湾仔の路上市場を歩く。 その2
b0025850_13143181.jpg

露店の並ぶ通りでは、昔懐かしいようなものがあちこちに。
昭和初期?の香りがする自転車。でもたぶん、今も現役。
プラスチックの籠が取り外しできるみたい!

b0025850_131655100.jpg

交加街から、湾仔駅前に向かう通り。(何本もあるので名前は不明)
地元の買い物客も観光客も、平日の午後に沢山歩いています。

b0025850_13201043.jpg

ひときわ賑わっていたのが、この魚屋さん。
日本の魚屋さんと同じように、独特のかけ声をしていて 威勢が良い。
夕飯前の買い出しで、立ち止まって魚を選ぶお客さんも多数。



b0025850_13242925.jpg

湾仔(ワンチャイ)という名のとおり、港も近いの魚屋さん。
ピチピチの魚がどんどん並べられて、しかも安い。
手前の板に並んだお魚は、なんとまだ生きていてパタパタ動いていました!


b0025850_13274620.jpg




東京のスーパーで魚を買う生活を
していると、こうした日常の風景
までも 鮮やかに見えてきます。

香港や台湾の街で ふと感じる「懐かしさ」。
同じアジアの生活文化圏の旅は、
時に日本を想う旅にもなります。
[PR]
by sumi2211 | 2010-12-13 13:46 | Travel -4 East Asia | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/14577017
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 湾仔の 2つのホテルをチェック。 湾仔の路上市場を歩く。 その1 >>