クレタ島でトレッキングに挑戦!
クノッソス宮殿で有名なクレタ島ですが、エーゲ海最大の島で2000m級の山々もあります。
同行の友人Kの提案で、私もトレッキングに挑戦してみました。(2004年5月中旬)
b0025850_1933729.jpg

サマリア渓谷(Smaria Gorge)は、ハニアの街からバスでオマロス村の外れまで登り、
そこから下山して渓谷を歩き、最後には島の反対側の海岸に出るというコースになっています。
全長は、約18km 平均5~6時間のコースです!

羊やヤギが放牧されている農村を抜けて バスで到着したスタート地点は、街よりもひんやりと
涼しく、先の見えないコースに「どれだけ下るのだろう?」と、まず緊張します。
コースの途中にはレストランや売店はないので(トイレはあります)、スタート地点で腹ごしらえ
する人もいます。私はリンゴとお菓子を持って、入山料€5を払って出発です。

はじめの2時間くらいは、ひたすら山道をジグザグと下り、やがて川の水音が聞こえてきます。
大きな石がゴロゴロとした河原を足元に注意しながら進み、スタートして3時間後には
上の写真のような渓谷に出るのです。

はじめの写真の左下、人が歩いているのが分かるでしょうか?
高いところで300mというスケールの大きな谷が、何キロも続いているのです。
下から見上げると大迫力。カメラのファインダーに収まりきらないのが残念です。
映画「ロード・オブ・ザ・リング」の世界に迷い込んだような気がして、言葉になりません。

b0025850_19314799.jpg
海岸のゴールが近くなると、川の水流が
増え 小さな木の橋や飛び石の上を
いくつも渡ります。
そこで荷物を運ぶロバに遭遇(写真)。
車が入れない土地ですからね、、
川が深い所もあり、落ちても知りません
という感じなのでドキドキです。
ハイキングコースというより、
かなりサバイバルなコースです。

途中、日本人には会いませんでしたが、各国語のおしゃべりが聞こえてきて
ヨーロッパ中からこの渓谷にやってきているんだと感じました。
すれ違う人と挨拶をしたり、追い越したり追い越されたり、様々なグループがいて面白いです。
果してゴールできるのだろうか?」というのんびりチームなどなど、、、

More
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-18 20:17 | Travel -1 Europe | Trackback(1) | Comments(4)
旅に関する本をご紹介します。
b0025850_21301275.jpg『Hotels』 稲葉なおと 著
        日本経済新聞社 2002年
        ISBN4-532-14958-4

はじめに「著者自身が憧れ、泊まり歩きながら撮影したホテルと、今後ぜひ泊まりたいと願うホテルを紹介しています。」
と書かれているように、世界中の素敵なホテルが地図や
アドレスと共に紹介されています。巻末に国別索引なども
あり辞書のようにも使えそうです。(それは贅沢?)

私自身はチープな旅が多いので、豪華なホテルにはあまり縁がないのですが、雑誌のデザイン
ホテル
特集などを見つけるとつい買ってしまったりし、「いつか行けるかなぁ」と想いをめぐらせて
います。

著者の稲葉なおと氏は、作家であり一級建築士であり、最近文庫化された『まだ見ぬホテルへ』(新潮文庫)なども人気があるようです。ホテルに関するエッセイ集で写真もキレイなので、まだの方にはそちらもオススメです。ちなみに著者は、B'zの稲葉浩志さんの従兄(いとこ)ということもファンの間では有名ですね。


もう一冊は 『アテネ色の旅物語
            東京書籍 2004年 ISBN4-487-79951-2

物語といっても小説ではなく、紀行エッセイです。著者はアテネに始まりエーゲ海の島々
訪れています。ギリシア語やギリシア文化に関するコラムも見逃せません。

私はギリシアから帰国後に読んだのですが、著者はクレタ島のトレッキングにも参加されていて
その写真も多く嬉しく思いました。ギリシアに行ってみたいなぁ、という方にオススメです。
さらっと読めますし、写真も色鮮やかです。エーゲ海の名前の由来も分かりますよ!

今日はビジュアル的な旅の本をご紹介しましたが、次回は旅に関する読み物をいくつか
取り上げたいと思っています。旅の本っていっぱいあるんですよね~。
   
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-17 22:05 | Books | Trackback | Comments(2)
フェリーの旅  エーゲ海へ。
b0025850_23205028.jpg


ギリシア国内を移動する場合、エーゲ海の島々へはオリンピック航空などの飛行機を利用するのが一般的だと思いますが、長距離フェリーを利用することもできます。
フェリーの場合、飛行機の何倍も時間がかかりますが、運賃がずっと安くバックパッカーにとってはありがたいですね。

なお、ギリシア全土の船の運航スケジュールはGreek Travel Pageで検索できます。(英語)


 私の購入したチケットは、、、
   1   アテネ(ピレウス)   →クレタ島(ハニア)     €19.7 所要約9.5時間
   2   クレタ島(イラクリオン)→サントリーニ島(フィラ)   €27.8      約2時間
   3   サントリーニ島(フィラ)→アテネ(ピレウス)      €22.46   約8.5時間
   4   パトラス(ギリシア)  →バーリ(イタリア)      €48     約11.5時間
 運賃はいずれもエコノミークラス。港の船会社の窓口または旅行代理店で購入できます。
 2は高速フェリーで、4は国際航路のフェリーです。



長距離フェリーは、たいてい夜に出港して翌朝に着くのですが、船上から真っ赤な夕陽
朝日を見ることもできます。上の写真は夕方のピレウス港です。

船内はキャビンと呼ばれる個室の客室と、エコノミーの座席などいくつかのクラスに
分かれていて、カフェテラスや船によっては豪華なレストランもあります。
5月の時点ではまだ空席が多く、シートを3つ使って横になって寝ることもでき、
思っていたより快適でした。寝袋持参の人もいますが、少なくともシーツのようなものは
あった方が良いですね。空気枕も長旅の必需品ですよ!

さて、船酔いを心配される方も多いと思いますが、写真のような長距離便は
とても大きなカーフェリーなので動いているのを感じないくらい揺れませんでした。
短距離の高速フェリーの方が波を受けてザブザブと揺れます。天候にもよりますが、、

b0025850_23562894.jpg


おまけ
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-17 00:24 | Travel -1 Europe | Trackback | Comments(12)
「らくだの涙」もう見ましたか?
b0025850_19135430.jpg

渋谷のBunkamura ル・シネマ で、映画『らくだの涙』を観ました。
モンゴルのゴビ砂漠に住む遊牧民一家のドキュメンタリーで、
育児を放棄したらくだに馬頭琴で音楽療法をするというストーリーがあり
物語風ドキュメンタリーとも言われているようです。

白い子らくだが主役のようにも見えますが、
遊牧民一家の3人の子供たちも素晴らしいの一言。
カメラを意識していない仕草や、無邪気な笑顔に思わず微笑んでしまうでしょう。
初めて見るらくだの出産シーンは、ちょっと苦しくなりましたけど、、。

個人的には、自分がモロッコで見たヒトコブラクダとモンゴルのフタコブラクダの違いも
知ることができ面白かったです。モンゴルの民族衣装も色がキレイですね。

ドキュメンタリーにありがちなナレーションや、余計なBGMが一切無かったことも
良かったと思います。タイトルのらくだの涙の意味は、、、観てのお楽しみです。

    公式ホームページは こちら 。
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-16 19:50 | Art & Cinema | Trackback(1) | Comments(0)