人気ブログランキング |
高千穂めぐり ■くしふる神社 その1
b0025850_23141547.jpg




天安河原を訪ねた後、再び町の方に戻り
向かったのは「槵触(くしふる)神社」。

天孫降臨の地と伝えられる 槵触峯の中腹にあり
高千穂を知るのに欠かせない神社のひとつ。
そうした歴史のある神社のことを、高千穂を
訪れるまで全く知らなかったのですが・・・。



b0025850_2319627.jpg





御神体である槵触の峯に位置するので、
境内は高低差があり 下から登ります。
境内には山道もあるので、歩きやすい
靴と服装でどうぞ。



b0025850_23223064.jpg




主祭神は、瓊々杵尊(ニニギノミコト)。
天照大神の孫にあたります。

古くから神の山として信仰されていた
ものの、社殿が作られたのは江戸時代。
高千穂の神社の多くは、歴史が古すぎて
創祀時期が不明のところも多いのです。



b0025850_23293268.jpg

高天原遥拝所(たかまがはらようはいじょ)
神社の拝殿から、200mほど山道を登ったところ。天孫降臨(てんそんこうりん)の後
八百万の神々が集まり この丘の上に立ち 高天原を遥拝されたという言い伝え。
現在は、森の中にあるので 遠くまで見晴らせる場所ではありません。

*天孫降臨・・ニニギノミコトが、地上を治めるため天から地上に降り立ったこと。

b0025850_23403134.jpg





さらに遥拝所の周辺は、山道
整備されていて 神話の世界の散策へ。
あちこちに鳥居やお供えがあり
ただならぬ雰囲気の散策路。

不思議な場所がいっぱいです。
その2につづく。
by sumi2211 | 2010-05-27 23:46 | Travel -10 Japan 08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/13369582
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高千穂めぐり ■くしふる神社 その2 本日は、鎌倉散歩でした。 >>