天河大辨財天社へ向かう道。
b0025850_23195443.jpg

3日目の朝。天川村・洞川温泉から、宿のご好意で 天河大辨財天社まで
車を出していただきました。天の川の橋には、大きな朱色の門が。
天川川合のバス停からは、約3km。徒歩30分の距離です。


b0025850_23245050.jpg





天の川
みたらい渓谷の下流になりますが
この辺りも水がとてもきれい。
川底までくっきりと見えます。



b0025850_2326144.jpg

橋を渡って間もないところに、奈良交通の「天河大辨財天社」バス停があります。
近鉄・下市口駅から、中庵住行きバスで約1時間ですが 季節により
1日3便ほどなので ご確認を。(→下市口から天川へのバスについて

b0025850_23313756.jpg

バス停を通り過ぎて、静かな住宅の間を少し歩きます。
看板などないので、旅館の方に教えてもらわなかったら 分からなかったかも。
周辺には小さな民宿がいくつかあるようでした。




b0025850_2334132.jpg





木々が こんもりとあるところに
大きな石灯籠と参道が見えてきます。
神社に入るその前に、ちょっと
道の向かい側を見てみると・・・



b0025850_23364692.jpg

来迎院というお寺があり、その境内には樹齢800年の大銀杏が!
幹周りが6.5mもあり、天然記念物指定の巨木なので 画面に収められないほど。
とても迫力があったので、葉が黄色くなったらどんなに綺麗だろうと思います。

実は、天河大辨財天社で話す機会のあったおじさんが「前に凄い木があるからね〜」と
わざわざ案内して教えてくださったのでした。ありがとうございました。
[PR]
by sumi2211 | 2011-06-08 23:50 | Travel -12 Japan 10 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sumi76.exblog.jp/tb/15721572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 天河大辨財天社 参拝。その1 等々力渓谷を散歩する。 その2 >>