タグ:国内美術館 ( 113 ) タグの人気記事
「ぐるっとパス2015」であちこち。
b0025850_2142128.jpg

ぐるっとパスは、東京の美術館・博物館の共通入場券&割引券です。
2000円で2ヶ月間有効で、都内の78もの文化施設で利用できます。
今年は以前より美術館に行くようになったので、夏に初めて購入しました。

ぐるっとパスを手に入れてから、休日になると2〜3の展示をハシゴする日々で
それでも全ては廻りきれず、使用できたのは22か所。1000円以上する展示もあり
十分に元が取れたので大満足です!また展示が変わる頃に、購入するつもり。


2015年9月〜11月に訪れた展覧会と文化施設 (観覧順)

b0025850_2152335.jpg

「画鬼暁斎 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」 三菱一号館美術館
「鈴木理策 意識の流れ」 東京オペラシティアートギャラリー *
「鈴木理策 水鏡」 ギャラリー小柳
「ラース・ミュラー 本」 ギンザグラフィックギャラリー
「柴田敏雄 写真展」 AKIO NAGASAWA
「村野藤吾の建築」 目黒区美術館 *
「No museum,No Life」 「中平卓馬」 東京国立近代美術館 *
「松岡コレクション」松岡美術館 *
「アールデコの邸宅美術館」東京都庭園美術館 *
 国立科学博物館付属自然教育園 入場 *
 
b0025850_22344191.jpg

 井の頭自然文化園 入場 *
「生誕200年記念 伊豆の長八」 武蔵野市立吉祥寺美術館 *
「エピソード」文化学園服飾博物館 *
「ル・コルビュジエ 女性と海」「常設展」 国立西洋美術館 *
「キュッパのびじゅつかん」 東京都美術館 *
「藤田嗣治 全所蔵作品展示。」 東京国立近代美術館 *
「蔵王権現と修験の秘宝」 三井記念美術館 *
「我家吾家物譚展」 朝倉彫塑館 *
「常設展」江戸東京博物館 *
「ドクトルリンタロウ 医学者としての鷗外」 文京区立森鷗外記念館 *
「館蔵 秋の優品展 国宝紫式部日記絵巻公開」 五島美術館 *

b0025850_22351489.jpg

「ラビリンス・オブ・アンダーカバー」 東京オペラシティアートギャラリー *
「オープン・スペース2015」 NTTインターコミュニケーションセンター*
「ギリシア考古学の父 シュリーマン」 古代オリエント博物館 *
「フランク・O・ゲーリー×二川幸夫 写真展」 GA gallery
「フランク・ゲーリー」 エスパス・ルイ・ヴィトン東京
「ゴーギャンとポン=タヴァンの画家たち」 パナソニック汐留ミュージアム *
「常設展示」 江東区深川江戸資料館 *
「パリの四ヶ月 浜口陽三と秋山庄太郎」 ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション *
「MOTコレクション」「オノ・ヨーコ私の窓から」 東京都現代美術館 *
「杉本博司 趣味と芸術」 千葉市美術館

*印は「ぐるっとパス2015」 を利用できる施設。上の写真はごく一部です。


手帳のメモでは、今年に入ってすでに60本の展示を(趣味で)観ています!
実はいま自分が働いているのも、ぐるっとパスに参加している78施設の一つなので
ONでもOFFでも、ほぼ週6日はどこかの美術館や文化施設に通っている日々です。
昔からずっと美術館や博物館が好きだから、たぶん飽きることはないでしょう。
[PR]
by sumi2211 | 2015-11-16 22:39 | Art & Cinema | Comments(2)
特別展 蔵王権現と修験の秘宝@三井記念美術館
b0025850_22464266.png

「ぐるっとパス2015」という美術館共通パスを買ったので、ここ1か月の間に
都内の美術館を10館以上訪れています。休みの日にはまとめてあちこち。
昨日は、日本橋の三井記念美術館蔵王権現と修験の秘宝」展。

展示替えがあり、うっかり重文の蔵王権現像を少し見逃してしまったのですが
それでも多くの仏さまや国宝の数々に出会えて、至福の時でした。
如意輪寺の阿弥陀如来さまも、とても美しく心が洗われるようでした。

b0025850_22573245.png

ぐるっとパスで入場無料だったので、ミュージアムショップで金峯山寺の護身念珠を。
なかなか吉野まで参拝に行けないので、ありがたいです。
会場で山岳信仰の映像を観ていたら、また奈良の山々を歩きたくなりました。
  *過去の奈良旅行記こちらから


b0025850_2362095.png

久しぶりに日本橋に行ったので、美術館前のCOREDO室町などを散策。
和の調味料や調理雑貨のお店など充実していて、見て回るのも楽しいです。
ビルの裏には、福徳神社という由緒ある神社もあります。


b0025850_23113316.png

夕方には竹橋の国立近代美術館へ。金曜夜は夜間開館で20時まで。
目的は「MOMATコレクション 特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示。」。
パリ時代の本の挿絵などが好きな私には、今回の戦争画の数々はずっしりと重苦しい。
ですが、Foujitaの生涯を想い、その言葉も知る事が出来たのは収穫でした。

