タグ:国内美術館 ( 113 ) タグの人気記事
つづいて「ラファエロ展」@TOKYO
b0025850_21152349.jpg



ラファエロ・サンツィオ

1483年イタリア中部ウルビーノ生まれ
ヴァチカン宮殿の壁画や多くの宗教画
肖像画を制作し、1520年 37歳の若さで
生涯を閉じた ルネサンスを代表する画家。

今や海外に渡ることが少ないラファエロの
作品が、イタリア各地などから上野へ・・!



b0025850_21215037.jpg


ラファエロ展の見どころのひとつは、
大公の聖母」1505-06年。
500年目の初来日。と言われています。

ラファエロの作品は多く観てきたので
昔フィレンツェで見たような見ていない
ような・・というあやふやな記憶。
今回改めてじっくりと向き合い、500年
を経ているとは思えないほど つややかに
美しく浮かぶ聖母子像にみとれました。



b0025850_21294391.jpg

国立西洋美術館と言えば、世界遺産登録も目指している建物。ル・コルビュジェ設計。
すでにラファエロ展の来場者は20万人を突破していますが、週末やGWを避ければ
比較的ゆっくり観ることができると思います。

平日(火)の今日、15時半頃に入館すると 最初の展示室は拍子抜けするほど人が少なく
後半の展示室はやや混雑していました。そこで常設展示も観てから、再び17時に再入場
すると、ほとんどの作品が独り占めできるほど!(再入場は同日1回のみ)
最近観たミュシャ展やベーコン展よりもすいていたので、閉館時間まぎわが穴場。

大公の聖母も、一番前なら1mくらいの近い距離で観る事ができます。
ガラスの反射が少なく、そこから少し離れて観るのもまたきれいでした。
「エゼキエルの幻視」や「聖ゲオルギウスと竜」など小さな作品も、素晴らしい。


ラファエロ展
国立西洋美術館 東京・上野 6月2日まで 月曜休館
公式特設HP http://raffaello2013.com/index.html
同じ場所で9月に始まる「ミケランジェロ展」も楽しみ。

ラファエロを観て、またいつかフィレンツェに行こうと こころにメモ。
[PR]
by sumi2211 | 2013-04-23 21:47 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
美味しいピッツアとベーコン展。@TOKYO
b0025850_1513758.jpg

つい3日ほど前のこと、皇居大手濠の八重桜がきれいに咲いていました。
大手町のパレスホテルでランチをして、そのままお堀沿いを歩き竹橋まで。
大手町から竹橋は、1駅なので歩いても近いのだなぁ と今さら知りました。
*写真はすべてiPod touch

b0025850_1571645.jpg



竹橋の東京国立近代美術館では
フランシス・ベーコン展を開催中。
世界中から作品を集めた大規模な回顧展で
とても楽しみにしていました。

特に好きな画家というわけではないものの
その作品には揺さぶられるような力があり
観に行って本当に良かったと思いました。
体感せよ。というコピーに納得です!


ベーコン展は、グッズがとても充実していて面白いです。iPhoneケースやTシャツまで。
記念に有名なアトリエのハガキを購入し、いま芸術新潮の特集を読んでいます。
5/26まで、お見逃しなく。 *公式特設HP http://bacon.exhn.jp/index.html

その東京国立近代美術館は、内装がリニューアルされて ずいぶん館内の構成や雰囲気が
モダンに変わっていました。常設展示も見応えありなので、ご一緒にどうぞ。


b0025850_15172462.jpg



この日のランチは、大手町のパレスホテル
が入っているビルの地下へ。
セラフィーナニューヨーク 丸の内店。
NYで人気のカジュアルイタリアンだそうで
丸の内でも窯焼きのピッツアがいただけます。

オフィス街なので、ランチは12時より前の
入店がおすすめです。
接客はアメリカンな雰囲気で面白い。


b0025850_15223523.jpg




ランチは、メインを2〜3種類のピッツア
2種類のパスタ・リゾットから選び
サラダとコーヒー・紅茶が付きます。
パスタとピッツアを頼んでシェアすることに。



b0025850_15254921.jpg

サラダを食べ終える頃、お皿よりも大きなピッツアが登場!
定番のマルゲリータではなく、空豆・挽肉・チーズのピッツアを頼みました。
薄焼きで6枚にカットされていて、塩味の効いた耳まで美味しい。

