タグ:宮崎 ( 12 ) タグの人気記事
宮崎空港にて。 その2
b0025850_1852993.jpg

空港に行くと、搭乗まで時間があれば 展望台に行ってみます。
今回初めて訪れた宮崎空港、夕方なのでほとんど見学の人はいませんが・・。

b0025850_1894241.jpg

地方空港の方が、プロペラの小型機もよく見かけたり。

b0025850_18104684.jpg

滑走路の長さによっては、離着陸も近くに感じられます。

b0025850_18101464.jpg

羽田行きや大阪行きで、この大きさ。18:35発のJAL1892便で、帰ります。

b0025850_18124027.jpg

夕方のフライトは、夜空の青の深さと 夕焼けの鮮やかなコントラストが楽しみ。
一番きれいに見える時間は、ほんの一瞬だったりします。

次回、夏の宮崎編のラストです。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-30 18:18 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
宮崎空港にて。 その1
b0025850_14575899.jpg



滞在時間の短い1泊旅行なので、
あっという間に再び 宮崎空港へ。

帰りも祖母と車椅子のチェックインのため
余裕を持ってかなり早めに着きました。
お土産を買う時間も無かったので、空港で
探します。



b0025850_14593877.jpg

吹き抜けの明るい宮崎空港は、知事の宣伝効果か お土産店も充実。
1階にも2階にも、広いお店があります。九州各地の特産品も。

b0025850_154717.jpg

最後に、空港内の展望レストラン「コスモス」で昼食。
祖母が疲れていたので、広いソファー席があり助かりました。滑走路が見えます。
家族は途中で空港内のリフレクソロジーに行くほど、のんびり。

b0025850_155308.jpg

宮崎牛のステーキ定食 1500円
空港だからと期待していなかったのに、鉄板焼きコーナーもあるレストランなので
宮崎牛がとっても美味しくてびっくり。この味で、この値段はかなりお得。

b0025850_1593130.jpg



日向夏ドリンクとキャンディー。
知事の似顔絵入りのお土産が
沢山ありました。

地鶏の炭火焼パックなども購入。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-28 15:16 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
宮崎神宮に参拝。
b0025850_198428.jpg




旅先では神社に行くようにしているので
タクシーの運転手さんに、市内で一番
大きな神社は?と訪ねると

それは宮崎神宮です、とのお返事。
県庁からも近く、車で数分の距離でした。
砂利の参道は深い深い森のよう。



b0025850_19111992.jpg

鳥居をいくつかくぐると、社殿が見えてきます。
祖母があまり歩けないので、実際は社殿に近い駐車場で降りたのですが
参道の緑がきれいなので 少し戻って歩いてみたのです。

b0025850_1913193.jpg

神門をくぐって、中に入ると やはり社殿は緑に囲まれていました。
市街地にありながら、これほど立派な木々が育っているのは それだけ神社の
歴史が深いということでしょう。

b0025850_19145813.jpg

拝殿の中央には主祭神 「神武天皇」と大きく刻まれています。
その先には、左右に大きな本殿が見えています。
「神の国」宮崎には、本当に立派な神社・神宮が沢山ありますね。

b0025850_19202937.jpg

一般参拝では、これ以上は前に進めませんが 静かな空気に 心が洗われます。
昨年は1年間に2度も宮崎を訪れることができたので、そのお礼の参拝でした。
以上で短い半日観光は終了。そのまま宮崎空港へ。

*同じく宮崎の高千穂レポートは、バリ島編の後にする予定。遅れてすみません・・。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-27 19:29 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
宮崎県庁を訪ねて。
b0025850_1841362.jpg

