いま伝えたい 謝謝台湾! 
b0025850_22485636.jpg

3月11日 地震発生から90分後、私の携帯電話に 一番最初にかかってきたのは
台湾からの国際電話でした。「sumiさん・・大丈夫ですか?」と。


東京の大学院に通っている 台湾人の友人は、その時春休みで台湾に一時帰国中で
4月初めに東京に戻る予定でした。電話で状況を伝えた後も、何度もEメールで
連絡を取り合い、余震や東京の生活状況などを随時報告していました。

原発のニュースが大きく報じられると、外国人の国外避難(帰国)が一斉に始まり
友人のまわりでも、急遽台湾に帰ったり 留学を諦めた人もいると聞きました。
また、もしものことがあれば 家族で台湾に来てくださいと言ってくれました。

数週間経って、東京では ほぼ日常生活に戻っていることを詳しく伝えると
彼女は悩んだ末に「留学を続けたいので、4月中旬に日本に戻る」と決断。
来週には、久しぶりに東京で再会できるはずです。



そして、もうひとつ。このたびの震災では、世界各国からの温かい気持ちと
義援金、救援物資、救助隊などの多くの支援が 日本に届いています。
今月になってからは、台湾からの義援金が 官民合わせて100億円を超えたという
報道もあり、大変驚いています。(→台湾の支援概要

チャリティー番組『相信希望 Fight & Smile』では 4時間で約21億円が集まり
その後もイベントの開催などで寄付を募り 支援の輪が広がっているそうです。
人口2300万人の小さな島に位置する台湾では、その金額は本当に大きなもの。
ニュースを見て、友人に「謝謝台湾!本当にありがとう」とすぐに伝えました。

台湾と日本は、地理的にも歴史的にも関係が深く 親日家も多いと聞きます。
(1972年 日中国交回復により、台湾との国交は今も断絶したままですが・・)

1999年の台湾大地震や2009年の台風被害では、日本の救援隊が台湾へ行き
義援金も送られています。それを大きく上回るほどに、いま台湾の人たちは
日本に温かい手を差し伸べてくださっていると知り、感謝の気持ちでいっぱいです。


これまでに私は3度台湾を訪れ、もう一つの故郷のように大切に思っています。
私にはこれからどんな恩返しができるだろう・・・と考えます。
今は、心からお礼が言いたいです。謝謝台湾的朋友們!我愛台湾。

b0025850_2348651.jpg


そして、様々な支援活動をしてくださっている 世界中の皆さまに感謝いたします。

Thank you for your kind words and help !    sumi , from Japan



■参考: 外務省HP 各国・地域からの支援一覧
[PR]
by sumi2211 | 2011-04-07 01:10 | Travel -4 East Asia | Comments(4)
Commented at 2011-04-07 21:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2011-04-07 21:29
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sumi2211 at 2011-04-07 22:35
鍵コメントさん☆
こんばんは。
世界各国からの大きな支援や救援が報道されている中で
台湾の支援をご存知の方は、どのくらいいるのだろうかと
思います。政府や企業にとどまらず、台湾の民間の方々が
本当に沢山の義援金を集めてくださっていますよね。
友人の家もあるので、台湾にはまたいつか行くつもりです。

西日本でもやはり様々な影響はあるのですね。
私は仕事に直接の支障はありませんが、業界全体としては
やはり色々なトラブルが起きていると聞きます。
ここ数年傾いてきている業界だけに、不安は尽きません。
今は副業でなんとかやっているようなもので・・。

西日本の方々には、お花見なども楽しんで日本を
元気にしていただきたいと個人的には思います。
皆が下を向いてしまったら、経済的な二次災害にも・・。
復興を祈って、まずは自分から元気になろうと思います。
ありがとうございました。
Commented by sumi2211 at 2011-04-07 22:52
鍵コメントさん☆
白洲正子展、昨年から滋賀・愛媛と巡回して 東京でラスト
でしたね。最近観た美術展の中でも、かなり良かったです!
仏像や神社仏閣がお好きな方には、ぜひ観ていただきたい。
「かくれ里」などちょっと足を運びにくい寺社の宝物が
集められているので、参拝の旅をしているようでした。
大阪や京都あたりも巡回すると良いのですけどね・・・。


<< 第5回 ROOTOTE チャリ... 「白洲正子 神と仏、自然への祈... >>