味のバランス、焼き具合も好みで、これなら大きくても1枚食べきれそうです。
久しぶりに美味しい焼き立てのピッツアを食べたなぁ・・と満足。


b0025850_15303151.jpg




パスタは魚介のペペロンチーノ
白身魚がごろごろ入っていて、美味しいですが
ピッツアに比べると普通なので
次回はピッツア2種類をシェアしたい。
メインのポーションが多めなので
2人以上でいろいろ分けるのがおすすめです。


セラフィーナニューヨーク 丸の内店
東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビルB1F
東京メトロ・都営地下鉄 大手町駅より徒歩2分  C13b地下出口直結
http://www.serafina-marunouchi.jp/
ランチは1200yen〜。場所柄、高くはないかなという気がします。
[PR]
by sumi2211 | 2013-04-21 15:42 | Travel -15 Japan 13 | Trackback | Comments(0)
ミュシャ展 @森アーツセンターギャラリー
b0025850_2133149.jpg

六本木ヒルズ 森タワー52階の
森アーツセンターギャラリーへ
ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展」を
観に行ってきました。

平日の午後でも混雑していて、さすがの
人気ぶりです。アルフォンス・ミュシャの
作品を240点も集めた 大規模な展覧会。
女神を描いた作品だけでなく、様々な広告や
スラヴ民族運動の時代、油彩作品など
さまざまなミュシャの作風を知りました。



b0025850_21151475.jpg

そうした様々な作品の流れを見て、やはり
素敵なのは優美で華やかなリトグラフ作品。
会場では色々なポストカードが売っている
ので、つい欲しくなります。物販も混雑!

市販の本や図録で見る作品と、実際の作品
では色彩の印象がずいぶん違うので 実際に
会場で鑑賞されることをおすすめします。

新潟・愛媛・仙台・札幌にも巡回予定。
 *http://www.ntv.co.jp/mucha/



昨日も、横浜美術館で「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」展を
見て来たばかり。キャパの作品は何度も観ていますが、パートナーのゲルダ・タローに
着目した写真展は珍しいものでした。まもなく3/24に終了です。
  *http://www.yaf.or.jp/yma/jiu/2012/capataro/


この他にも、今年はルネサンス美術の大作などが続々来日するので 見逃せない展覧会が
沢山あります。前売券や招待券が手元に揃いはじめ、芸術の「春」になりそうです。 
[PR]
by sumi2211 | 2013-03-19 21:44 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
「日本の民家 一九五五年」@汐留ミュージアム
b0025850_2319933.jpg



パナソニック汐留ミュージアムで開催中の
写真展「日本の民家 一九五五年」。

今では建築専門誌「GA」の発行でも知られる
二川幸夫氏は、1950年代に日本各地の民家や
集落の風景を 旅をして撮り続けていました。
今や世界的な建築写真家となった二川氏の
原点とも言える、20歳前後の作品です。



60数年前の日本、とは言ってもそれが信じられないような地方の風景に驚かされ、
モノクロームで写し出された日本建築の力強さにも圧倒されます。
現代の保存修復された古民家ではなく、人々が生活している民家そのものでした。


80歳を超え今も現役の二川氏の発言で「当時は誰も民家をきれいなものだと思って
いなかったから、なかなか撮らせてもらえなかった」という内容の言葉が印象的。

人はほぼ写っていませんが、地方によって多種多様な民家の姿から、守り継がれる
人々の暮らしの知恵や思想が 形となって現れていることに感動しました。
いま当たり前にあるものも、いつの間にか失われていく・・そんなことをぐるぐると。

写真展は、3/24(日)まで。 *http://panasonic.co.jp/es/museum/
会場の構成や展示の仕方も、ちょっと珍しい感じでした。


追記:南予の石垣の町は今どうなっているのだろう?と気になっていたら ちょうど
  「BRUTUS」最新号に現在の写真が載っていてびっくり! 2013/3/15号 旅特集

さらに追記:本日11日付の発表で 今月5日に二川幸夫氏が逝去されたと知りました。
      ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by sumi2211 | 2013-03-09 23:50 | Photo & Camera | Trackback | Comments(0)
夏の東京さんぽ。 その1
b0025850_19484137.jpg


