タグ:国内美術館 ( 119 ) タグの人気記事
「描かれた都」展 と ホテルオークラ東京
b0025850_22393290.jpg


虎ノ門にある ホテルオークラ東京
谷口吉郎氏の設計による本館ロビーは
和の美しさを感じさせる落ち着いた空間。

外資系ホテルが続々と増えている都内で
やはりオークラの雰囲気は独特です。
この日は大手出版社の授賞式も!



b0025850_22541757.jpg


訪れたのは、オークラの敷地内にある
大倉集古館」での展示を観るのが目的。
美術展の入場券とホテルのランチが
セットになっているチケットを購入。

ランチは、館内5つのレストランから選べ
指定の特別メニューとなります。



b0025850_225938.jpg


本館11階のチャイニーズテーブル
スターライト」へ。ほぼ満席でした。
お昼時は、ビジネスマンのミーティングが
多く、また年齢層が高めなのもオークラ
らしいなと感じます。
私の世代は見当たらず・・。



b0025850_234126.jpg



美術展セットランチのサラダ
カクテルグラスに入った中華風
サラダで、帆立や海老がたくさん。
さっぱりと美味しい。


b0025850_2352125.jpg

続いて、コーンスープとチャイナプレート。エビチリと牛肉炒めと点心でした。
白いご飯を頼みたくなってしまうメニューでしたが、少しずつ色々食べられるのが
嬉しいです。このレストランは、飲茶50種類の食べ放題ランチが人気なのだとか。


b0025850_2385251.jpg



お椀にたっぷりのお粥
貝柱の出汁がきいた中華粥で、
とろとろに煮込まれています。
香港のお粥屋さんを思い出します。



b0025850_23112747.jpg


最後に、とろける杏仁豆腐
温かいジャスミン茶はポットサービス。
どれも美味しく、量もあったので
お得ではないでしょうか。
細やかなサービスも流石でした。

美術展とのセット券で3300円



b0025850_2316043.jpg

ランチの後には、本館の向かい側にある 大倉集古館へ。
大正6年に実業家・大倉喜八郎氏が設立した 日本初の私立美術館で、龍宮城のような
建物もインパクトがあります。コレクションには国宝の「古今和歌集序」なども。

12/15まで開催中の「描かれた都」展は、日本と中国の4つの都市を描いた作品を集め
広重・北斎・狩野永徳・伊藤若冲に加え、現代の山口晃氏の作品も並ぶ ユニークな企画。


大学の卒論で「江戸名所図絵」の本を買い揃えた私には、興味深い作品ばかりで
中でも鍬形蕙斎の「東都繁昌図巻」に描かれた、活き活きとした江戸の描写に釘づけ!
鳥瞰図や地図が好きな方や、漫画が好きな方にも楽しめる展示ではないかと思います。

中国の明時代の絵巻物も、可愛い〜と言ってしまうほど 人物や街の描写が細かく
楽しめました。混雑が無く、どの作品もじっくり近くで鑑賞できます。


b0025850_0475059.jpg



ホテルオークラ東京 http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/

大倉集古館  http://www.shukokan.org/index.html
   ランチセット券のほか、ティー&ケーキセット券1800円もあり
[PR]
by sumi2211 | 2013-12-07 00:01 | Art & Cinema | Trackback | Comments(0)
東京駅周辺の美術館をあちこち。
b0025850_1822339.jpg

出光美術館から眺める 皇居の紅葉。いよいよ師走となりましたが
年内に観ておきたい美術展がいっぱいで、あちこちハシゴしています。
今年の春夏は西洋美術の大作が次々と来日しましたが、今の時期は日本美術が充実。


b0025850_186669.jpg



出光美術館「江戸の狩野派」展。
先日上野で観た「京都」展に続いて、狩野探幽を
中心とした図屏風や軸物が多数。12/15まで
風景や植物のスケッチが珍しくて、興味深い。

