タグ:八丈島・伊豆諸島 ( 8 ) タグの人気記事
島に さようなら。 -八丈島紀行 8-
b0025850_1283828.jpg

かけ足ではありましたが、八丈島紀行 いかがでしたか。
八丈島には、青い海や豊富な緑、美味しい魚など 自然がいっぱい。
でも一番の魅力は、「島時間」とも言えるような のんびりとした時間では?と思います。
東京にあって、羽田からわずか45分で ゆっくりとした時の流れを味わえる。
また行きたいなぁ と思える島でした。
b0025850_12155152.jpg

羽田空港第2ターミナル 到着ロビーへの通路。
機内から、グレーに染まる東京を見て 「なんて緑が少ないんだろう!」と改めて実感。

b0025850_12193160.jpg


八丈島空港で買った お土産。
八丈島にそっくりの「ひょうたん島」。
モノトーンのドン・ガバチョ付き。



八丈島はこんな場所にあります。
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-22 12:38 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(0)
八丈植物公園 -八丈島紀行 7-
b0025850_13543086.jpg

滞在3日目、帰りの飛行機まで時間があったので 空港の近くの公園へ。
八丈植物公園は、富士箱根伊豆国立公園のひとつで 広大な敷地に
熱帯・亜熱帯の植物が拡がる とても素晴らしい公園です。
とても短時間では周りきれませんでしたが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います。

b0025850_13592211.jpg




園内は、公園というより植物園。
遊歩道は、森の中を抜けています。
ちょっとした熱帯のジャングル気分。
時々、道に迷いそうなるほどです。

鮮やかなハイビスカスのほか、
八丈特産の明日葉や、アロエ。
珍しいガジュマルの樹
大きな大きなゴムの木も。



b0025850_14111223.jpgb0025850_14112595.jpg



どこまで歩いても、森が続くような造りが 素晴らしい!
深呼吸をして、緑のパワーをたっぷりもらいました。
お盆休みだというのに、人が少なく とても贅沢な空間。
b0025850_14144019.jpg


こんなにかわいい動物もいます!
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-21 14:37 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(0)
島料理と港。 -八丈島紀行 6-
b0025850_844685.jpg
八丈の島料理で使われる「明日葉あしたば)」は、
別名 八丈草と呼ばれるほど、島のあちこちで見かける植物。
セリ科の薬草で、独特の渋み・苦味があり ビタミン豊富。

明日葉の天ぷらやおひたしを頂きました。
写真は、空港で売っている 明日葉茶
お茶だと香ばしく飲みやすかったです。

老化防止や美肌効果もあるらしく、最近では
化粧品の成分としても注目されているようです。


b0025850_851153.jpg

東京からの船が着く港のある 底土そこど)の海岸。
桟橋からも 泳いでいる魚が見えました。
そして、黒潮のぶつかる八丈の海で美味しいのは 新鮮な魚!
でも島の飲食店の数は、多いとはいえません。ある程度調べておかないと・・。
そこで、レンタカーやさんに聞いた おすすめの島料理のお店へ。

*********************************************************
b0025850_8554954.jpg
富士久 (くりや)

ジャズの流れるおしゃれなお店。
魚屋さんのお店だそうで、お刺身
びっくりするほど美味しかったです。

300円~の島料理を単品でいろいろ
注文してみました。名物「くさや」も!
明日葉のナムルや、島唐辛子味噌の
焼きおにぎり、島きゅうりなど、どれも◎


b0025850_9103811.jpg

こちらも名物の 島寿司
甘めのシャリにカラシ、醤油ダレに漬けた「ヅケ」。(ワサビじゃないのです)
食べやすく、あっという間に無くなってしまいました。また食べた~い!

 八丈町三根地区 空港から車で3分 八丈ストアーの近くです。日曜定休。
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-20 09:24 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(2)
乙千代ヶ浜でシュノーケリング。 -八丈島紀行 5-
b0025850_144984.jpg

大坂トンネルの展望。
島の南の海岸へ出るには、急斜面をのぼり 大坂トンネルをくぐります。
そのトンネルの手前が、有名な見晴らしスポット。ちょっと曇り気味でしたが
手前には西側の海岸線と、向こうに八丈富士が眺められる絶好のポイント。
いかに緑の多い島か、お分かりいただけるかと思います。
b0025850_14553976.jpg

乙千代ヶ浜(おっちょがはま)
海水浴場といっても、八丈の砂浜のビーチは 底土(そこど)の一か所だけ。
今回は、島の南西にあるダイビングスポットとしても知られる 乙千代ヶ浜へ。
10mくらいの高い岩場から、地元の子どもたちが飛び込んでいました!すごいなぁ~。
********************************************************
■水中用レンズ付きフィルムを持って、海に入ります。ザブザブ・・・
b0025850_152591.jpg

岩場だったので、波がぶつかって泡だらけですが 魚だらけ
細長い魚(名前は?)に、ぐる~っと囲まれ楽しかったです。
かわいい熱帯魚も見つけました。もっと沖へ出れば、海亀にも出会えるとか・・。

b0025850_1581036.jpg


ダイバーさんが、水中を通り過ぎて
いきました。ここで-5mくらいの場所。
沖は流されやすいので、ご注意くださいね。
片手に浮き輪をつかんで、泳ぎました。
つい夢中になって、時間が過ぎて・・ぐったり。

水の透明度は、季節や天気によって
ずいぶん変わるそうです。
この日は、少し曇っていました。
でも 八丈の海で泳げて本当に良かった!



