タグ:市場・スーパー ( 67 ) タグの人気記事
スーパーマーケット Taste で香港土産を探す。
b0025850_12531937.jpg

さて、シティーゲートアウトレットの地下に入っていた スーパー「Taste」。
香港大手のパークンショップ(百佳)の系列で、ちょっと高級なのだとか。
世界のスーパー好きとしては、覗かないわけにはいきません。

b0025850_12573153.jpg

ガラス越しに見た店内。高級スーパーとあって、商品がきれいに並んでいます。
ここは中央の広場を囲むように、店内がドーナツ状?になっているフロア構成なので
入ろうと思ったら出口だったり、ちょっと複雑です。一番上の写真が入口。


b0025850_1312471.jpg



マレーシア産ドリアン

生鮮食品はお土産にはできませんが
その地域の生産物や食の傾向が分かるので
見ていて楽しいです。
香港は、南国のフルーツが充実。
アジア隣国からの輸入品も多い様子。



b0025850_1354096.jpg

紙パック飲料
カラフルな紙パック飲料が充実。基本は6本パックのようです。
各種フルーツジュースの他、豆乳や菊花茶も。日本のジュースQooもありました。

b0025850_1395410.jpg

インスタントラーメン 出前一丁
香港らしいと言えば、日清の出前一丁です。HK$4 8パックで$28.80でした。
日本では見た事もないような豊富なラインナップなので、面白いお土産になるかも?
以前の「出前一丁」購入レポートはこちら

b0025850_13141995.jpg

オイスターソース
やはりお土産におすすめなのは、中華調味料です。香港のスーパーでは、オイスターソース
だけでもこんなに種類が!サイズも大小様々で、お土産に良いチューブもあります。
中国語(繁体字)では「蠔油」と書いてあるものがオイスターソース。

b0025850_13185360.jpg

中国茶・港式奶茶など
お手頃で持ち帰りやすいお土産としては、中国茶や香港式ミルクティーがおすすめ。
定番のプーアル茶や烏龍茶もありますが、かつてイギリスの植民地だった香港では
紅茶の種類が豊富です。Liptonは商品が多く、お土産にも人気があるようです。


b0025850_1324916.jpg

大牌檔 即溶港式奶茶

今回買って来たのは、粉末タイプの香港式
ミルクティー。お湯を注ぐだけで、あの街角
で飲む濃厚ミルクティーの味!
リプトンの製品が有名ですが、この大牌檔
のレトロなパッケージとチープな味も良し。
もっと買ってくれば良かった・・。HK$18



b0025850_13384451.jpg

ハーブティー
香港で紅茶が多いのは知っていましたが
ハーブティーも安いのは今回の発見!
イギリスのDR STUART'S とアメリカの
BIGELOWの物をいくつか購入。
緑茶にフルーツをブレンドしたお茶なども
海外ではよく見かけます。


b0025850_13441683.jpg

購入した調味料各種。一番上のエビ味噌は、シティースーパーで購入(←後ほど)。
定番の李錦記のXO醤を2種類。李錦記の商品は、しっかりパックされているので
持ち帰りも安心です。左のアワビ帆立汁は残念ながら口に合わず・・瓶が重かった。

中央の小さな瓶は、香港製造 冠益華記の芝麻油(ゴマ油)で 日本のものよりサラッと
していますが ドロッパーになっていて、ちょっとした香り付けに便利。


b0025850_13535066.jpg


香港で瓶の調味料を購入してしまうので
そのパッキング方法をご紹介。
ジップロックとテープは日本から持参します。

まずはしっかり栓が閉まっているか確認し
場合によっては口にもテープをぐるぐる。
ホテルの部屋の「新聞紙」を使って包み


b0025850_13561943.jpg


万が一漏れても良いように、ジップロック。
それを靴箱や段ボールの空き箱に詰めれば
スーツケースに入れても大丈夫です。
隙間には、タオルなど衣料を詰めて。

最終日のパッキングは、記録撮影しつつ
こんな風にしているので忙しいです。



b0025850_1423817.jpg

寿桃牌 特級蝦子麺
今回スーツケースが満タンになったのは、この大量の蝦子麺でした。
1ダースがパックされたものがTasteでセールになっていて、激安だったので。
半分はお土産に頼まれていた分です。個包装になっているので、使いやすくておすすめ。

b0025850_147922.jpg


蝦子麺というのは、香港ではメジャーな
麺の種類で エビの卵が練り込まれています。
大抵は1つのパックに10玉ほど入っていて
スープとセット売りしているものも。
どこのスーパーでも購入できると思います。
小さな卵の点々が見えますか・・?



b0025850_14262845.jpg

写真がイマイチですが、レシピを調べて香港風の撈麺(あえ麺)を作ってみました。
細麺なので湯で2分ほどで湯切り、XO醤・オイスターソース・ごま油で具材を
炒めておき 麺を「あえるだけ」で完成。茹で汁は塩気とエビの風味があるので
中華だしを加えればスープになります。簡単でなかなか美味しいですよ!


