フェリーの旅  エーゲ海へ。
b0025850_23205028.jpg


ギリシア国内を移動する場合、エーゲ海の島々へはオリンピック航空などの飛行機を利用するのが一般的だと思いますが、長距離フェリーを利用することもできます。
フェリーの場合、飛行機の何倍も時間がかかりますが、運賃がずっと安くバックパッカーにとってはありがたいですね。

なお、ギリシア全土の船の運航スケジュールはGreek Travel Pageで検索できます。(英語)


 私の購入したチケットは、、、
   1   アテネ(ピレウス)   →クレタ島(ハニア)     €19.7 所要約9.5時間
   2   クレタ島(イラクリオン)→サントリーニ島(フィラ)   €27.8      約2時間
   3   サントリーニ島(フィラ)→アテネ(ピレウス)      €22.46   約8.5時間
   4   パトラス(ギリシア)  →バーリ(イタリア)      €48     約11.5時間
 運賃はいずれもエコノミークラス。港の船会社の窓口または旅行代理店で購入できます。
 2は高速フェリーで、4は国際航路のフェリーです。



長距離フェリーは、たいてい夜に出港して翌朝に着くのですが、船上から真っ赤な夕陽
朝日を見ることもできます。上の写真は夕方のピレウス港です。

船内はキャビンと呼ばれる個室の客室と、エコノミーの座席などいくつかのクラスに
分かれていて、カフェテラスや船によっては豪華なレストランもあります。
5月の時点ではまだ空席が多く、シートを3つ使って横になって寝ることもでき、
思っていたより快適でした。寝袋持参の人もいますが、少なくともシーツのようなものは
あった方が良いですね。空気枕も長旅の必需品ですよ!

さて、船酔いを心配される方も多いと思いますが、写真のような長距離便は
とても大きなカーフェリーなので動いているのを感じないくらい揺れませんでした。
短距離の高速フェリーの方が波を受けてザブザブと揺れます。天候にもよりますが、、

b0025850_23562894.jpg


おまけ
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-17 00:24 | Travel -1 Europe | Trackback | Comments(12)
「らくだの涙」もう見ましたか?
b0025850_19135430.jpg

渋谷のBunkamura ル・シネマ で、映画『らくだの涙』を観ました。
モンゴルのゴビ砂漠に住む遊牧民一家のドキュメンタリーで、
育児を放棄したらくだに馬頭琴で音楽療法をするというストーリーがあり
物語風ドキュメンタリーとも言われているようです。

白い子らくだが主役のようにも見えますが、
遊牧民一家の3人の子供たちも素晴らしいの一言。
カメラを意識していない仕草や、無邪気な笑顔に思わず微笑んでしまうでしょう。
初めて見るらくだの出産シーンは、ちょっと苦しくなりましたけど、、。

個人的には、自分がモロッコで見たヒトコブラクダとモンゴルのフタコブラクダの違いも
知ることができ面白かったです。モンゴルの民族衣装も色がキレイですね。

ドキュメンタリーにありがちなナレーションや、余計なBGMが一切無かったことも
良かったと思います。タイトルのらくだの涙の意味は、、、観てのお楽しみです。

    公式ホームページは こちら 。
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-16 19:50 | Art & Cinema | Trackback(1) | Comments(0)
丘に登るとアテネの街が360°
b0025850_2315248.jpg


初めて訪れた街では、高いところに登ってみるのが好きです。
そうすると街の構造がなんとなく分かり、地図と照らしあわせてどこに行こうか
なんて考えるのも楽しいので。
それが時には塔の上だったり、丘の上だったりするのです。

アテネではパルテノン神殿の観光でアクロポリスの丘に登る方は多いと思いますが、
私のおすすめは写真の リカビトスの丘(Likavitos)です。

丘まではアテネの中心のシンタグマ広場から歩いても行けるのですが
最寄は地下鉄LINE3のEvangelismos駅で、そこから徒歩約10分で丘の麓に着きます。
頂上まではトンネルの中をケーブルカーが通っていて、あっというまに上に出ます。

リカビトスの丘は、街のほぼ中央にあるので360°アテネの街が見渡せるのです。
そして遠くにパルテノン神殿やエーゲ海も、、、!
また、想像以上に広い街なんだなぁと感じることもできます。
頂上には写真のようにカフェやレストランもあるのですが、小さな教会や
展望台のスペースでボーっとすると気持ちが良いです。
私が登った日はとても晴れていて、白い街並みがキラキラと輝いて見えました。
(パノラマ写真じゃないと伝わらないですよね。)
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-15 23:50 | Travel -1 Europe | Trackback | Comments(2)
アテネの地下鉄に乗ってみました。
b0025850_13534325.jpg


パルテノン神殿がそびえるアクロポリスの丘のふもとにある Akropoli駅の入口です。
滞在していた Hotel Athens Gateから、一番近い地下鉄の駅でした。
ローマ字の上のギリシア文字の駅名が見えるでしょうか?

今年のアテネオリンピックのために、市内の交通が整備され 地下鉄の路線も増えました。
写真のアクロポリ駅もまだピカピカで、大理石が眩しいくらいです。
エスカレーターを降りた駅構内には、地下鉄工事の際に発掘された出土品が
展示されているのでまるで博物館のようです。
工事を進める度に遺跡にぶつかるので、工事が遅れたとか、、

地下鉄のチケットは、0.70ユーロでした。(2004年5月)
自販機ももちろん新しいので、ギリシア文字が読めなくても大丈夫です。
地下鉄の新しい路線はメトロと呼ばれている LINE2とLINE3で、
一番古いLINE1は、ISAPと呼ばれ区別されています。

そのISAPもオススメで、アテネ中心部から20分ほどで終点のピレウス駅に出ます。
中心部を抜けると地上を走るので、新しいオリンピックスタジアムを
車内から見ることもできますよ。
終点のピレウス駅は港に面していて、目の前がもう海!
そのピレウス港からギリシア各島へのフェリーが発着しているのです。
フェリーについては、また後日。

More
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-15 14:41 | Travel -1 Europe | Trackback | Comments(4)