成田エクスプレス N'EX E259系に乗る。
b0025850_119428.jpg

2010年6月中旬。香港旅行の帰りに、JRの成田エクスプレス 新型車両を利用。
この時はまだ従来の253系も走っていたので、本数の少ない新型E259系に乗るため
わざわざ空港で待ったのでした。現在は、全車両が新型で運行されています。

b0025850_1233468.jpg

成田空港駅から乗車したのは、NEX38号新宿行き。2910円(閑散期料金)
赤・白・黒のベースカラーは変わらず、普通車の印象はそれほど変わりません。
グリーン車では、本革の黒いシートが使われ 床は絨毯敷きだそう。

b0025850_1281948.jpg

座席はゆったりとしていて、足元に荷物を置いても十分なシートピッチ。
リクライニングしても手の届く 大型テーブルが付いています。
飛行機のエコノミー席に比べると、シートの幅も広いような印象。

b0025850_1332759.jpg

車内で目立つのは、大型の液晶案内装置。
停車駅などは、日英中韓の4か国語対応です。
車両の中央部分にもあるので、どの席でも読みやすいと思います。

b0025850_1371978.jpg

英語表示の地図や、全国の週間天気予報も表示されていました。
空港行きの下り列車では、もちろんフライト情報も。
帰国後すぐに国内の様々なニュースを読めるのは、ありがたいです。




b0025850_1404145.jpg



テーブルは、ノートパソコンも置ける
大きさがあり 肘掛けにコンセントも常備。
公衆無線LANサービスにも対応。

新しい振動制御装置の導入により
列車の揺れを軽減。スカイライナーに
比べると乗車距離・時間が長いので
パソコンを使う人も多いのかも?



b0025850_1474913.jpg



新たに導入された 4桁のダイヤルロック
防犯カメラも設置され、荷物置き場の
セキュリティーが向上。
キーレス方式で簡単でしたが、ロックせずに
置いている人も多いようでした。

以前から気になっていたので、この改善は
良いのではと思います。



全体的に車内が黒い配色なので、好みは別れると思いますが 車内設備は快適
使いやすくなっているように感じました。今後もぜひ利用したいと思っています。


さらなる改善を望むのは、運賃の高さと 都内を走るのに時間がかかる点。
空港専用線を持つスカイライナーに比べると、山手線内での遅さが気になります。
新宿ー成田間の場合、山手線で日暮里に出て スカイライナーを使う方が速くて安い。

もちろん乗車時間は長くても、ゆったり座れて 乗り換え無しという魅力は大きいので
長いフライトで疲れている時や、荷物が重い帰国時には「N'EX」を選びます。
今後も、スカイライナーとN'EXの両方を 場合によって使い分けるつもりです。
[PR]
by sumi2211 | 2011-01-18 02:13 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/14766683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 成田スカイアクセス線 スカイラ... ANAで帰国。 ■HKG-NRT  >>