タグ:箱根・甲府周辺 ( 25 ) タグの人気記事
甲州日帰り 開運の旅。 その2
b0025850_22424596.jpg

思いがけず、素敵な紫陽花をたくさん観ることができ 写真を撮りつつ
石段の上の薬師堂へと向かいます。鐘楼の周りにも、紫陽花が。


b0025850_22453032.jpg




山門(県指定文化財)の中に入ると
上から参道を見下ろすことができます。
不揃いな古い石の参道なのです。


b0025850_2248439.jpg




山門の中で座っていると
爽やかな風が吹き抜けて
気持良く 眠りそうに・・。



b0025850_22493669.jpg



何度か紹介していますが、築720年を越える
国宝・薬師堂。仏像修復も終わったようで
ライトアップも明るくなっていました。
薬師如来像は秘仏ですが、ほかの仏様も
大変迫力があり 来るたびに感動。



b0025850_22542423.jpg



大善寺は、勝沼のぶどう寺として有名
ですが(お寺産のワインも!)このように
紫陽花も見事なのは知らなかったので
この時期に訪れて良かったです。


b0025850_22571420.jpg

■「ぶどう寺」柏尾山 大善寺
山梨県甲州市勝沼町勝沼3559 JR中央線勝沼ぶどう郷駅下車 車で5分
大善寺ホームページ http://katsunuma.ne.jp/~daizenji/(宿坊あり)
[PR]
by sumi2211 | 2012-07-03 23:07 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
甲州日帰り 開運の旅。 その1
b0025850_21453184.jpg

昨日は、毎年家族で訪れている 甲州市勝沼の大善寺に行ってきました。
お寺に参拝した後は、水と石のパワー溢れる「昇仙峡」に寄り 甲府の武田神社で
夏越の祓えをするという 我が家の日帰り開運旅。

ぶどう寺(葡萄薬師)としても知られる大善寺では、今は紫陽花が満開。
例年は年明けに来ることが多かったので、ここで紫陽花を見るのは初めて。


b0025850_2153142.jpg



参道の両脇に、紫陽花が咲き
山門へと石段を上ります。
その枝ぶりは、背丈ほどもあり
一株一株が大きな紫陽花です。



b0025850_21551678.jpg




さまざまな色彩を楽しみ



b0025850_21563747.jpg




その鮮やかさに驚かされたり



b0025850_21573372.jpg




珍しい種にも出会えました。
真っ白も素敵。



b0025850_21592277.jpg




自然の色は凄いなぁ・・・と改めて。
(お寺の風景につづく)
[PR]
by sumi2211 | 2012-07-01 22:05 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(2)
日帰り箱根旅 その6。 富士山
b0025850_0315152.jpg

箱根神社の矢立の杉。801年、坂上田村麻呂が 征夷大将軍に任じられて
東北に向かう際に、参詣して表矢を献上したという言われがあります。
まっすぐで力強い老杉でした。

b0025850_0372987.jpg

第4鳥居の前から、駐車場に向かわずに そのまま芦ノ湖に降りる石段も。
途中に車道も横切っていますが 湖水から続く正参道なのだそう。
降りてみましょう。

b0025850_0421186.jpg

遊覧船からも見える 平和の鳥居(昭和27年建立)。
先ほどの九頭龍神社の沖の小さな鳥居に比べると、こちらはかなり大きい。
芦ノ湖か見た風景が 箱根のランドマークになっていますね。

b0025850_0483698.jpg

夕方4時、参拝も終えて帰る前に ちょっと寄り道。
箱根神社から徒歩数分のところにある サロン・ド・テ・ロザージュ
まるで芦ノ湖に浮かぶように建っていて、スイーツのショップも併設。

■この日のしめくくりは、富士山。
[PR]
by sumi2211 | 2012-04-06 01:22 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その5。 箱根神社 
b0025850_19575346.jpg



箱根プリンスから、車で5分ほどで
箱根神社に到着。神社の駐車場から
歩くと、参道の途中の第四鳥居の前。

ここから本殿までは、90段です。
急ではありますが、それほど長いとは
感じませんでした。



b0025850_2034715.jpg

古来から、関東総鎮守 箱根大権現といわれた古社で 1250年を越える歴史があり
参道の杉並木も とても古いもの。石段の両脇に迫るような老杉は、迫力あり。
子どもの頃から何度も来ているはずですが、久しぶりで新鮮な気持ちでした。

b0025850_20105082.jpg

登りきると、正面には拝殿。ご本殿は森に囲まれ、あまり見えません。
湖畔の九頭龍神社に比べて、さすがに訪れる人が多く 賑やかでした。
数十年前 私の両親は、ここ箱根神社で結婚式を挙げたという ご縁があります。

