タグ:国内美術館 ( 116 ) タグの人気記事
2017 青森函館の旅 ■ Day 4 あおもり
b0025850_20465377.jpg

星野リゾート 青森屋をチェックアウトし 送迎バスにて

b0025850_20481515.jpg

奥入瀬渓流ホテルに立寄り ラウンジの岡本太郎の大暖炉を眺め

b0025850_20503720.jpg

バスの車窓からは まだ雪化粧の奥入瀬渓流が

b0025850_20515060.jpg

八甲田山周辺は4月中旬でも この積雪でした

b0025850_20535653.jpg

青森市に到着してから すぐに棟方志功記念館へ

b0025850_20544767.jpg

その後 青森県立美術館のコレクション展へ

b0025850_20554922.jpg

奈良美智さんの「あおもり犬」は巨大な屋外展示作品

b0025850_20571180.jpg

たっぷり見学してから 再び北海道新幹線で函館へ

b0025850_20581258.jpg

函館名物? ラッキーピエロでお腹もいっぱい



[PR]
by sumi2211 | 2017-05-18 21:02 | Travel -17 Japan 17 | Comments(0)
2017 青森函館の旅 ■ Day 3 みさわ
b0025850_14021753.jpg


青森県十和田市から 路線バスで三沢市へ移動


b0025850_14034470.jpg


バスを乗り継いで 三沢市寺山修司記念館へ


b0025850_14055458.jpg


机の引き出しには直筆原稿など 素晴らしい常設展示


b0025850_14072483.jpg


湖畔の遊歩道には 寺山修司の記念碑も


b0025850_14085806.jpg


三沢基地となりの 青森県立三沢航空科学館


b0025850_14102917.jpg


自衛隊や米軍の実物航空機展示が充実


b0025850_14143577.jpg

この日は某国がミサイル発射をした日で 基地からは飛び立つ軍用機も


b0025850_14161761.jpg


三沢にある星野リゾート 青森屋に1泊


b0025850_14192867.jpg

藍色の掘りごたつのある「えんつこ」というお部屋


b0025850_14214987.jpg

館内にねぷたが飾られていたり ショーも行われます


b0025850_14223628.jpg
トロトロの温泉に入って 静かなラウンジでゆっくり




[PR]
by sumi2211 | 2017-05-06 14:30 | Travel -17 Japan 17 | Comments(0)
2017 青森函館の旅 ■ Day 2 とわだ
b0025850_14032605.jpg

函館朝市で海鮮丼の朝ご飯 なんと500円で美味


b0025850_14060450.jpg


イカ釣りの水槽にびっくり 泳いでいます


b0025850_14152870.jpg

北海道新幹線で 青函トンネルを通り 七戸十和田下車


b0025850_14182108.jpg

路線バスで 十和田市現代美術館前に到着
西沢立衛氏による建築も見どころ

b0025850_14204634.jpg

さっそく [フラワー・ホース]と記念撮影


b0025850_14233303.jpg

美術館前のアート広場には 草間彌生さん作品も


b0025850_14251068.jpg

ゆっくり常設展示を観てから 館内のカフェへ


b0025850_14263718.jpg

企画展 [村上隆のスーパーフラット現代陶芸考]
圧倒的な作品数と展示空間そのものが楽しい


b0025850_14301219.jpg

すぐ近くには 安藤忠雄氏設計 [十和田市民図書館]


b0025850_14374898.jpg

市民交流プラザ [トワーレ] 隈研吾氏の設計
十和田市内には 現代アートと有名建築があちこちに

b0025850_14434686.jpg

夕食は名物 十和田バラ焼きに挑戦
自分でタマネギをじっくり炒めて 大満足

b0025850_14504369.jpg

日没後には ライトアップがはじまり

b0025850_14520919.jpg

屋外展示も また違った印象になります
美術館外壁の照明は高橋匡太氏の作品

b0025850_14550284.jpg

閉館後も楽しめる 幻想的な美術館
ゆっくり十和田に宿泊して 本当に良かったと感動



[PR]
by sumi2211 | 2017-05-01 15:07 | Travel -17 Japan 17 | Comments(0)
2017 1-3月の美術館めぐり。
b0025850_13311593.jpg
年度末の仕事を終えて、今年も春の長期休暇に入りました。
すでに20本以上観ていますが、手帳は春もあちこちの展示スケジュールでびっしり!
その前に、まずは今年に入ってから鑑賞済みのリストをあげておきます。


