大神神社と山の辺の道 ■4 薬井戸
b0025850_22372318.jpg

大神神社の摂社 狭井神社(さいじんじゃ)の拝殿。
祭神は、病気平癒の神ともいわれる 大神荒魂神(おおみわのあらみたまのかみ)。

参拝のあと、拝殿の向かって左側へと入って行く人がぞろぞろ。
私がこの神社を訪れたいと思っていたのも、そこが気になるからでした。


b0025850_22404139.jpg





薬井戸(くすりいど)

万病に効くといわれ参拝者の絶えない
ご神水の湧き出る井戸。
参拝者は自由に汲むことができ
ペットボトル用の大きな蛇口まで
用意されていました。



b0025850_224497.jpg

ご親切にも、消毒済みのコップまで用意されています!
コップにたっぷりとご神水を注ぎ、飲んでみると 冷たくて美味しい
猛暑の中歩いてきたので、喉がカラカラで 一気に3杯もいただいてしまいました。

b0025850_22475347.jpg

井戸の屋根越しには、拝殿のうしろのご本殿の一部が見えます。
表からはとても小さな神社に見えましたが、なかなか立派。
三輪山の森に囲まれている感じも、とても心地良いです。

b0025850_22503393.jpg

持っていたペットボトルにもご神水をいただいて、拝殿の前へと戻ると
拝殿の右手には、注連縄のある階段が見えます。
それは、大神神社のご神体である「三輪山」の登拝口。



b0025850_22532769.jpg

狭井神社の社務所で申し込みしてお祓いをすませれば、誰でも入山できます。
ただし指定された一本道だけを歩くこと、写真・飲食の禁止などの規則があり
また往復で2時間〜3時間かかるので 受付時間の制限もあります。

この日はすでに受付時間(14時)を過ぎていて、翌日も山歩きの予定があったので
三輪山登拝は見送りました。標高467.1mの山頂には高宮神社があるそうですが
またいつかご縁があればと思います。


b0025850_2332816.jpg




時期や時間帯によっては
人が少なそうなので
複数人でないと怖いかも・・・。
途中、お手洗い等はないそうです。

入山初穂料300円




b0025850_2372599.jpg



拝殿前の木蔭のベンチで
母と20分ほど休憩。
Tシャツが張りつくほど 汗だくだったので
冷たいご神水をゴクゴクといただいて
本当に生き返るようでした。

帰り際にもコップ2杯いただき
全身の水が入れ替わったような気が・・。
おかげ様で、今も元気に過ごしております。
[PR]
by sumi2211 | 2011-01-31 23:17 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/14840194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大神神社と山の辺の道 ■5 三輪山 大神神社と山の辺の道 ■3 狭... >>