とても暑かった 平日のある日。
渋谷ヒカリエで待ち合わせ。
井の頭線改札からは少し歩くけれど
ビルは、駅直結なので便利。

オーガニックコスメや雑貨のフロアが好み。
気になるカフェもいくつか・・。



b0025850_19505699.jpg


ランチは、7階レストランフロアの
ビストロ&バー「タコニョッキ」へ。
お隣のスペイン料理は大行列だったので
お昼前なら並ばずに入れたこちらへ。

本日のパスタセットで1260yen-



b0025850_1954440.jpg


ハーブティーなど豊富なドリンクバー
フォカッチャなど10種類ほどのパンが
ブッフェになっていて なかなか充実!
高層で窓も大きく 店内が明るいのも良し。
お昼過ぎには、満席になっていました。
何度もおかわりして、お腹いっぱい。



b0025850_19573052.jpg


ランチ後、西武渋谷店で開催されていた
ロバート・メイプルソープ写真展へ。
国内では10年ぶりの展覧会でしたが、なんと
入場無料、おまけにガラガラ。
でも 60点もの作品を見ることができ大満足。
なぜ渋谷で・・?(〜9/10終了)



b0025850_202038.jpg


さらに松濤まで歩いて、松濤美術館へ。
藤田嗣治と愛書都市パリ
     -花ひらく挿絵本の世紀」
1910~70年代のフジタの 挿絵本や版画を
一堂に集め展示。日本昔話が題材のフランスの
本など 美しい本ばかりでうっとり。
フジタの想像力と 挿絵の世界の奥深さを
再認識しました。(〜9/9終了)



展覧会期終了後の記事になってしまいましたが、見逃さないで良かったと思える
内容でした。渋谷の街は賑やかで苦手なのですが、出かけてみると収穫があります。
[PR]
by sumi2211 | 2012-09-13 20:16 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
軽井沢ニューアートミュージアムへ。
b0025850_0192614.jpg


今週行ってきたばかりの軽井沢
ニューアートミュージアム
について
ちょっとご紹介。

小諸で招待券をいただいたので、買い物
ついでに ふらりと立ち寄りました。



b0025850_0215588.jpg

軽井沢ニューアートミュージアムは、今年4月に開館したばかりの現代アートの
美術館。軽井沢駅から徒歩7分という便利な立地で 2007年に商業施設として
建てられた建物をリニューアルしています。(設計・西森陸雄氏)


b0025850_0272696.jpg


1階には Ristorante Pietrino
(リストランテ ピエトリーノ)。
本格的なイタリアンのコースがいただける
お洒落なリストランテが入っています。
カフェとしての利用も可能。



b0025850_0304438.jpg



正面から入ると、エントランスは吹き抜けに
なっていて 1階には入場無料のギャラリー
ミュージアムショップも。
今は開館記念で、著名な作家の作品も半額の
大セール中!(もちろん数十万円からですが)



■ 気に入った作品と、美術館雑感。
[PR]
by sumi2211 | 2012-07-13 01:11 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
明日まで 小諸の畑にいます。
b0025850_124720100.jpg

昨夜にバスで小諸に着き、今朝は6時から畑仕事。
また雑草取りに始まり、剪定や追肥。そしてナスやジャガイモを収穫!
晴れていても蒸し暑さは無く、風が爽やかです。

午後は軽井沢町に新しくできた、軽井沢 New Art Museumへ。
シンプルな空間に、岡本太郎、草間彌生をはじめ 有名作家が勢揃い。
特に棟方志功の菩薩版画が素敵でした。大好きな杉本博司の作品も。
軽井沢には、最近 新しい美術館が増えていて アート散策もおすすめ。
夜はまた、小諸の日帰り温泉へ。明日の夜帰ります。
[PR]
by sumi2211 | 2012-07-09 12:47 | Diary | Comments(0)
根津美術館の燕子花。
b0025850_12541160.jpg

南青山の根津美術館 庭園の燕子花(かきつばた)、昨日の様子。
尾形光琳の国宝「燕子花図屏風」と メトロポリタン美術館蔵の「八橋図屏風」が
およそ100年ぶりに並び揃った KORIN展を観てきました。