午前中に青島を訪れてから、再び中心地に戻り 向かったのは宮崎県庁
東国原知事が就任されてからの宮崎観光ブームで、ご存知の方も多いでしょう。
県庁舎(本館)は、1932年に建設されて戦渦をくぐり抜け 今も現役の貴重な建物。

b0025850_18465945.jpg

近世ゴシック様式の外観をもち、建設費は現在のお金に換算すると約50億円
歴史を感じさせる建物と、新しい太陽光パネル。エコですね。

b0025850_1849136.jpg



前庭には、噴水と宮崎の植物が植えられ
まるで植物園のように華やかでした。



b0025850_18515797.jpg


祖母を待たせてしまうので、庁舎内の
見学はしませんでしたが 花壇の前で
皆で記念写真を。



b0025850_18522139.jpg



正面の門柱には「宮崎縣廰」の文字。
広く県民の声を聞くという意味が込められて
いるそう。県庁前の楠並木も、とても立派。

タクシーの運転手さんの話によれば、
県庁前の物産館の売り上げは ものすごい
伸びたとか。本当に大きなお店でした。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-26 18:57 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
宮崎・青島神社 その2
b0025850_172511100.jpg

青島神社 拝殿の右側に、小さな出入り口があります。
見えるのは鬱蒼とした森で、何かな?と思うのですが 特別な場所への入り口なのです。
「よく知ってますねぇ、ここに入る人は珍しいですよ」とタクシーの運転手さん。

b0025850_1728575.jpg

一歩中に入ると、そこは亜熱帯のジャングル。
特別天然記念物のヤシ科の群林の中を、歩くことができます。
神社とジャングルという組み合わせに驚き、また自然の良いパワーを感じる場所。


b0025850_17353995.jpg





つきあたりには、青島神社の元宮が。
元宮跡からは、弥生式土器なども出土し
とても古くから祭祀の場であったと
伝えられています。



b0025850_17383648.jpg





元宮の脇には、2本のご神木に
カラフルな紐(こより)を、願いを込めて
結ぶと良いそう。願いにより色を選びます。
私もしっかり結んできました。



■ お皿を投げて・・占います。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-16 18:00 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
宮崎・青島神社 その1
b0025850_20553998.jpg

宮崎2日目は、ジャンボタクシーをチャーターして 半日の市内観光。
まず向かったのは、宮崎空港から南へ15分ほどの 宮崎市・青島
青島は、橋があり徒歩で渡ることのできる周囲860mの小さな島です。

b0025850_20572157.jpg

島の周囲は、砂岩と泥岩の地層が隆起・浸食してできた「鬼の洗濯岩(板)」に
囲まれています。その珍しい地形は、国の天然記念物に指定。

b0025850_2111997.jpg

近くで見ると、かなりの凹凸なので 自然の力のすごさを感じます。
青島のまわり360度全てが、この洗濯岩に囲まれているのです。

b0025850_2125435.jpg

弥生橋という幅広い橋(道のような感じ)を渡ると、正面に大きな鳥居が。
青島の中心に建つ 青島神社の入り口です。雨が降ったり止んだり、微妙な空。
地面が砂なので、車椅子の祖母は 鳥居の近くで降りて歩くことに。

b0025850_2181668.jpg

青島は、「海幸・山幸」の神話のふるさととしても知られています。
石段を少しのぼると 正面には立派な拝殿。沢山の人が訪れていました。
ここでお参りして帰る人が多いのですが、青島神社には 他にもぜひ訪れたい
珍しい場所があります。(つづく)
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-15 21:14 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
シーガイアのサンビーチ 一ツ葉
b0025850_2311271.jpg

翌朝、祖母を連れて ホテルの周りの松林を散歩。
同じ種類の黒松が、どこまでも続いているように見えて 面白い遊歩道。
松林を通り抜け、数分でビーチに出ます。

b0025850_234381.jpg

サンビーチ 一ツ葉は、人工のビーチで 砂が白くてきれい。
でもこの日は強風波浪警報で、遊泳禁止に。ビーチには誰もいません。

b0025850_2362133.jpg

天気が良ければ、きっと家族連れで賑わうビーチでしょう。
今回は泳ぎに来たわけではないので、海を眺められただけでも満足。

b0025850_23983.jpg

海沿いに咲いていた 色鮮やかな花。
チェックアウトしたあと、夕方の飛行機までは市内観光へ。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-13 23:10 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
シーガイア・リゾート 温泉編
b0025850_23344862.jpg