書画家の母と、中世や近世の日本美術を観ると
いつも勝手に解説付きです(笑)



b0025850_1812497.jpg




有楽町にある出光から、15分ほど歩いて
東京駅まで。途中で丸ビルを通り抜けたら、
クリスマスツリーがきれいでした。



b0025850_18132445.jpg


東京ステーションギャラリー
生誕100年!植田正治のつくりかた

鳥取の記念館まで観に行くほど、植田氏の作品は
観ていますが 大規模な回顧展は久しぶり。
初期から最晩年までの作品を揃えています。



会場には、植田氏の印象的な言葉もあちこちにあり、作品と合わせ読み進めると
とても素晴らしい。80歳を超えた最晩年のカラー作品の数々は、初めて観たような
気がしますが、一貫して写真への愛が感じられ 思わず涙が滲みそうに・・。
生涯アマチュアと名乗っていた写真家の、純粋な想いが伝わる写真展でした。


b0025850_18251670.jpg



この東京ステーションギャラリー
2012年秋に生まれ変わったばかり。
2フロアをつなぐ階段には、東京駅の
歴史を物語るシャンデリアが。

*1年前の東京駅舎レポート



b0025850_1830048.jpg



階段と2階展示室の壁面は、東京駅の
昔のレンガ壁を残し保存しています。
ひび割れたレンガ壁がつくる空間に、
植田正治氏のモノクローム作品が合い
素敵なギャラリーです。



b0025850_18324094.jpg


展示室の出口からは、東京駅丸の内
北口改札のホールが見下ろせます。
ギャラリーのショップには、東京駅の
オリジナルグッズも色々あって楽しい。

*東京ステーションギャラリー HP
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/



*ちょっとお得な情報!
美術館や周辺施設で無料配布されている「東京駅周辺美術館MAP」を窓口で提示すると
東京駅周辺の5つの美術館が100円引きに。(三井/三菱/出光/ブリヂストン/東京駅)
[PR]
by sumi2211 | 2013-12-05 00:01 | Art & Cinema | Trackback | Comments(0)
日帰りで奈良と京都へ・・?
b0025850_18392470.jpg



先週の秋晴れの日、上野公園へ。
まずは東京藝術大学美術館で開催中の
国宝 興福寺仏頭展」を鑑賞。

白鳳時代の仏頭のほか、木造の十二神将
立像や板彫十二神将像など、迫力と見応え
がありました。仏像好きは必見です。
さすがは奈良の興福寺!と 納得でした。
明日 11/24まで。



b0025850_192612.jpg




そのあと、続けて東京国立博物館の
京都展  洛中洛外図と障壁画の美」。

洛中洛外図屏風や、二条城の障壁画を
丸ごと移して再現した部屋など 大作が。
龍安寺の石庭の四季を映像で見せたり、
最新の技術も見どころ。12/1まで。

*東京国立博物館 http://www.tnm.jp



b0025850_1856863.jpg




興福寺展のあと、藝大の学食でランチ。
サワラのバジル風味定食 580円!
小鉢は好きなおかずを自分で選べます。

1日で、京都と奈良の美をはしごして
心もおなかいっぱいになりました。


[PR]
by sumi2211 | 2013-11-23 19:09 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
横浜にちょっと寄り道。 
b0025850_23223641.jpg

横須賀の軍港めぐりの後、汐入駅から乗らずに ドブ板通りを散策しながら
横須賀中央駅まで歩きました。ミリタリーショップやダイナーがあったり
懐かしい昭和の雰囲気の商店街があったり、横須賀は面白い!

b0025850_2324133.jpg

京急に乗って、30分ほどで横浜駅。そこからみなとみらい線で「みなとみらい」まで。
みなとみらい駅は、今年6月にオープンしたばかりの「MARK IS みなとみらい」に
直結しています。どんな感じかな〜とざざっと偵察。全189店舗。

話題のカフェやレストランは混んでいましたが、館内は通路が広くてゆったり。
Ron Herman や UGG のほか、アウトドア系やファミリー向けのお店も多いです。
   *MARK IS みなとみらいHP http://www.mec-markis.jp/mm/


b0025850_2335182.jpg



MARK IS の屋上は緑化されていて
菜園もあるそうですが、5階の「みんなの庭」
からは、ランドマークタワーの夜景も。

間近で見上げると、本当に大きなタワーですが
軍港めぐりで見た空母の大きさを改めて実感。



b0025850_2339878.jpg

MARK IS は、横浜美術館の正面と向かい合っているので 屋上からは美術館も
見下ろせます。帰りに横浜に寄ったのは、この横美に行くためだったのですが
館内が混雑していたので、ちょっと MARK IS で時間をつぶしたのでした。


b0025850_23405332.jpg


横浜美術館「プーシキン美術館展
モスクワの美術館の フランス絵画展で
17世紀〜20世紀の絵画史を総括するような
ビッグネーム揃いでした。(〜9/16終了)

葉書のプレゼントがあり、一番見たかった
アングルの「聖杯前の聖母」が当たり幸運。
横浜・横須賀を1日で満喫しました。
[PR]
by sumi2211 | 2013-09-29 22:00 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
夏の駒場公園 その2 文学館とBUNDAN
b0025850_073422.jpg