さらに、今回は買いそびれたにエビの卵を たっぷり振りかけると本格的。
お手本にしたいのは黄枝記の蝦子撈麺?家に帰っても香港の味です。
他のお店で買ったお土産に付いては、また後ほど。
[PR]
by sumi2211 | 2013-05-09 14:28 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
香港島・中環を社会科見学。 その4
b0025850_0303876.jpg

中環・結志街のつづき。こちらは、「龍記飯店」の店頭。
ロースト(焼味)の専門店なので、ローストダックやローストチキンが
吊るされています。ご飯にのせて持ち帰りもできるようで・・・食べてみたいです。

(注)つづいては、生肉の写真です。

b0025850_0344343.jpg

同じ結志街にある 肉屋さん。前回の魚屋さんの近くです。
日本の肉屋さんと大きく違うのは、生肉の固まりが吊るされているところですね。
いろいろな部位や、内臓系も扱っています。


b0025850_037337.jpg






豚足もご覧の通り。
なかなかショッキングな光景ですが
私の祖母は昔、食堂を開いていたので
沢山の豚足も見慣れております(笑)



b0025850_0412293.jpg

また別の店先に吊るされていたのは、中華ソーセージ
現地ガイドさん曰く、「日本人は、サラミと間違え生で食べようとしますがダメです」と。
必ず火を通し、炒飯などに使うと良いみたい。我が家にも台湾産のものが・・。

b0025850_046577.jpg

前に載せたお豆腐の屋台の写真を また発見。
棚の置くには、瓶詰めの臭豆腐も見えます。しっかりとしたお豆腐ですね。


b0025850_0481533.jpg




生鮮食品を、お土産にするのは
難しいですが こうして歩いて
見ているだけでも、楽しいものです。
以前歩いた時と、雰囲気が変わっておらず
なんだかほっとしました。
[PR]
by sumi2211 | 2012-12-11 00:56 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(4)
香港島・中環を社会科見学。 その3
b0025850_206126.jpg

嘉咸街(Graham St.)と結志街の角にある 魚屋さん
このあたりは、魚や肉を扱うお店が集まっているので 雰囲気が少し変わります。
いろいろな匂いや かけ声がしていたり・・・。

b0025850_2092413.jpg

結志街は、2010年にも歩きましたが 買い物客と観光客が混ざり
散策も楽しい賑やかな通りです。工事中の場所もちらほら見えたので
今後はどうなってしまうのかな・・と気になる通りでもあります。

b0025850_20154441.jpg

豪快に並べられている様々な魚。輪切りの状態で、お皿にのっていたり。
値段も名前も書いていないので、交渉次第で量り売りですね。
(たまに値段が書いてあるものもあります。)

b0025850_20191186.jpg

こんな風に、お客さんと会話しながら 店のおじさん(右)が分厚いまな板の上で
魚を捌いていました。そのスピードの速いこと!

b0025850_2022984.jpg

魚屋さんや肉屋さんの店先では、この赤いプラスチックかさの照明をよく見ます。
これの照明見ると、香港の風景だなぁと感じるくらい 印象的です。
一番上の写真を見ても分かるように、一軒の店にいくつもぶら下がっています。

b0025850_20245267.jpg

こちらは、同じ場所で2010年に撮った写真。何かが変わっています・・・

そう、白熱電球が全て 新しく省エネタイプの電球に変わっていたのです!
近隣の他の店も同様で、古い赤いかさの中で とても明るい電球が光っていました。
スパイラル型電球もあって、新旧混ざった ちょっと不思議な光景でした。


中環の散策は、もう少し続きます。
[PR]
by sumi2211 | 2012-12-09 20:34 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
香港島・中環を社会科見学。 その2
b0025850_23391856.jpg




香港島には急な坂道が多く
嘉咸街(Graham St.)も上り坂。
石畳の坂道に、器用に店を並べています。

垂れ幕には、大閘蟹(上海蟹)の文字。
どんどん山側へと上って行きます。
狭い坂道なので、足元には気をつけて!