  *根津美術館HP http://www.nezu-muse.or.jp/

b0025850_12584711.jpg



平日の昼でも、かなりの混雑でしたが
作品がどれも大きいので 見やすいです。
庭で生きた燕子花を眺めたあとに、光琳の
描く燕子花を鑑賞できるという なんとも
贅沢な特別展。5/20まで



b0025850_1314211.jpg



隈研吾氏による改築で、生まれ変わった
本館が話題になりましたが 混んでいたので
庭に。都会の真ん中とは思えないような
緑の深い庭園です。あちこちに仏像も。



b0025850_1362337.jpg



燕子花は、庭園中央部の 弘仁亭前。
池をびっしりと覆うように咲いています。
見頃はあと少しで終わりそう。
光琳の図屏風とは、群青の色合いの印象が
違うように感じました。



b0025850_1310172.jpg


今月開通したばかりの 美術館通りを
まっすぐ歩いて、広尾の山種美術館へ。
「桜さくらSAKURA 2012」と題し 桜を
描いた日本画を集めた特別展。〜5/20

*山種美術館HP http://www.yamatane-museum.jp/
[PR]
by sumi2211 | 2012-05-12 13:19 | Art & Cinema | Trackback | Comments(2)
三菱一号館美術館と銀座。
b0025850_22564590.jpg



先月の話になりますが、東京・丸の内の
三菱一号館美術館に行ってきました。
開館してまだ2年といっても、建物は
1894年 ジョサイア・コンドルが設計した
英国風の建築で素敵です。(解体後に復元)



b0025850_2315835.jpg

楽しみにしていた今回の展覧会は
KATAGAMI Style 世界が恋した
 日本のデザイン
」というもの。

日本の伝統的な型紙(模様を染め付ける
ための道具)が、海外に渡り どのような
影響を与えたかという内容で、模様好き
にはたまらない 濃厚な展示でした。
やはり、一番感動したのは日本の職人の技。



b0025850_2365623.jpg


驚くほど細かな型紙を堪能してから
中庭に出ると、緑が鮮やかで良い雰囲気。
都会の真ん中にありながら、ちょっと
ほっとするスペースでした。
(レトロな美術館のカフェも人気ですね)

 *三菱一号館美術館HPhttp://mimt.jp/




b0025850_23124947.jpg


その後、丸の内から銀座まで歩き
Dover Street Market GINZAへ。
アーティスティックなコムデギャルソンの
フロアを眺めつつ、7階のカフェへ。

Rose Bakery 銀座店。
http://rosebakery.jp/



b0025850_23192887.jpg


クリームチーズ付きのキャロットケーキと
香ばしいクランベリースコーン。
紅茶は、なんとお洒落な鉄瓶に!
ショーケースの並んだケーキやお菓子が
どれも美味しそうで、魅力的でした。




ある日は信州で畑を耕し、その翌日には都心の美術館やカフェへ。
以前よりも収入が減り、最近は 大きな買い物や海外旅行も全くしていませんが
東京と地方を行ったり来たりしながらの、こんな日々も私には贅沢で 幸せだなぁ・・
と感じるこの頃。持ち物を減らして、もっと身軽に動けるようになりたいです。
[PR]
by sumi2211 | 2012-05-10 23:48 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
The Little Black Jacket 写真展 @南青山
b0025850_14161825.jpg

4/15まで 南青山のギャラリーで開催中の カール・ラガーフェルド写真展
シャネルのクリエイティブディレクターであり、近年は写真家としても活躍している
C.ラガーフェルド氏。秋に発売される写真集を記念して 世界に先駆けての初公開。

入場無料の写真展とはいえ、もの凄く贅沢で 見応えがあり 素晴らしかったです。
シャネルのリトルブラックジャケットを、100名を越える世界中のセレブリティが
個性豊かに着こなしています。老若男女、スーパーモデルから女優、アーティストまで。

無機質で広いスペースに、大きな作品がびっしりと並んでいるのだから圧巻。
会期中に、もう一回観に行きたいなと思っています。



b0025850_1429778.jpg


おまけに、先着で選べるお土産つき。
シャネルと言えば、先月の銀座店での
エリオット・アーウィット写真展も
素敵でした。

*シャネルニュース(日本語)
http://chanel-news.chanel.com/ja_JP/




b0025850_14375771.jpg



表参道に行ったついでに、また
青山フラワーマーケットのティーハウスで
フレッシュハーブティーのランチ。
今の時期、店内はパンジーでいっぱい。



b0025850_14402191.jpg


キノコとポテトのタルティーヌ
サラダと小さなデザートが付いています。
お腹いっぱいにはならないけれど
雰囲気が良いので、お昼時には満席に。

天気が良かったので、帰りは渋谷まで散歩。
[PR]
by sumi2211 | 2012-04-01 14:48 | Art & Cinema | Trackback | Comments(0)