「らくだの涙」もう見ましたか?
b0025850_19135430.jpg

渋谷のBunkamura ル・シネマ で、映画『らくだの涙』を観ました。
モンゴルのゴビ砂漠に住む遊牧民一家のドキュメンタリーで、
育児を放棄したらくだに馬頭琴で音楽療法をするというストーリーがあり
物語風ドキュメンタリーとも言われているようです。

白い子らくだが主役のようにも見えますが、
遊牧民一家の3人の子供たちも素晴らしいの一言。
カメラを意識していない仕草や、無邪気な笑顔に思わず微笑んでしまうでしょう。
初めて見るらくだの出産シーンは、ちょっと苦しくなりましたけど、、。

個人的には、自分がモロッコで見たヒトコブラクダとモンゴルのフタコブラクダの違いも
知ることができ面白かったです。モンゴルの民族衣装も色がキレイですね。

ドキュメンタリーにありがちなナレーションや、余計なBGMが一切無かったことも
良かったと思います。タイトルのらくだの涙の意味は、、、観てのお楽しみです。

    公式ホームページは こちら 。
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-16 19:50 | Art & Cinema | Trackback(1) | Comments(0)
丘に登るとアテネの街が360°
b0025850_2315248.jpg


初めて訪れた街では、高いところに登ってみるのが好きです。
そうすると街の構造がなんとなく分かり、地図と照らしあわせてどこに行こうか
なんて考えるのも楽しいので。
それが時には塔の上だったり、丘の上だったりするのです。

アテネではパルテノン神殿の観光でアクロポリスの丘に登る方は多いと思いますが、
私のおすすめは写真の リカビトスの丘(Likavitos)です。

丘まではアテネの中心のシンタグマ広場から歩いても行けるのですが
最寄は地下鉄LINE3のEvangelismos駅で、そこから徒歩約10分で丘の麓に着きます。
頂上まではトンネルの中をケーブルカーが通っていて、あっというまに上に出ます。

リカビトスの丘は、街のほぼ中央にあるので360°アテネの街が見渡せるのです。
そして遠くにパルテノン神殿やエーゲ海も、、、!
また、想像以上に広い街なんだなぁと感じることもできます。
頂上には写真のようにカフェやレストランもあるのですが、小さな教会や
展望台のスペースでボーっとすると気持ちが良いです。
私が登った日はとても晴れていて、白い街並みがキラキラと輝いて見えました。
(パノラマ写真じゃないと伝わらないですよね。)
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-15 23:50 | Travel -1 Europe | Trackback | Comments(2)
アテネの地下鉄に乗ってみました。
b0025850_13534325.jpg


パルテノン神殿がそびえるアクロポリスの丘のふもとにある Akropoli駅の入口です。
滞在していた Hotel Athens Gateから、一番近い地下鉄の駅でした。
ローマ字の上のギリシア文字の駅名が見えるでしょうか?

今年のアテネオリンピックのために、市内の交通が整備され 地下鉄の路線も増えました。
写真のアクロポリ駅もまだピカピカで、大理石が眩しいくらいです。
エスカレーターを降りた駅構内には、地下鉄工事の際に発掘された出土品が
展示されているのでまるで博物館のようです。
工事を進める度に遺跡にぶつかるので、工事が遅れたとか、、

地下鉄のチケットは、0.70ユーロでした。(2004年5月)
自販機ももちろん新しいので、ギリシア文字が読めなくても大丈夫です。
地下鉄の新しい路線はメトロと呼ばれている LINE2とLINE3で、
一番古いLINE1は、ISAPと呼ばれ区別されています。

そのISAPもオススメで、アテネ中心部から20分ほどで終点のピレウス駅に出ます。
中心部を抜けると地上を走るので、新しいオリンピックスタジアムを
車内から見ることもできますよ。
終点のピレウス駅は港に面していて、目の前がもう海!
そのピレウス港からギリシア各島へのフェリーが発着しているのです。
フェリーについては、また後日。

More
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-15 14:41 | Travel -1 Europe | Trackback | Comments(4)
おきにいり写真集
新しい本ではないけど、大好きなので紹介します。b0025850_16313748.jpg

MARIO TESTINO 『PORTRAITES』
ファッション写真家のMARIO TESTINO氏が
撮影したポートレート写真集です。
内容はとにかく豪華で、故ダイアナ妃やマドンナ
ケイト・モスをはじめ世界中のセレブリティーが、リラックスした表情で写っています。

表紙のカラーもインパクトがあり、しかも大判なので本屋さんで見るとびっくりしちゃうかも。
とっても重いし!

そして中を見たい方にお知らせ、、
この写真集のオリジナル写真を展示した写真展が、この秋 日本でも開催されます!
くわしくは 東京都写真美術館 のページでどうぞ。
[PR]
# by sumi2211 | 2004-09-14 16:39 | Books | Trackback | Comments(0)