b0025850_234359100.jpg

野菜や果物以外に、お花屋さんもあります。
中環では、とてもお洒落な アルマーニやアニエスb.のフラワーショップも
見かけましたが、昔ながらのお花屋さんには やはり仏花が。丸い菊です。

b0025850_2347462.jpg

日本では見かけないような野菜も多く、長い茄子が気になりました。
他の店でも この長い茄子を売っていたので、香港では一般的なのでしょうか。

b0025850_23492614.jpg

油菜(ヤウチョイ←茹でた青菜にオイスターソースなどをかけた料理)には
欠かせない 芥蘭(ガイラン)。茎は太くて歯ごたえがあります。
青菜には、菜心・通菜・生菜などいろいろ種類があり 少し知っていると良いかも。

b0025850_2359691.jpg

こちらは、きれいに並べて箱に収まっています。
普通はどのくらいの量を買って行くのでしょうか?

b0025850_011794.jpg

なんだか青菜の写真ばっかりです。
そのほど どの店にも沢山並んでいたからです。

b0025850_024518.jpg

青菜ばかり見ていて、ふと思ったのですが 日本では葉っぱの青い部分を多く見せて
並べるのに対し、香港では根っこの白い部分や切り口を 客に向けているような・・。

これは素人の推測ですが、生野菜を食べる日本では 葉っぱの鮮度が重視されるのに対し
基本的に火を通して食べる香港では 根元や芯のシャキシャキ感が重視されるのでは?
スーパーなどの並べ方はまた違うのかもしれませんが、そんな想像も楽しいですね。


続いては、魚や肉のお店をちょっと覗いてみます。
[PR]
by sumi2211 | 2012-12-07 00:16 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
香港島・中環を社会科見学。 その1
b0025850_005015.jpg

中環の駅前を出発して、皇后大道中を西へ歩き ヒルサイドエスカレーターを
通り過ぎてから、嘉咸街Graham St.)を登って行きます。
昔ながらの青空市場が開かれている お散歩に楽しいエリア。


b0025850_054739.jpg





さっそく目に入ったの食材。
これはいろいろな豆腐
日本の豆腐より固いのでしょうが
屋外に固まりで置いてあるとは・・。
包丁が置きっぱなしなのも凄い。



b0025850_094513.jpg

嘉咸街は、野菜を売っているお店が多く あらゆる種類の野菜を
見ることができます。カボチャやさつまいも、里芋のようなものや

b0025850_0115071.jpg

中華料理には欠かせない、様々な青菜
まだ午前中だったからか、山積みになっていて 色鮮やかでした。

札には「新界 10元 斤」などと書いてあるので、産地は新界地区で
1斤あたり10元(約105円)。1斤=約605g の香港の重さの単位。
現地ガイドさんに、このあたりは安いですか?と聞いたら やはり中心地なので
青空市場にしては高めなのだそう。基本は量り売りです。

b0025850_025253.jpg

野菜だけでなく、果物屋さんもあります。
ドラゴンフルーツなど、熱帯の鮮やかなフルーツもいろいろ。
歩いていると、甘い香りが漂ってきたりもします。

楽しい青空市場散歩は、もう少しつづきます。
[PR]
by sumi2211 | 2012-12-06 00:30 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(2)
東寺の弘法市 2010 ■その2
b0025850_2343454.jpg

1000店を超える露店が びっしりと境内を埋める、東寺の弘法市
いくつもの通りができるのですが、大きな金堂や講堂、五重塔などが目印になり
道に迷わず歩きやすいです。

b0025850_23464481.jpg

骨董品や着物、雑貨だけでなく 飲食の屋台も沢山出ています。
旅行者の私にとっては、郷土色の出る屋台を見るのも面白かったです。
寒かったので、温かいものを飲んだような気が・・。

b0025850_23501045.jpg

手作りの調味料や京漬け物の店も多く、母は重いのに味噌などを購入。
店舗に比べると、お買い得なのかなと思うものも多かったです。

b0025850_23521516.jpg

また、植木や切り花の店も集まっていて なかなか混雑していました。
そこだけでも植木市と呼べるほど、充実。きれいに並べられたミニ盆栽も楽しい。

■ 終弘法では、お正月用品もいろいろ揃います。
[PR]
by sumi2211 | 2011-12-20 00:05 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
東寺の弘法市 2010 ■その1
b0025850_13262045.jpg