瑛九 1935-1937 闇の中でレアルを探す /東京国立近代美術館
所蔵作品展 MOMATコレクション /東京国立近代美術館
ART+COM/ライゾマティクスリサーチ /NTT ICC
19th Domani 明日展 /国立新美術館
国立新美術館 開館10周年記念特別展 /国立新美術館
入江泰吉 奈良大和路写真展/FUJI FILM
David Bowie & Iggy Pop /BLOWS UP/Canon ギャラリーS

b0025850_13491233.jpg

石川直樹 この星の光の地図を写す/ 水戸芸術館現代美術ギャラリー
リニューアル記念名品展 海景-ATAMI-/ MOA美術館
WASHI /LIXILギャラリー
吉岡徳仁 スペクトル /資生堂ギャラリー
曖昧な関係展 /メゾンエルメス
太陽の宮殿 カールラガーフェルド写真展 /CHANEL NEXUS HALL
青木美歌 あなたに続く森 /ポーラミュージアムアネックス
ウィリアム・クライン写真展 1961 /AKIO NAGASAWA
寺崎百合子 図書館/ ギャラリー小柳
Lumiere 光 /資生堂銀座ビル

b0025850_13584452.jpg

柳宗悦と民藝運動の作家たち /日本民藝館
これぞ暁斎!ゴールドマンコレクション /Bunkamuraザ・ミュージアム
・[講演] 仏教文化講座 画家・山口晃氏/築地本願寺


銀座・歌舞伎座にあるタリーズでは、隈取りアートのソイカプチーノをいただきました。
3月もいま話題の大きな展示を会期早々に観ていますが、それらはまた次回に。
来月には、遠方の美術館にも旅する予定で、ただいま計画中です。   sumi

[PR]
by sumi2211 | 2017-03-26 14:21 | Art & Cinema | Comments(0)
2月は、日帰り美術館の旅。 水戸&熱海
b0025850_19161586.jpg

まだまだ寒さ厳しい日々ですが、じっとしていたら観たい展示が終わってしまう!と
週末ごとに、日帰りで美術館へ出かけています。(写真は全て撮影可能なエリアのもの)

先々週は、水戸芸術館 現代美術ギャラリーの「石川直樹 この星の光の地図を写す」へ。
写真集を集めるほど、石川直樹さんの作品は好きなので とても楽しみにしていました。
意外にも水戸芸術館を訪れたのは初めてで、片道3時間近くかけて行った甲斐あり。
展示室ごとに雰囲気が変わったり、旅の私物の展示もあり、大規模な個展です。
(2/26まで。来月発売予定の図録も楽しみ!)

b0025850_19271648.jpg

そして先週は、静岡県熱海市のMOA美術館日帰り温泉へ。
これまで何度か訪れている美術館ですが、リニューアル後の展示室が気になっていました。

約一年の改修を経て、生まれ変わったばかりの リニューアル記念名品展+杉本博司
海景ーATAMI」。展示スペースの設計は、杉本博司氏と榊田倫之氏の「新素材研究所」が
手がけており、国宝や重文の数々を素晴らしい環境で鑑賞できると早くも話題です。

ガラスへの映り込みを極限まで抑え、写真撮影も可能。展示室の細部までのこだわりに
驚くばかり。熱海の海や紅梅を眺めつつ、尾形光琳の国宝・紅白梅図屏風や野々村仁清、
杉本氏の海景も一日で楽しめる、なんとも贅沢な2月の熱海です。(3/14まで)



■News■   当ブログ、アクセス60万人を超えました!

おかげさまで「旅の記憶ーtravelogueー」は、これまで600,000人以上の方々に
ご訪問いただきました。旅ブログとして2004年に始めたものの、今では旅行記の
更新が遅れていますが、それでも多くの方にご覧いただいており、感謝しています。
のんびりと続けますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。    sumi
[PR]
by sumi2211 | 2017-02-13 20:02 | Art & Cinema | Comments(0)
年末年始あれこれ。 2016-2017
b0025850_14132881.jpg

明日は節分ですが、その前に年末年始の様子をすこしだけ。
昨年のクリスマスには風邪で高熱を出し、年末も仕事を休んで静かに過ごして
いましたが、年明けには家族が肺炎で入院になり(いまは退院済み) お正月気分も
ほとんどないまま 近所の八幡宮に初詣だけは行ってきました。

そんな状況でも、お正月には「野村萬斎×真鍋大度 三番叟FORM」の素敵な舞台を
間近で観ることができ、縁起の良い年の初めとなりました。

b0025850_1427468.jpg

多くの展示を観た昨年。最後に訪れたのは、森美術館の「宇宙と芸術」展でした。
幅広い展示の中、ガリレオ・ガリレイの手稿や、天文学の貴重な古書にみとれました。
今年最初に観たのは、国立近代美術館の「瑛九 闇の中でレアルをさがす」展。
小規模ながら資料も充実した構成がとても素晴らしく、おすすめです(2/12まで)。