■境内には、九頭龍神社の新宮も。
[PR]
by sumi2211 | 2012-04-03 20:35 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その4。 プリンスのランチ
b0025850_2315244.jpg




九頭龍神社を参拝してから ふたたび
遊歩道を戻ること20分ほど。
帰りは道が分かっているので、それほど
遠く感じませんでした。
日差しの暖かい日で良かったです。



b0025850_23171966.jpg

そして車を停めていたプリンスホテルに戻り、館内のレストランへ。
ホテルの名前は、ザ・プリンス箱根が正式のよう。
低層で周囲の景観に馴染む ホテルの建物。

b0025850_23204126.jpg

フロントを通り過ぎると、教会のようにも見える廊下が。
ソファーがあり、ロビーのようになっていて ゆったりした造りです。
館内のレストランは、洋食・和食・ラウンジの3か所。


b0025850_23253533.jpg




本館西棟へ。
吹き抜けは大きな竹林に。
レストランにたどり着くまで
エレベータと階段があり
広いので結構歩きました。



■そして 初めて見る、ピンクのカレーにびっくり!
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-30 23:50 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その3。 九頭龍神社
b0025850_1759445.jpg

桟橋前から、箱根九頭龍の森の遊歩道をすこし歩くと、湖畔に鳥居が見えます。
岬のように小さく飛び出したところに、お社が見えます。
その立地から、いかに芦ノ湖の水と結びついた神社か お分かりでしょう。

b0025850_1824629.jpg

そして、湖から見て山側に 九頭龍神社の本宮があります。
芦ノ湖の龍神信仰の聖地とされ、その歴史は 奈良時代の萬巻上人の伝説に
遡ります。荒れ狂う龍を法力で治め、手厚く祀ったという法話が 看板にも。

*毎月13日の月次祭以外の日は、社務所が開いていないので 九頭龍神社の
 お守りやお札は、箱根神社にあります。

b0025850_1882344.jpg



手水にも龍が。
箱根山を水源とする「龍神水」が
知られていますが、こちらではなく
箱根神社内の 九頭龍神社新宮で
汲むように と注意書きがあります。

お間違えなく。



b0025850_18111277.jpg

高いところにある本宮から、石段を下りて 湖面近くまでいくと
中央に 弁財天社があります。こちらの御祭神は、市杵島姫命で
遠い昔から 湖の神事が行われる場所であったようです。

■ 芦ノ湖の龍神を呼ぶ・・・?
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-28 19:01 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その2。 白龍神社
b0025850_0532258.jpg

プリンスホテルから続く遊歩道を歩いて、箱根九頭龍の森へ。
かつては樹木園と呼ばれていましたが、看板は塗り替えられていました。
広い敷地内には、森の中にコテージも。

b0025850_102157.jpg

入口で入園料を払い、中に入ると すぐ目の前に芦ノ湖が広がっています。
この神山桟橋には、毎月13日の九頭竜神社月次祭に 参拝船も運航。
700人乗りの大型船が 参拝客でいっぱいになるそうで、驚きです!

b0025850_17317.jpg

この日は13日ではなく、しかも平日だったので 遠くを遊覧船が通り過ぎるだけで
とても静かな景色でした。最寄りのプリンスホテルからも30分近く歩きますし
車でなければ、有料でも 元箱根からの参拝船のツアーがあるのは便利かと。

b0025850_1124931.jpg

桟橋から九頭龍神社までは、森の遊歩道を300mほどですが その前に
桟橋のすぐ近くにも 小さな神社があります。場所は、入園ゲートのすぐ隣。
ちなみに船で到着する場合は、入園料は必要ないそうです。

b0025850_115415.jpg

短い参道を歩くと、湖岸にひっそりと 白い鳥居が。
むかし箱根権現で祀られていた 白龍大神を祭神とする 白龍神社です。
それで珍しい「白い鳥居」なのですね。  *箱根権現=今の箱根神社

つづいては九頭龍神社へ。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-27 11:26 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
日帰り箱根旅 その1。 甘酒茶屋
b0025850_2205025.jpg