朝8時台の地下鉄に乗って、京都駅に出て 向かったのは東寺(教王護国寺)。
京都駅からだと近鉄で1駅の距離ですが、タクシーで急いで門前へ。
駅に近い大宮通の慶賀門には、どんどん人が吸い込まれて行きます。

b0025850_13293341.jpg

毎月21日、東寺の境内で開かれる弘法さんの縁日「弘法市」。
今回の旅程と重なったので、年内最後の弘法市である 終弘法(しまいこうぼう)に
行くことができました。母は以前から 訪れるのを楽しみにしていたそうです。

b0025850_1333124.jpg

早朝から1200店以上の露店が並ぶ 弘法市。巨大なフリーマーケット風とも
言えますが、京都らしい露店も多く 着物や骨董品、京漬物や和菓子の店も。
一般人のフリマではなく、全て業者さんの出店だそう(他所に店舗があったり)。
だいたいエリアごとにまとまっているので、興味のある場所だけ見るのも良し。

b0025850_13361685.jpg

こんな風に、骨董品や美術品も沢山並んでいます。
箪笥などの調度品もあれば、懐かしいような古道具もあり お値段もピンキリ。
ヨーロッパの「蚤の市」の京都版、と言ったところでしょうか。

■ 時間に余裕を持って おでかけください。
[PR]
by sumi2211 | 2011-12-18 13:52 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
湾仔の路上市場を歩く。 その2
b0025850_13143181.jpg

露店の並ぶ通りでは、昔懐かしいようなものがあちこちに。
昭和初期?の香りがする自転車。でもたぶん、今も現役。
プラスチックの籠が取り外しできるみたい!

b0025850_131655100.jpg

交加街から、湾仔駅前に向かう通り。(何本もあるので名前は不明)
地元の買い物客も観光客も、平日の午後に沢山歩いています。

b0025850_13201043.jpg

ひときわ賑わっていたのが、この魚屋さん。
日本の魚屋さんと同じように、独特のかけ声をしていて 威勢が良い。
夕飯前の買い出しで、立ち止まって魚を選ぶお客さんも多数。

■ 香港の魚屋さんの魚は・・・かなり新鮮!
[PR]
by sumi2211 | 2010-12-13 13:46 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
湾仔の路上市場を歩く。 その1
b0025850_0263772.jpg

湾仔(ワンチャイ)の春園街でパイナップルパンを食べてから、近くを散策。
春園街と交差している 交加街は、路上に様々な露店が並ぶ通りで
午後も沢山の人が買い物に来ています。

b0025850_031285.jpg

飲食店もあれば、食料品の露店や 洋服・下着・生活雑貨の露店が多く
中環の青空市場に比べ より下町らしい雰囲気を感じる気がします。
交加街は100mほどしかないのですが、小さな露店がびっしり。

b0025850_034459.jpg

観光客が買いたいものは特になかったので、細い道を 湾仔の駅の方へ曲がると
果物屋のおじいちゃんと、サンダルのおばちゃん・・無言? 裸電球が良い感じ。

b0025850_0385824.jpg

威勢が良く賑やかだったのは、肉屋さん。
生肉のほか、ローストしたものも切り売りしているようです。


b0025850_0411187.jpg





レストランの厨房ではなくて
路上を歩いているだけで
こんな景色に出会うのが香港
いろんな音や匂いが 混ざり合っています。
[PR]
by sumi2211 | 2010-12-12 00:44 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
上環 キャットストリートを歩く。
b0025850_13312543.jpg

文武廟を過ぎて、ハリウッドロードから 一本下のキャットストリートへ。
通りの名は、摩羅上街(Upper Lescar Row / 通称キャットストリート)。
ハリウッドロード沿いの高そうな骨董街に対して、こちらはガラクタ市場?
(*繁体字の摩・羅の文字には口へんが付きます)

b0025850_13354971.jpg

店頭には、こんな風にあらゆる骨董が並べられています。
置物、古銭、翡翠風の装飾品など お値段もどこの物かも不明。
蚤の市のような雰囲気です。

b0025850_13384092.jpg

よく見ると、面白い物も見つかります。
一点一点表情や服装が違う 中華風の人形
人民服を着ていたりして、なかなかよくできています。

b0025850_1340475.jpg

目に止まったのは、毛沢東グッズ。
この腕時計は、秒針の動きに合わせて チクタクと手を振るのです!
目覚まし時計や懐中時計バージョンもあり、お土産に人気?
ブルース・リーのトランプなどもありました。

b0025850_1343282.jpg

まだお昼前だったので、準備中の店も多かったのですが
100mほどの短い通りに、同じような骨董店が軒をつらねています。

品質・状態の良い物は少ないですが、中華風の面白い雑貨など探せるかも。
文武廟からすぐ、上環駅からは山側に徒歩10分 上ったところ。
[PR]
by sumi2211 | 2010-11-20 13:54 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)