ぐるっとパス2015で観た他の展示については、近々まとめて書きます。 
有効期間2か月で、どれだけ観たいものを観ることができるでしょうか?
[PR]
by sumi2211 | 2015-10-10 23:35 | Art & Cinema | Comments(0)
「絵の始まり絵の終わり」展 @武蔵野美術大学美術館
b0025850_12245741.jpg

週末に、初めて武蔵野美術大学のキャンパスに行ってきました。
国分寺駅からバスで20分(もしくは最寄り駅から徒歩18分)という立地なので
なかなか訪れずにいましたが、8/16までの展示を観たかったのです。

b0025850_12281120.jpg

1967年に開館した大学内の美術館は、2011年に大規模なリニューアルを経て
無料で見学できるとは思えないぐらい素敵。この日は3つの企画展を行っていて
絵の始まり絵の終わり 下絵と本画の物語」展では河鍋暁斎の下絵をじっくり鑑賞。

b0025850_12333964.jpg

美術館の中には、名作椅子のギャラリーや 映像資料のライブラリーも。
そしてこの日は、オープンキャンパスを開催していたため、私も教室に座って
インテリアデザイナー 片山正通教授の模擬授業も聴講。今どきの大学って!と驚き。

b0025850_1239252.jpg

2010年に完成した武蔵野美術大学の図書館。普段はなかなか入れないのですが
オープンキャンパスのため一般開放されていて、ゆっくり見学できました。
充実した美術系の蔵書だけでなく、開放的で楽しい図書館の空間を楽しめました。

ムサビの学生さんが羨ましくなるほどの美術館と図書館だったので、また機会があれば
伺いたいです。自分は一般大学だったので、美大には昔から憧れがあります。


武蔵野美術大学 美術館・図書館HP http://mauml.musabi.ac.jp
多摩美術大学の八王子図書館にも一度行かなくては!
[PR]
by sumi2211 | 2015-08-17 13:01 | Art & Cinema | Comments(0)
藤本壮介展 未来の未来 @TOTOギャラリー・間
b0025850_9561640.jpg


もう終了しているのですが、素敵な展示
だったので個人的なメモを。

乃木坂のTOTOギャラリー・間で行われた
建築家 藤本壮介さんの展覧会。
展示方法が面白いと聞いていました。



b0025850_101284.jpg


ギャラリーは2フロアあり、室内と屋外が
あるのですが、合わせて 100以上の
建築模型がびっしり。それぞれに
印象的な言葉が添えられていたりして
時に文学や哲学のようでもあり。



b0025850_1043562.jpg


写真撮影もできるので、お気に入りを
探して撮るのも楽しい展示でした。
建築を学んでいない人でも興味が
持てるのは、素晴らしいですね。

TOTOのブックショップもおすすめ。



b0025850_1092285.jpg



そのまま歩いて、新国立美術館へ。
ここは展示を観なくても、ショップやカフェ
目的で立ち寄ったりします。
今は、マグリットが来ています。



b0025850_10113940.jpg



歩き回って疲れたら、ミッドタウンの
IDEE CAFE PARcで ひと休み。
テラス席が気持ちよい季節になりました。
[PR]
by sumi2211 | 2015-06-14 10:17 | Art & Cinema | Comments(0)
「植草甚一スクラップ・ブック」展 @世田谷文学館
b0025850_226179.jpg



GW明けには、久しぶりに世田谷文学館へ。
とても楽しみにしていた植草甚一氏の展示
を観に。世田文の開館20周年を記念しての
企画展だそうです。(〜7/5まで)



b0025850_22114842.jpg


スクラップブックやコラージュだけでなく
びっしりと書き込まれた直筆のノートが
素晴らしい!映画、音楽、文学など様々に
博覧強記の文筆家の人生に圧倒されます。

館内は、写真撮影可能スペースも。


b0025850_22161492.jpg



4万冊の蔵書を持っていたと言われる
植草甚一氏は、かつて下北沢に古書店
三歩屋」を開く構想をしていました。

そのイメージを再現した展示で、実際に
本を手に取る事もできます。



b0025850_2219211.jpg



直筆原稿などの展示数も多いので、
時間をつくって、もう一度ゆっくり読みに
行きたいなと思っています。

世田谷文学館HP
http://www.setabun.or.jp/index.html
[PR]
by sumi2211 | 2015-05-25 22:30 | Art & Cinema | Comments(0)
5月の東京美術散歩。
b0025850_14104374.jpg