年末年始は買い物にも出かけられなかったのですが、予約購入できる タリーズの福袋は
入手しました。温かいコーヒーを飲んで、ほっと一息つく余裕を持てる年にしたいです。
[PR]
by sumi2211 | 2017-02-02 14:47 | Diary | Comments(0)
2016 秋の美術館めぐり。 その2
b0025850_19432279.jpg

11月に入ってから、今年二度目の「ぐるっとパス」を購入して あちこち訪問。
この季節は美術館のお庭の紅葉も美しく、美術館めぐりに最適でした。

「月ー夜を彩る清けき光」/渋谷区立松濤美術館
「円山応挙ー写生を超えて」/根津美術館
「天下人の愛した茶道具」/畠山記念館
「クリスチャン・ボルタンスキー アニミタスーさざめく亡霊たち」/東京都庭園美術館
「日本人と洋服の150年」/文化学園服飾博物館
「重要刀剣等新指定展」/刀剣博物館
「杉本博司 ロストヒューマン」/東京都写真美術館/2回目

b0025850_19551648.jpg

「リートフェルト/ブルーナ/ADO」/東京オペラシティアートギャラリー
「ロバート・フランク Books&Films,1947-2016」/東京藝術大学大学美術館
「モードとインテリアの20世紀展」/パナソニック汐留ミュージアム
「松島瑞巌寺と伊達政宗」/三井記念美術館
「鷗外、即興詩人の10年」/文京区立森鷗外記念館

b0025850_206564.jpg

「ピエール・ユイグ part2」/エスパス・ルイ・ヴィトン東京
「マサイマラ」アヌップ・シャー/コニカミノルタ
「ダリ展」/国立新美術館
「牛腸茂雄という写真家がいた。」/FUJIFILMスクエア
「生誕130年記念 藤田嗣治」/府中市美術館


以上、11月はハイペースで歩き廻って17本。「ぐるっとパス」も大活躍でした。
今月はまた風邪をこじらせてしまい、まだ観たい展示を観ていないのですが
2016年内の鑑賞は、のべ120本に届きそうです。実りの多い年になりました。


追伸:東京では39万人を動員した「ダリ展」でも紹介された スペイン・フィゲラスの
   ダリ劇場美術館 訪問記はこちらからご覧ください。   
[PR]
by sumi2211 | 2016-12-12 20:45 | Art & Cinema | Comments(0)
2016 秋の美術館めぐり。
b0025850_21254792.jpg

前回の夏の更新から、季節が変わって あっという間に11月。
ここ数ヶ月は、資格試験とリフォーム工事と引越と、度重なる体調不良で
休日も出かけることは減りましたが、10月はまた少し美術館めぐりができました。

・「石内都 Frida is」資生堂ギャラリー(8月)
・「文字の博覧会」中西コレクション/LIXILギャラリー
・「Drawing,Photograph,Maquette」安藤忠雄/AKIO NAGASAWA
・「ウルトラ植物博覧会2016」西畠清順/ポーラミュージアムアネックス
・「ADC展」ギンザグラフィックギャラリー(9月)
・「奥村雄樹による高橋尚愛展」メゾン・エルメス・フォーラム
・「杉本博司 ロスト・ヒューマン」東京都写真美術館(10月)
・「木々との対話」東京都美術館
・「ウジェーヌ・カリエール展」損保ジャパン日本興亜美術館

b0025850_21471733.jpg


・「鈴木其一展」サントリー美術館
・「トーマス・ルフ展」国立近代美術館
・「奈良美智がえらぶMOMATコレクション」国立近代美術館
・「六本木アートナイト2016」東京ミッドタウン
・「私の選んだ一品2016」Gデザイン賞/ミッドタウンデザインハブ
・「ミシェル・ブラジー展」メゾン・エルメス・フォーラム
・「Gucci 4 rooms」グッチ銀座店
・「篠田桃紅展」銀座三越
・「文化庁メディア芸術祭20周年企画展 変える力」アーツ千代田3331
・「New Style New Artist-アーティストたちの新たな流儀」ICC


秋の展覧会シーズンは、まだまだこれからなので いつどこで観ようか計画中。
まだ引越の仮住まい中ですが、大好きな季節をアクティブに過ごしたいです。
みなさまも、素敵な秋をお過ごしください。       sumi


追伸: 先日 ファイナンシャル・プランナー技能士(国家資格)に合格しました!
[PR]
by sumi2211 | 2016-10-31 22:22 | Art & Cinema | Comments(2)
4・5月のおぼえがき。 美術館&ギャラリー
b0025850_2244026.jpg