友人が日帰りで「箱根神社に行きたい」というので、私と家族も車に便乗。
東名高速を降りて、箱根の峠を越えるとき こんなところに立ち寄りました。
かつて旧東海道には、何軒も立ち並んでいたという 甘酒茶屋です。

b0025850_2245677.jpg

まだ肌寒いので、戸は閉じていますが 営業中の看板が。
中に入ると、囲炉裏のある店内は温かく お茶や軽食をいただけます。
店名にある「甘酒」は、昔から旅人の疲労回復に役立っていたのだとか。

b0025850_2282766.jpg

よもぎ団子と甘酒を注文すると、絵に描いたような まぁるいお団子!
温かい粒あんと よもぎの香りが豊かで、とても美味しい。
砂糖など使用していない甘酒も美味しかったので、パックされたものをお土産に。

b0025850_22123762.jpg

峠を越えて、芦ノ湖畔に降りてから向かったのは 元箱根の 箱根プリンスホテル
箱根神社の境内には 九頭龍神社の新宮がありますが、その九頭龍神社の本宮が
鎮座するのは 箱根プリンスの所有する敷地内なのです。

九頭龍神社(本宮)へは、箱根プリンスの駐車場に車を停め(有料)
上の写真の ホテルの看板脇にある遊歩道を歩いて行きます。

■ そして九頭龍の森の中へ・・。
[PR]
by sumi2211 | 2012-03-25 22:34 | Travel -14 Japan 12 | Trackback | Comments(0)
甲府 昇仙峡へ。 その2
b0025850_13464434.jpg





仙娥滝(せんがたき)

岩の間を一気に落下する 高さ30mの
仙娥滝。まさに昇仙峡のハイライト。

写真だと小さな滝にも見えますが
その場に行くと、絶えず水しぶきが
飛んでくるような 勢いのある大滝です。



b0025850_13525268.jpg



その仙娥滝を見下ろすように、階段を
登って行くと 滝の上には
土産物店が沢山並んでいて
いかにも観光地の雰囲気に。
観光バスの団体も多いようです。



b0025850_13545064.jpg



でも一般的な観光地と違うのは
水晶屋さんが多いこと!
まるで神社のように 巨大な水晶玉が
祀ってあったり。店によって値段が
まちまちで、石好きにはお宝探し。



b0025850_13565638.jpg



入場無料の水晶博物館まであり
通りのあちこちに、巨大な石が。
昇仙峡のさらに上流には「水晶峠」が
あり、昔から水晶の産地でした。
今は、世界の石が集まっているようですが。



b0025850_142178.jpg



工場直売の店もあり、店内奥には
水晶の量り売りも。安いものだと
1キロ分選んで 1500円台!
どっさり、お土産に配れる数でした。
重いので、エコバッグがあれば・・。



■ 甲州の食と言えば 「ほうとう」です。
[PR]
by sumi2211 | 2011-10-18 14:23 | Travel -13 Japan 11 | Trackback | Comments(0)
甲府 昇仙峡へ。 その1
b0025850_13204983.jpg

'10 長野旅行記に戻る前に、先週、日帰りで訪れた山梨県 甲府の様子を。

中央高速を降りて、甲府市街を抜けてから 北側の山間部へ。
甲府駅前から車で20分ほどで、こんなに緑の濃い景色。
紅葉は、まだほんの少しでした(10月中旬)。

b0025850_13245941.jpg

目指したのは、国立公園の昇仙峡(しょうせんきょう)。
日本観光地百選「渓谷の部」第1位、平成百景第2位を受賞している景勝地。
甲府には何度も訪れていましたが、ここまで来るのは初めてでした。


b0025850_1328058.jpg




渓谷半ばの県営駐車場で降りて
上流へ向かって歩きました。
遊歩道や橋からは、想像を超えるような
スケールの渓谷美が。

小さな写真では、その迫力をお伝え
できなくて残念です・・。



b0025850_1331169.jpg




よくある河原の風景にも見えますが、
ひとつひとつの石が巨大!
5〜10mあるのではという巨石
ごろごろと並び その間をゴォーと
もの凄い勢いで水が流れているのです。



■ 歩きやすい遊歩道で、手軽に散策できます。
[PR]
by sumi2211 | 2011-10-17 13:48 | Travel -13 Japan 11 | Trackback | Comments(0)