  *http://www.hugemagazine.jp/ 中ページの写真あり

HUgE はメンズファッション誌ですが、今月号は本屋好きなら読み応えあり!
ポートランド・ブルックリン・シンガポールの書店取材に加えて 国内の個性派書店の
インタビューの数々も。本屋さんの熱い想いが1冊に詰まっていて ぐっときました。
(本屋の特集なので、おすすめの本が紹介されているわけではありません。)


外出すれば必ず書店をハシゴするほど本屋好き、雑誌マニア、活字中毒の私。
すでにネット書店では売切のようですが、本屋が好きな方にはおすすめしたい号です。
憧れの書店に通うために旅に出る、というのがひそかな夢のひとつ。
行ってみたい書店は世界中にあるのだけれど・・・


そろそろ旅行記に戻ります。     sumi
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-16 01:37 | Books | Trackback | Comments(2)
お正月に iHerbから届いたもの。
b0025850_1310672.jpg

11月にハーブティーを注文して、すっかり気に入ったiHerb.com(アイハーブ)。
アメリカの大手健康食品通販で、日本語のホームページもあるので、注文は簡単。
昨年末は送料無料キャンペーンをやっていた為、年末にまとめて2回目の注文。

税関が正月休みで1週間ほどかかりましたが、瓶ものや液体もきちんと梱包されていて
年明けにトラブル無く到着。今回はハーブティーではなく、化粧品・調味料・ビタミン剤。

b0025850_13165777.jpg


Badger Companyのビューティーバームは
ローズの精油の優しい香りが大好き。
USDA Organic認定で成分も安心。$12.60

1847年創業のThayersの化粧水は、
昔懐かしい香り。アルコールフリーなので
刺激がなく、大容量なのも嬉しい。$7.96



b0025850_13245094.jpg


送料無料のチャンスに、重いものも。
最近は日本でも見かけるようになった
Nature's Gateのシャンプー&コンディショナー。
ノンシリコン・ノンパラベンでありながら
ちゃんと泡立ち、ハーブの香りも良いです。
何と言っても、iHerbだと安い! $5.62



b0025850_13292757.jpg

第2便の数日後、家族も頼みたいというので さらに注文追加。
年明けに届いた第3便は、小さめのダンボールに隙間無くぎっちり。
瓶ものは、卵のパックのような梱包でした。

b0025850_13312272.jpg

分かりやすく並べてみると、ずいぶんいっぱい入っています。これで送料無料!
ほとんどが妹夫婦の分ですが、いろいろチェックして意見交換しています。
もう次に欲しい物が決まっていて、怖いくらいですが・・・


b0025850_13353783.jpg


料理好きの妹は、Simply Organic
ハーブ系調味料を色々揃えています。
日本の調味料に比べると、大容量で
パッケージも素敵な瓶です。$4.32
オニオンクランチやハーブティーも。



b0025850_13385916.jpg


私は、エキナセア&プロポリスの
喉スプレーと、ラベンダーのデオドラント。
大好きなBadger のアロマバームも追加。
ストレスを緩和する、ローズマリーの香り。
持ち歩くほど気に入っています。 $7.20



他にも、天然ビタミンCを飲み始めたり 毎日の生活に取り入れています。 
iHerb.comについて、注文の仕方は前回の記事をご参考に。
ドル建てなので円安に進んでいるのが気になりますが、通常の送料も$4(佐川)に
値下げされているので、また来月あたりに まとめて注文すると思います。

アメリカのオーガニックスーパーやドラッグストアで、買い物をしている感覚です。
便利な時代になったものですね・・。
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-14 13:57 | Goods | Trackback | Comments(0)
2013年 お正月あれこれ。 その4
b0025850_23492043.jpg

七草を過ぎた頃、隅田川とこの景色が見える街へ。
私の故郷でもあり、新年は浅草の観音様にお詣りしないと落ち着きません。
スカイツリーの見えるこのスポットは?というと・・

b0025850_23542848.jpg

かの有名な、雷門の目の前にあります。
雷門前は、一年中賑わっていますが お正月となれば一層賑やか。
仲見世のお正月の雰囲気も、毎年の楽しみです。


b0025850_23572912.jpg




雷門の向かい側に、昨年こんなビルが。
台東区の「浅草観光文化センター」で
隈研吾氏の設計だとか。
昨年も何度も浅草を訪れていましたが
建物の中に入ったのは初めて。




b0025850_23594997.jpg

その観光文化センターの最上階に、入場無料の展望テラスができていました。
正面は、雷門から伸びる仲見世と浅草寺・五重塔などを一望。右手にはスカイツリー。
浅草に生まれ育った母でさえ、この眺めは初めてで 感心していた様子。
テラスの隣には、カフェもあり ゆっくりお茶を飲む事もできます。

b0025850_033652.jpg

この日のお楽しみは、浅草公会堂の「新春浅草歌舞伎」。
母が突然「海老蔵の勧進帳が観たい!」というので、年明けに慌ててチケットを
とりました。第2部の 毛谷村・口上・勧進帳を鑑賞。

b0025850_064658.jpg

口上では、海老蔵さんが市川家に代々伝わる「睨み」を披露。
新年ににらまれると邪気払いとなり、一年風邪を引かないという言い伝えもあるもの。
勧進帳は歌舞伎の十八番ですが、観た事が無かったのでとても楽しめました。
長唄囃子・装束・舞台装置を含め、歌舞伎の世界観には魅了されます。

b0025850_016547.jpg

終演後は、浅草寺と浅草神社(三社さま)に初詣。
今年もどうぞ宜しくお願いしますと、手を合わせると 落ち着きました。
[PR]
by sumi2211 | 2013-01-13 00:23 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)