島の天然温泉にも入りました。
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-19 15:38 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(8)
八丈島歴史民俗資料館 -八丈島紀行 4-
b0025850_10371766.jpg

海で泳ぐ前に、八丈の歴史と文化を少しでも・・と立ち寄った 歴史民俗資料館
想像以上に風情のある木造の建物(有形文化財)に、まずびっくり。
昔の学校かと思ったら、旧市庁舎だそうです。台風にも崩れなかったのですね。
空港から車で数分、入場料は 大人ひとり360円。
b0025850_1042012.jpg

中庭に面した、もう一つの出入り口。
八丈島の生活で使われてきた、農具や漁具、生活用品のほか、江戸時代の流人
歴史を物語る展示もあり、見ごたえ充分です。
土器や石器もあり、先史時代から八丈に人が住んでいたことも分かりました。

b0025850_10494011.jpg

中庭には、様々な亜熱帯の植物が。
赤やピンクのハイビスカスも鮮やかです。

b0025850_10501014.jpg



「玉石垣」もお見逃しなく!
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-18 11:07 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(4)
八丈富士・ふれあい牧場 -八丈島紀行 3-
b0025850_1456395.jpg

島には、八丈富士854m)と三原山(700m)の二つの山があります。
八丈富士の7合目に拡がるのは、八丈富士牧野・ふれあい牧場
頂上のカルデラへは徒歩になりますが、牧場まではレンタカーで。
上へ行くほどがかかって、一面の緑は別世界。東京都とは思えないほど・・。
マイナスイオン、届きますか?

b0025850_155450.jpg


大きな黒い牛
向こうには、眼下に
海が見えるのです。
牛も毎日、海を眺めて
いるのでしょうか?



b0025850_158423.jpg




反対側の柵には、茶色の牛
耳たぶに名札が付いていました。
後ろには、富士の裾野が拡がっています。
のどかですね~。

山の上なので、雲がどんどん流れて
光が刻々と変わり、面白かったです。
風が強く、芝生も揺れています。


b0025850_15104747.jpg


牧場の真ん中に、歩道があって
その先に島を見晴らす展望台が。
ちょっと曇っていたので残念ですが
気持ちの良い場所です。
八丈島空港も、下に見えます。


b0025850_1517502.jpg

牧場の売店で買った、「八丈島牛乳」。
小さな紙パックで、濃厚な美味しさ。
パッションフルーツ味ののソフトクリーム
外で食べると美味し~。そして、たっぷり深呼吸。
登山は大変そうなので、車で一周して下山しました。
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-17 15:26 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(2)
おじゃりやれ 八丈島。 -八丈島紀行 2-
b0025850_0401865.jpg

羽田- 八丈島間を結ぶエアーニッポン
機体は ボーイング737-400。通称、アイランド・ドルフィン
大きなイルカが描かれた、ブルーの機体が、八丈島空港に発着します。
わずか45分の空の旅は、本当にあっという間。
竹芝桟橋からのフェリーだと、10時間ほどかかるそうです。(東京より287km)

b0025850_0451198.jpg

八丈島空港ターミナル。羽田便しかないので、小さな空港ですが
お盆休みなので結構混雑していました。道路脇には、アロエとハイビスカスがいっぱい。

b0025850_052191.jpg



おじゃりやれ 八丈島
空港内にあった 記念撮影スポット。
ひょっこりひょうたん島のキャラクターたちが、お出迎え。
カレンダーやポスターも、あちこちで見かけました。
おじゃりやれとは、「おいで下さい」「いらっしゃい」という
意味の方言だそう。


********************************************************
b0025850_0573073.jpg


送迎車に乗って、ホテル
に向かう途中。
なんにもないね~!
信号は、島全体で11個。
亜熱帯の植物に囲まれ
南に来たのを実感。


b0025850_155041.jpg


■ 八丈シーパークリゾート
島では数少ないホテルのひとつ。落ち着いた洋室。
オーシャンビューの部屋は満室で、八丈富士側の部屋に。
海の見える展望露天風呂は、良い気分でした。
周辺は、緑と海だけなので とても静か。
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-16 01:20 | Travel -7 Japan 05 | Trackback | Comments(4)
羽田空港 第2ターミナル -八丈島紀行 1-
b0025850_13311290.jpg




羽田から八丈島までは、エアーニッポン
運航のANA便が 毎日4往復しています。
今年はJALしか 利用していなかったので
第2ターミナルは今回が初めてでした。

CMなどでもお馴染みの2階 出発ロビー
白く開放感があって、海外の空港みたい?
早めに着いたので、空港内をうろうろ。


b0025850_13395777.jpg




ロビーに隣接する マーケットプレイス
レストランや、ショップが並んでいます。
この連休中は、どこも大混雑!
店舗の詳細は 羽田空港HPへ。

5階の展望デッキまでは、写真の
筒のようなエレベーターで。
屋上の展望デッキは、とても広くて
離着陸する飛行機や、目の前に
止まっているANA機を沢山見ることが
できます。今の時期は、暑いのですが・・。
(入場無料)


b0025850_13535463.jpg

ちょうど目の前にピカチュウジャンボ!
とっても目立ちます。沖縄行きでしょうか?



********************************************************
b0025850_1465747.jpg

ガラスばりの第2ターミナル。
4階の自然式食堂餉餉 ke-keは、ヘルシーで美味しい自然食のビュッフェで、
窓側の席に座ると 目の前に飛行機が見えます。あまり並ばずに入れてラッキーでした。

ランチの席から 見えた飛行機。
[PR]
by sumi2211 | 2005-08-15 14:30 | Airlines & Mileage | Trackback | Comments(8)