さて、駒場公園内 旧前田邸の脇を歩いて行くと 日本近代文学館があります。
明治以降の日本の近・現代文学関係資料を100万点以上収集し、展示や一般公開も
おこなっています。文豪の貴重な直筆原稿が展示されていることも。

  *財団法人 日本近代文学館 http://www.bungakukan.or.jp/

b0025850_0134813.jpg




BUNDAN COFFEE & BEER

この日は、文学館内の新しいカフェに行くのが
目的だったので、有料の展示室には入らず
ブンダンという名のカフェに直行。

店内入口から本が置かれていて、
ショーケースでは文房具の販売もあります。
総合プロデュースは、東京ピストルという
クリエイティブカンパニー。



b0025850_02278.jpg





店内は20席ほどで、あまり広くはないものの
壁一面に本棚があり 2万冊もの古本に
埋め尽くされています。その本は販売品ではなく
店内で自由に読む事ができるものです。

ざっと見てみると、文学に限らず サブカルや
マンガもあり、ヤケのある年季の入った本多め。
ちくま・岩波文庫の品揃えも興味深いです。



b0025850_028598.jpg




午後のアップルパイ
尾崎翠の戯曲の題がついたアップルパイ。
コーヒーとのセットで1000円。

バニラアイスが添えられ、パリッ香ばしい
パイにしっとりとした温かい林檎が絶品。
期待を上回る美味しさで、このパイのために
また来なければと思ったほど!



b0025850_0333896.jpg
寺山 TERAYAMA
こだわりのコーヒーは、4種類の豆が。
寺山修司は好きなので、寺山とう名のモカを
頼みました。丁寧にいれるので少々待ちますが
じっくりと満足できる一杯でした。

他にも、芥川・鴎外・敦 がメニューに。
三軒茶屋の OBSCURA COFFEE ROASTERS
が手がけているコーヒーだそう。
アイスコーヒーや紅茶もあります。



b0025850_0405448.jpg


そんな文学解説つきのメニューを
見ているだけでも楽しいのですが、せっかく
なので読書も数冊楽しみました。

白洲正子著「名人は危うきに遊ぶ」
エッセイの中に、ハッとする言葉もあり。



b0025850_0445880.jpg





気付けば2時間ほど 居たでしょうか。
店内にはいろいろな形の机と椅子があり
お客には、東大の先生や文芸編集者も?

ブックカフェだからと言って、適度にお話は
できるので使い勝手は良さそうです。
聴こえてくる話もアカデミックで面白い!
もちろん一人で読書もOKです。



b0025850_0475385.jpg




文学館の外に、カフェのテラス席も少し。
雰囲気は良いですが、今の時期は暑いです。
秋になったら心地良いかも・・?
店員さんをブザーで呼ぶ仕組み。



実は今日も駒場東大前で仕事をしてきたのですが 家から自転車で行ける範囲で
こんなに楽しく美味しいブックカフェができたのは とても嬉しいです。
営業時間は短く、土日は混雑するようですが 平日お昼はゆっくりできました。


BUNDAN COFFEE & BEER
東京都目黒区駒場4-3-55 日本近代文学館内
営業時間と定休日にご注意ください 詳しくはhttp://bundan.net/

村上春樹「ハードボイルド・ワンダーランド」の朝食セットや、森瑤子のヨロン丼など
小説に登場する料理をイメージした お食事も各種いただけます。
[PR]
by sumi2211 | 2013-09-06 01:04 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(2)
夏の駒場公園 その1 旧前田邸洋館
b0025850_043436.jpg



暑くて家にもいられない この夏のある日。
自転車で目黒区の駒場公園へ。
(公園入口に駐輪場所あり)

東京大学の敷地のすぐ隣にあり、緑が多く
無料で見学できる洋館もあります。
久しぶりに中に入ってみました。



b0025850_082846.jpg



旧前田邸洋館は、かつて旧加賀藩主の自邸
として建てられ 和館と洋館があります。
1929年に竣工した洋館は、高い吹き抜けも
ある3階建て。透かし窓やステンドグラスなど
見どころがいっぱいです。