自宅の鉢植えのバラが、今年もきれいに咲きました。
冬の間は静かにしていたオリーブの木もレモンの木も、すっかり元気に。
お天気の日は、散歩しながら美術館めぐりが気持ち良いです。

b0025850_14154994.jpg

まずは国立近代美術館の「片岡球子展」。(〜5/17)
80歳を過ぎても描き続け、90代になっても迫力ある大作を手がけていらしたことに
衝撃を受けました。人生長いなぁ!富士山のミネラルウォーターも記念にゲット。

b0025850_14222035.jpg

近美から皇居まわりを歩いて、そのまま日比谷公園へ。
公園内の日比谷図書文化館へ、宮廷画家「ルドゥーテ 美花選」を観に。
アプリ みゅーぽんの割引で200円! 間近でじっくり鑑賞できる良い機会でした。

b0025850_1428210.jpg

さらに銀座に出て、メゾンエルメス フォーラムの「線を聴く」展。(〜7/5)
森美術館の展示と呼応し、国内外の様々なアーティストの線に焦点を当てた作品を。
貴重なストーンコレクションや、キャプションの詩的な言葉の数々も興味深かったです。
http://www.maisonhermes.jp/ginza/gallery/archives/8115/
[PR]
by sumi2211 | 2015-05-10 14:44 | Art & Cinema | Comments(0)
若冲と蕪村 @サントリー美術館
b0025850_2159299.jpg


1716年生まれの 伊藤若冲与謝蕪村
その天才絵師2人の作品をたっぷりと
堪能できる 贅沢な展覧会を観に。

いつもながら、サントリー美術館
ぐっとくる好みの企画展が多いです。
今回は展示替え作品がかなり多く
前半を見逃したのが悔やまれました。


b0025850_21592381.jpg



先月の25日は入館料が500円!という
ことで駆けつけたのですが、その日は
街全体で「六本木アートナイト 2015
のイベント中でした。美術館もなんと
24時まで開館という、素晴らしい企画。


b0025850_21594364.jpg


アートナイトの一環で、ミッドタウンでも
ライブパフォーマンスや作品展示が多く
もっとゆっくり夜更かししたかったです。
コアタイムが日没から日の出までで、
明け方まであちこち賑わうのだとか!

ルーブル展関連で、ニケのレプリカ発見。


*六本木アートナイト2015 HP http://www.roppongiartnight.com/2015/
[PR]
by sumi2211 | 2015-05-01 22:12 | Art & Cinema | Comments(0)
ダブル・インパクト展 @東京藝術大学 大学美術館
b0025850_11592061.jpg

先週末、上野公園の桜を眺めつつ、東京藝大美術館へ。
始まったばかりの「ボストン美術館×東京藝術大学 ダブル・インパクト
明治ニッポンの美
」展を鑑賞しました。

日米双方のコレクションから、明治時代の日本の美をとらえたユニークな展示で、
絵画から工芸まで多岐にわたり、充実した内容で楽しめました。

まだ週末でも混んでいませんでしたが、メディアに取り上げられたら 話題になるはず。
構成や解説も見やすくて とても良かったです。春のおすすめ! 5/17まで。

http://double-impact.exhn.jp
[PR]
by sumi2211 | 2015-04-06 18:48 | Art & Cinema | Trackback | Comments(0)
ロベール・クートラス展 「夜を包む色彩」
b0025850_1175415.jpg

渋谷に用事があったついでに、松濤美術館に立ち寄り 入場無料の展示を鑑賞。
没後30年の ロベール・クートラス展「夜を包む色彩」。

評判は聞いていたのですが、油彩の小さなカルトやグワッシュが 本当に素晴らしい。
白井晟一設計の教会のような美術館の雰囲気にも、とても良く合っていました。

b0025850_11165498.jpg

残念ながら図録は完売していたので、展覧会のポスター(200円)を購入して
カルトの大きさに切り取ってみたら、良い感じになりました。1970年代《僕の夜》より

孤独な夜に描き続けたという クートラスの生涯も興味深いので、これから伝記も
読んでみます。渋谷区立松濤美術館 3月15日まで お見逃しなく。
 
      *http://www.shoto-museum.jp
     *4/5まで Bunkamuraのナディッフモダンでも関連展示あり。
[PR]
by sumi2211 | 2015-03-09 11:32 | Art & Cinema | Comments(0)
岡本太郎記念館のアトリエ @南青山
b0025850_22521227.jpg

ふと思い立って、南青山にある 岡本太郎記念館へ。
建物は、1996年に岡本太郎さんが亡くなるまで住んでいた住居兼アトリエ。

b0025850_2257524.jpg

岡本太郎の言葉」という企画展を観にいったのですが
やはり印象に残るのは常設の 時が止まっているようなアトリエ。

b0025850_2259476.jpg

アトリエにあるピアノや、書棚に並ぶ沢山の蔵書。
描きかけのキャンバス、あらゆる大きさの絵筆。

b0025850_2323518.jpg

外光がたっぷり降りそそぐ 天井の高い空間の心地よさは
実際にそこに行ってみないと分からない。何か生きているような。。

b0025850_2364036.jpg

あちこちに作品が並ぶ 小さなお庭も素敵。
写真撮影OKなのも嬉しい 記念館です。 Camera: iPhone6

*岡本太郎記念館HP  http://www.taro-okamoto.or.jp
[PR]
by sumi2211 | 2015-02-18 23:10 | Art & Cinema | Trackback | Comments(0)