奈良ホテルを訪ねて。 1 ティーラウンジ
b0025850_21391942.jpg

創業は明治42年(1909年)、関西の迎賓館として建てられた 奈良ホテル
宿泊するのは無理でも、ティーラウンジには行ってみようと訪ねました。
興福寺から、春日大社の一の鳥居前を通って 歩くこと数分。


b0025850_21431587.jpg




本館の玄関を入ると、吹き抜けに
大きな赤絨毯の大階段
建築家・辰野金吾の設計による
桃山御殿風檜造りの本館と、1984年に
建てられた新館に客室があります。



b0025850_2147293.jpg





エントランスホール
右側に見えるのがフロント。
明治時代の風格を、そのまま今に
伝える 美しい空間です。



b0025850_2151825.jpg





1階 エントランスに近い場所に
ティーラウンジがあります。
明るい窓際のテーブルは満席で
壁一つ区切られたお部屋へ。
どっしりとしたソファー席。






b0025850_21542620.jpg



客層は、ご年配の女性が多く
着物の方々もいらして 独特の雰囲気。
接客は、さすがに丁寧です。
ケーキセットは1501円〜(税込)

紙のコースターには、鹿ちゃんが。



b0025850_2159389.jpg





テラス席もあるようですが
暑かったので、ガラガラでした。
室内は満席で、座るのに10分ほど
ロビーで待ちました。



b0025850_2223488.jpg

上品な甘さの ゆずシャーベット
さっぱりとして、美味しかったです。

素敵な奈良ホテル。館内の様子は、その2に続きます。
[PR]
by sumi2211 | 2011-02-07 22:09 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/14877123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 奈良ホテルを訪ねて。 2 桜の間 興福寺 五重塔と東金堂。 >>