*この夏、国指定重要文化財となりました



b0025850_0125644.jpg




自由に見学できる部屋がいくつもある
のですが、平日に訪れると数名の人が
いるだけで とても静か
おまけにクーラーも効いていました。
気持ちも落ち着く場所です。



b0025850_0145437.jpg




当時の調度品は少ないですが
素敵なドレッサーが置いてありました。
渋谷まで2駅の立地ですが、まるで
別世界の大邸宅です。
イギリス式なので、日本ではないみたい。



b0025850_0184678.jpg



書斎があったり、使用人の部屋もたくさん。
1階には コーヒーが飲める喫茶スペース
あるので、暑い日でも居心地良いですよ。

これまでに 何度も訪れてはいますが
見学無料なので、またちょくちょく
立ち寄りたいと思います。



b0025850_0243532.jpg




公園内のグリーンも、暑さを和らげます。
続いては、同じ公園内にある近代文学館へ。
カフェが新しくなったと知り、偵察に。
(その2につづく)


目黒区駒場公園 旧前田邸洋館
東京都目黒区駒場4-3-55 休館日あり
京王井の頭線「駒場東大前」駅 西口下車徒歩12分
[PR]
by sumi2211 | 2013-09-04 00:37 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
つづいて「ラファエロ展」@TOKYO
b0025850_21152349.jpg



ラファエロ・サンツィオ

1483年イタリア中部ウルビーノ生まれ
ヴァチカン宮殿の壁画や多くの宗教画
肖像画を制作し、1520年 37歳の若さで
生涯を閉じた ルネサンスを代表する画家。

今や海外に渡ることが少ないラファエロの
作品が、イタリア各地などから上野へ・・!



b0025850_21215037.jpg


ラファエロ展の見どころのひとつは、
大公の聖母」1505-06年。
500年目の初来日。と言われています。

ラファエロの作品は多く観てきたので
昔フィレンツェで見たような見ていない
ような・・というあやふやな記憶。
今回改めてじっくりと向き合い、500年
を経ているとは思えないほど つややかに
美しく浮かぶ聖母子像にみとれました。



b0025850_21294391.jpg

国立西洋美術館と言えば、世界遺産登録も目指している建物。ル・コルビュジェ設計。
すでにラファエロ展の来場者は20万人を突破していますが、週末やGWを避ければ
比較的ゆっくり観ることができると思います。

平日(火)の今日、15時半頃に入館すると 最初の展示室は拍子抜けするほど人が少なく
後半の展示室はやや混雑していました。そこで常設展示も観てから、再び17時に再入場
すると、ほとんどの作品が独り占めできるほど!(再入場は同日1回のみ)
最近観たミュシャ展やベーコン展よりもすいていたので、閉館時間まぎわが穴場。

大公の聖母も、一番前なら1mくらいの近い距離で観る事ができます。
ガラスの反射が少なく、そこから少し離れて観るのもまたきれいでした。
「エゼキエルの幻視」や「聖ゲオルギウスと竜」など小さな作品も、素晴らしい。


ラファエロ展
国立西洋美術館 東京・上野 6月2日まで 月曜休館
公式特設HP http://raffaello2013.com/index.html
同じ場所で9月に始まる「ミケランジェロ展」も楽しみ。

ラファエロを観て、またいつかフィレンツェに行こうと こころにメモ。
[PR]
by sumi2211 | 2013-04-23 21:47 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
美味しいピッツアとベーコン展。@TOKYO
b0025850_1513758.jpg

つい3日ほど前のこと、皇居大手濠の八重桜がきれいに咲いていました。
大手町のパレスホテルでランチをして、そのままお堀沿いを歩き竹橋まで。
大手町から竹橋は、1駅なので歩いても近いのだなぁ と今さら知りました。
*写真はすべてiPod touch

b0025850_1571645.jpg



竹橋の東京国立近代美術館では
フランシス・ベーコン展を開催中。
世界中から作品を集めた大規模な回顧展で
とても楽しみにしていました。

特に好きな画家というわけではないものの
その作品には揺さぶられるような力があり
観に行って本当に良かったと思いました。
体感せよ。というコピーに納得です!


ベーコン展は、グッズがとても充実していて面白いです。iPhoneケースやTシャツまで。
記念に有名なアトリエのハガキを購入し、いま芸術新潮の特集を読んでいます。
5/26まで、お見逃しなく。 *公式特設HP http://bacon.exhn.jp/index.html

その東京国立近代美術館は、内装がリニューアルされて ずいぶん館内の構成や雰囲気が
モダンに変わっていました。常設展示も見応えありなので、ご一緒にどうぞ。


b0025850_15172462.jpg



この日のランチは、大手町のパレスホテル
が入っているビルの地下へ。
セラフィーナニューヨーク 丸の内店。
NYで人気のカジュアルイタリアンだそうで
丸の内でも窯焼きのピッツアがいただけます。