シェラトンのプールの隣に、2004年にできた温泉「松泉宮」があります。
大浴場と中浴場で利用料が異なり、シーガイア内の宿泊ゲストは1500円
ビジターは2000円からとちょっと高め。貸し切りの離れ湯もあり。

b0025850_2341777.jpg

脱衣所にたどりつくまでに、全長230mの「ゆかたウォーク」という外の廊下を
歩くのですが、その長さに比べて 脱衣所が狭かったのは残念。ホテルらしさは・・。
強食塩泉の温泉は気持ちが良く、内風呂と露天があり 松林を眺められました。


b0025850_2345199.jpg



温泉の後、祖母は部屋で眠り
残りの4人で お疲れ会。
シェラトン1階の吹き抜けにある
カクテルバーに行ってみると、南国の
雰囲気(写真)。でも生演奏が賑やかすぎ
42階のトップラウンジへ。



b0025850_2349525.jpg


ラウンジも、またジャズボーカルが
かなりの音量で盛り上がっていました。
静かな席はないのですか?と聞いたほど。
海辺のリゾートだからでしょうか。

でも、宮崎マンゴーなどのフルーツ系
カクテルはやはり美味しかったです。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-12 23:57 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
シェラトン・オーシャン・グランデ 食事編
b0025850_2125234.jpg

こちらは、シェラトン・オーシャン・グランデ内のライブラリー
館内はとても広いので、レストランや温泉施設を見学している時に
通りがかったところです。静かで落ち着きます。

b0025850_2144679.jpg

廊下に沿って書棚があり、ディスプレイされていました。
ラウンジやバーは生演奏で夜も賑やかなので、静かな場所があるのは良いと思います。

b0025850_2165279.jpg

さて宿泊プランの夕食券で利用したのは、シェラトン内のインターナショナルダイニング
パインテラス」。その名の通り、世界各国の料理がビュッフェになっています。
メキシカンのタコスとか、中華の麺とか、パスタやスープなど品数は豊富。

b0025850_21101382.jpg

もちろん和食もあって、宮崎名物の冷や汁地鶏の炭火焼も。
焼きたての地鶏は、弾力と柔らかさがあって美味しくて おかわり。
ゆず胡椒を付けて食べると、ぴりっとスパイシーに。


b0025850_21124835.jpg

デザートは、焼きたてのクレープ
オレンジとチョコのソース&バニラアイス。
チョコレートフォンデュも楽しめました。

私たちには大満足のビュッフェでしたが
80代半ばの祖母が食べられたのは、ご飯と
味噌汁と煮物くらいだったのは計算ミス。
慣れない味と固い物は、食べられません。
ホテルより旅館風のご飯が良いのかも・・?
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-11 21:21 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
シーガイア・リゾートを一望
b0025850_23153097.jpg

ラグゼ一ツ葉 3階の部屋から見えるのは、一面の松林
シーガイア・リゾート内には、なんと17万本もの黒松が古くから育てられていて
ホテルは松林に囲まれるように建っているのです。

b0025850_23185728.jpg

上の階に行けば、太平洋が見えるかも・・・とエレベーターホールからの眺め。
松林を抜けて、徒歩5分ほどの距離に 人工のサンビーチ 一ツ葉があります。
ビーチには、翌朝 散歩に行ってきました。(ガラス越しなので、写真暗め)

b0025850_2323540.jpg

そして、北側に目を向けると どこまでもびっしりと松林!
左奥にぽつんと建っているのが、シェラトン・オーシャン・グランデなので
シーガイアの敷地の広さがよく分かると思います。その長さ、南北に11km
松林の隣には、いくつものゴルフコースもあるのです。

b0025850_23253754.jpg

ラグゼから隣のシェラトンまで、歩くと30分はかかりそうなので
移動には、無料のシャトルバスを利用しました。
もう少し本数が多いと便利なのですが・・。

b0025850_23265891.jpg



夜は、シェラトンに移動して
夕食ビュッフェと温泉を利用。
シーガイア内だけでも、いろいろ楽しめて
ラクでした。次回は、食事レポートです。
[PR]
by sumi2211 | 2009-03-10 23:31 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)