人気ブログランキング |
タイ国際航空 ■BKK乗り継ぎ 
b0025850_17391730.jpg

プーケットから、タイ国際航空 TG222で バンコクに到着。
2006年にオープンした スワンナプーム国際空港を利用するのは、今回が初めて。
以前のドン・ムアン空港の5倍もの敷地を持つ、巨大空港です。

b0025850_17433515.jpg

あまりに広いため、飛行機から直接バスに乗り込み ターミナルまで移動。
ほぼ満席だったので、何台ものバスに乗り込むのも大変で 満員電車並み!
でも、バスの中からターミナルが見えると 窓越しにスナップ。

b0025850_17514077.jpg

暗闇に浮かび上がる、夜の空港のライティングが好き。
それにしても、巨大な芋虫のように 長〜く伸びるターミナルにびっくり。
やはり一番多く見えるのは、オーキッドをデザインしたTGの機体。

b0025850_17544936.jpg

そして、バスを降りてターミナルに入ると C.I.Q. Passengerの表示をたどります。
C.I.Q.とは、税関(Customs)出入国管理(Immigration) 検疫(Quarantine)の略。
それらの手続きが、すでに(他の空港で)済んでいる乗客 の意味。


プーケットの空港で出国し、C.I.Q.のシールをもらっているので 服に貼り
C.I.Qの乗客専用のセキュリティーを通って、ターミナル内に入り その後
もう一度別のC.I.Q 用セキュリティーを通って エアサイド(搭乗口・免税店のエリア)
に入りました。その間、飛行機を降りてから30分ほどかかり 搭乗まで残り20分。

X線などの荷物チェックが2回もあり、ターミナル内も広いので
乗り継ぎ時間には余裕が必要だと思います。(90分あっても今回はギリギリ)

b0025850_1841968.jpg

ジム・トンプソンズの免税店で、大急ぎで買い物を済ませ 搭乗口へ。
初めての空港を楽しむ余裕も無かったのですが、第一印象は暗い!ということ。
深夜だったので、コンクリの薄暗い工場のような造りが 殺風景に感じました。
暑いタイの気候のために、昼間に涼しく感じられるデザインなのだと思いますが。

最後に BKK-NRTの帰国フライトです。
by sumi2211 | 2010-04-29 18:11 | Airlines & Mileage | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/13226120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arak_okano at 2010-04-30 14:25
アラックです。
五倍の広さですか??
凄すぎますね、日本はアジアから
完全に置いて行かれていますね!!
Commented by sumi2211 at 2010-05-01 00:26
アラックさん☆
手元の空港資料では、単一の空港ターミナルビルとしては
世界一の広さ!と書いてあります。成田よりはるかに・・・。
乗り継ぎ時間が短かったので、ほんの一部を見ただけだと
思います。日本の空港は、問題山積みですね〜。


<< タイ国際航空 ■BKK-NRT  ニューヨーク・ブラジル・モロッコ。 >>