オフィス街なので、ランチは12時より前の
入店がおすすめです。
接客はアメリカンな雰囲気で面白い。


b0025850_15223523.jpg




ランチは、メインを2〜3種類のピッツア
2種類のパスタ・リゾットから選び
サラダとコーヒー・紅茶が付きます。
パスタとピッツアを頼んでシェアすることに。



b0025850_15254921.jpg

サラダを食べ終える頃、お皿よりも大きなピッツアが登場!
定番のマルゲリータではなく、空豆・挽肉・チーズのピッツアを頼みました。
薄焼きで6枚にカットされていて、塩味の効いた耳まで美味しい。

味のバランス、焼き具合も好みで、これなら大きくても1枚食べきれそうです。
久しぶりに美味しい焼き立てのピッツアを食べたなぁ・・と満足。


b0025850_15303151.jpg




パスタは魚介のペペロンチーノ
白身魚がごろごろ入っていて、美味しいですが
ピッツアに比べると普通なので
次回はピッツア2種類をシェアしたい。
メインのポーションが多めなので
2人以上でいろいろ分けるのがおすすめです。


セラフィーナニューヨーク 丸の内店
東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビルB1F
東京メトロ・都営地下鉄 大手町駅より徒歩2分  C13b地下出口直結
http://www.serafina-marunouchi.jp/
ランチは1200yen〜。場所柄、高くはないかなという気がします。
[PR]
by sumi2211 | 2013-04-21 15:42 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
ミュシャ展 @森アーツセンターギャラリー
b0025850_2133149.jpg

六本木ヒルズ 森タワー52階の
森アーツセンターギャラリーへ
ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展」を
観に行ってきました。

平日の午後でも混雑していて、さすがの
人気ぶりです。アルフォンス・ミュシャの
作品を240点も集めた 大規模な展覧会。
女神を描いた作品だけでなく、様々な広告や
スラヴ民族運動の時代、油彩作品など
さまざまなミュシャの作風を知りました。



b0025850_21151475.jpg

そうした様々な作品の流れを見て、やはり
素敵なのは優美で華やかなリトグラフ作品。
会場では色々なポストカードが売っている
ので、つい欲しくなります。物販も混雑!

市販の本や図録で見る作品と、実際の作品
では色彩の印象がずいぶん違うので 実際に
会場で鑑賞されることをおすすめします。

新潟・愛媛・仙台・札幌にも巡回予定。
 *http://www.ntv.co.jp/mucha/



昨日も、横浜美術館で「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展を
見て来たばかり。キャパの作品は何度も観ていますが、パートナーのゲルダ・タローに
着目した写真展は珍しいものでした。まもなく3/24に終了です。
  *http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2012/capataro/


この他にも、今年はルネサンス美術の大作などが続々来日するので 見逃せない展覧会が
沢山あります。前売券や招待券が手元に揃いはじめ、芸術の「春」になりそうです。 
[PR]
by sumi2211 | 2013-03-19 21:44 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
「日本の民家 一九五五年」@汐留ミュージアム
b0025850_2319933.jpg



パナソニック汐留ミュージアムで開催中の
写真展「日本の民家 一九五五年」。

今では建築専門誌「GA」の発行でも知られる
二川幸夫氏は、1950年代に日本各地の民家や
集落の風景を 旅をして撮り続けていました。
今や世界的な建築写真家となった二川氏の
原点とも言える、20歳前後の作品です。



60数年前の日本、とは言ってもそれが信じられないような地方の風景に驚かされ、
モノクロームで写し出された日本建築の力強さにも圧倒されます。
現代の保存修復された古民家ではなく、人々が生活している民家そのものでした。


80歳を超え今も現役の二川氏の発言で「当時は誰も民家をきれいなものだと思って
いなかったから、なかなか撮らせてもらえなかった」という内容の言葉が印象的。

人はほぼ写っていませんが、地方によって多種多様な民家の姿から、守り継がれる
人々の暮らしの知恵や思想が 形となって現れていることに感動しました。
いま当たり前にあるものも、いつの間にか失われていく・・そんなことをぐるぐると。

写真展は、3/24(日)まで。 *http://panasonic.co.jp/es/museum/
会場の構成や展示の仕方も、ちょっと珍しい感じでした。


追記:南予の石垣の町は今どうなっているのだろう?と気になっていたら ちょうど
  「BRUTUS」最新号に現在の写真が載っていてびっくり! 2013/3/15号 旅特集

さらに追記:本日11日付の発表で 今月5日に二川幸夫氏が逝去されたと知りました。
      ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by sumi2211 | 2013-03-09 23:50 | Photo & Camera | Trackback | Comments(0)