先月から仕事が忙しくなり、なかなか更新できずにいたら、もう水無月も下旬。
すでに終了している展示がほとんどですが、訪れた美術館リストの続きを。

軽井沢絵本の森美術館/長野県 ムーゼの森
エルツおもちゃ博物館/長野県 ムーゼの森
近代文学の150年/日本近代文学館
REVALUE NIPPON PROJECT/パナソニック汐留ミュージアム
椿会展「初心」/資生堂ギャラリー
福原信三・路草 写真展/資生堂銀座ビル
合田佐和子ポスター展/ポスターハリスギャラリー


b0025850_22195683.jpg

旅するルイ・ヴィトン/紀尾井町特設会場
北大路魯山人 和食の天才/三井記念美術館
深堀隆介 金魚養画場/渋谷西武
ライアン・マッギンレー BODY LOUD!/東京オペラシティアートギャラリー
MOTコレクション/東京都現代美術館
Nightscape 2050/テンポラリー・コンテンポラリー
井津建郎 ブータン 内なる聖地/コニカミノルタギャラリー


b0025850_22252627.jpg

ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す/三島 ベルナール・ビュフェ美術館
ビュフェと1940-1950年代/三島 ベルナール・ビュフェ美術館
本橋成一 在り処/三島 IZU PHOTO MUSEUM
KIGI in Clematis no oka/三島 ヴァンジ彫刻庭園美術館
ジュリアーノ・ヴァンジ 常設コレクション/三島 ヴァンジ彫刻庭園美術館
没後40年 高島野十郎展/目黒区美術館
メディチ家の至宝/東京都庭園美術館
国立科学博物館付属自然教育園/港区
三分一博志展/TOTOミュージアム間


5月に入ってからは、静岡県三島市まで日帰りで展示を観に行ったり
家族旅行で軽井沢の美術館も訪れることができました。
三島のクレマチスの丘の美術館の様子は、後日あらためてご紹介したいです。

都内の美術館は、共通入場券「ぐるっとパス2016」も活用してお得に。
6月のリストももうできあがりそうなので、また次に続きます。

もはや旅ブログが美術館ブログになりつつありますが、、。そんな日々です。  sumi


[PR]
by sumi2211 | 2016-06-26 22:55 | Art & Cinema | Comments(0)
4・5月のおぼえがき。 美術館&ギャラリー vol.1
b0025850_21255056.jpg

3月のおぼえがき。に続いて、4月と5月に訪れた美術館とギャラリーのメモ。
長い休暇を取ったので、今年はすでに昨年を超える 60本以上の展示を観ていて
一度に書ききれないため、vol.2につづく予定です。

ロベール・クートラス 屋根裏の展覧会/渋谷 nani
コンデナスト社のファッション写真でみる100年/CHANEL NEXUS HALL
花代&沢渡朔「点子」/ギャラリー小柳
薬草の博物誌/LIXILギャラリー
七搦綾乃 rainbows edge/資生堂ギャラリー
小部屋のクートラス/NADiff Gallery
毛利悠子 Pleated Image/恵比寿 waiting room
生誕300年 若冲展/東京都美術館
没後100年 宮川香山/サントリー美術館

b0025850_21475955.jpg

表書院 円山応挙襖絵/金刀比羅宮
猪熊弦一郎 Faces/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
猪熊弦一郎 私の履歴書 前編/丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
イサムノグチ庭園美術館/高松市牟礼
2016年度第1期 常設展/高松市美術館
常設展/香川県立ミュージアム
内藤礼 母型/豊島美術館
横尾忠則 豊島横尾館/豊島
クリスチャン・ボルタンスキー 心臓音のアーカイブ/豊島
大竹伸朗 針工場/豊島
芹沢銈介のいろは/東京国立近代美術館 工芸館


b0025850_2201527.jpg

山口晃 馬鑑/根岸 馬の博物館
ジャック・アンリ・ラルティーグ 幸せの瞬間をつかまえて/埼玉県立近代美術館
MOMASコレクション/埼玉県立近代美術館
若林奮 飛葉と振動/うらわ美術館
近代文学の150年/日本近代文学館
旧前田邸 和館/目黒区駒場公園
徳川家康・日本国憲法展示/国立公文書館

古今東西を問わず、あらゆるジャンルに興味が及んでいるのが分かりますが
昔から、観たいものや好きなものは あまり変わっていないようにも思います。

休暇を利用し、思い切って遠方の美術館にも訪れることができ本当に良かったです。
どの美術館もそれぞれに良さがあり、また訪れたいところばかりでした。

(vol.2につづく)
[PR]
by sumi2211 | 2016-06-04 22:29 | Art & Cinema | Comments(0)